三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)の特徴と魅力を徹底解説

PCで微笑むビジネスマン男性

「三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)に申し込みたいけれど審査は厳しい?」

「法人カードとして三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)を持つメリットはどういうところにあるのか知りたい」

三井住友ビジネスカード for Ownersは、個人事業主や小規模法人の経営者が向けの法人カード。中でも三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)は、きめ細かなサービスが行き届いた最上級クラスに相応しい、プラチナクラスの法人カードです。

本記事では、三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)の審査基準や、昔から存在する三井住友ビジネスプラチナカードとの違いなどについて解説します。

どのような人におすすめのカードかについても説明していますので、本記事を読み進めることで、自分にとって三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)は自分に向いているかどうか理解できるでしょう。法人カードの発行について検討している方は、ぜひ参考にしてください。

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)

Thumbnail smcc forowner v p rgb 180510

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
本会員 税抜50,000円+税 本会員 税抜50,000円+税 0.5%~0.8% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
200万~500万円 税別500円+税

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)は申込み可能

プラチナカード

「三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)」

(正式名称:三井住友ビジネスプラチナカード for Owners)は、自分から申し込むことができるプラチナクラスの法人カードです。

個人カードの場合、プラチナクラスのクレジットカードはインビテーション(招待)制を採用しているものも少なくありません。

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)にももちろん審査はあります。しかし、審査を通過できれば、ゴールドカードで修行を積むということをしなくてもプラチナカードが入手可能です。

では、三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)の審査基準はどうなのかについて、次に解説します。

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)の審査基準

新聞とマーカー

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)の審査基準について、以下の3点に要約して解説を進めます。

  • 個人事業主や小規模法人で事業実績がなくても申し込める
  • 申込み条件は満30歳以上であること
  • 申込みに必要な書類はキャッシングするかどうかで変わる

以降でそれぞれのポイントについて見ていきましょう。

個人事業主や小規模法人で事業実績がなくても申し込める

これまで三井住友系の法人カードは、事業実績をある程度積み上げていないと審査に通過しない、審査に厳しいというイメージがありました。そのため、起業したばかりの個人事業主や会社を設立したばかりの小規模企業の経営者は、他の法人カードを選ばざるを得ませんでした。

個人事業主や小規模企業の経営者向けに作られた法人カードが、三井住友ビジネスカード for Ownersシリーズです。本カードは、申込者の個人信用情報をもとに審査をしているため、会社の業績とは関係なくカードを発行することができます。

申込み条件は満30歳以上であること

個人事業主や小規模企業の経営者なら、三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)を誰でも申し込むことができます。ただし、申し込み条件は「満30歳以上」であることに注意してください。20代の場合は、ひとつ下のグレードである三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)に申し込むか、別の法人カードを選ぶ必要があります。

申込みに必要な書類はキャッシングするかどうかで変わる

申し込みに必須の書類は、本人確認書類です。具体的にどの書類が必要なのかを列挙しましたのでご確認ください。

あれば必須 運転免許証 or 運転経歴証明書
上記がなければいずれか1点必須
  1. パスポート
  2. 健康保険証
  3. 住民票の写し

これらの書類は、顔写真のあるものはその部分と氏名・住所・生年月日の情報が分かる部分すべてのコピーが必要です。また、住民票の場合は、6ヶ月以内に発行のもので、住民票コードの記載がないものが条件です。

これらの本人確認書類と、申込時に現住所が異なる場合は、さらに追加で以下のいずれかの書類(コピー)も必要になります。いずれも、領収日付[振替日付]が記入済みで発行日付より6ヶ月以内、本人名義のものであることが必須条件です。

  • 電気料金の領収証書
  • 都市ガス料金の領収証書
  • 水道料金の領収証書
  • NHK受信料の領収証書
  • 社会保険料の領収証書
  • 国税の領収証書または納税証明書
  • 地方税の領収証書または納税証明書

キャッシングを申請する場合は、上記にプラスして収入を証明する書類が必要です。特に、個人事業主の場合は、キャッシングの利用枠に関わらず提出が必須になります。審査通過をより確実にしたい場合は、キャッシング枠を申請せずに申し込むほうがより安心です。

ここまでで、三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)の審査基準について解説しました。次に、従来から存在する三井住友ビジネスプラチナカードとは何が違うのかについて説明します。

三井住友ビジネスプラチナカードとは何が違う?

クレジットカード アップ

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)と三井住友ビジネスカードは、名前こそ似ていますが特徴には大きな違いがあります。その違いは主に2点です。

  • 審査基準の厳しい三井住友ビジネスプラチナカード
  • 追加カードの発行枚数に違いあり

これらの違いについて以降でさらに詳しく説明します。

審査基準の厳しい三井住友ビジネスプラチナカード

従来から存在する三井住友ビジネスカードは、同じ法人カードでも、3年以上の実績があり、2期連続して黒字決算でなければ審査を通過しないと言われています。審査基準がかなり厳しく、すでに実績を積んでいて自信があるという法人でなければ作れないのが三井住友ビジネスカードです。

一方、三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)は、会社の実績を問うような決算書などの書類は提出する必要がありません。起業直後の個人事業主や、会社設立直後の小規模経営の法人代表者は、三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)を選んだ方が審査を通過しやすくなります。

追加カードの発行枚数に違いあり

三井住友ビジネスプラチナカードは、カードを利用する人が20人以下でなければいけない、という制限があります。つまり、追加カードの発行枚数も限られる点がデメリットです。

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)は、追加カードの発行枚数や利用人数の制限はありません。もちろん、追加カードをいくら発行しても、利用限度額の総枠は最大500万円のままですのであまりたくさん発行はできませんが、いくらでも追加カードを作れる点はfor Ownersシリーズの大きなメリットです。

ここまでで、三井住友ビジネスプラチナカードと三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)の違いについて説明しました。次に三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)の特徴について紹介します。

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)の特徴

キーボード アップ

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)の特徴は、主に以下の3点です。

  • 個人口座なら支払方法のバリエーション豊富でキャッシングも可能
  • 国際ブランドは2つから選べる
  • ポイント還元率は0.5%だが年間利用額次第で1%相当になる

それでは、これらの特徴について、順番に説明します。

個人口座なら支払方法のバリエーション豊富でキャッシングも可能

法人カードは、一般的にキャッシングができず、利用料金の支払方法も翌月一括払いのみが用意されていることがほとんどです。この点は、分割払いやリボ払いもある個人カードとは大きく違う部分と言えます。

一方、三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)は、引き落とし口座を個人名義にすると、個人カードとほぼ同じ支払方法が可能になります。

分割払いやリボ払いは、年利が付くため多用は禁物です。しかしどうしても今月の支払いが苦しい、というときに、かなり役立つ支払方法です。支払方法のバリエーションが多いことは単純にメリットと言えます。

国際ブランドは2つから選べる

国際ブランドをVISAあるいはMastercardから選べる点も、三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)の特徴です。どちらも海外では広く使える国際ブランドなので、付帯サービスを比較してどちらにするかを決めると良いでしょう。

Visaでは、「Visaプラチナゴルフ」や「Visa ビジネスオファー」などがVisa会員限定の付帯サービスとしてついてきます。Mastercard会員限定の付帯サービスは、「ダイニング by 招待日和」「国際線手荷物無料宅配」などです。

ポイント還元率は0.5%だがリボ払いを利用すると1%相当になる

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)は、税込1,000円ごとに1ポイントのポイントがつきます。1ポイントは約5円の価値があるため、通常のポイント還元率は約0.5%です。プラチナの場合、さらに6カ月で50万円以上の利用でボーナスポイントとして利用額の0.5%相当(上限3万円まで)の商品券がもらえます。

また、毎月「イ・ペイすリボ」でのリボ払いを上手に利用すると、ポイントを2倍得ることも可能です。リボ払いを毎月支払い可能な金額ギリギリに設定して端数の金額だけをリボ払い対象にするようにしておけば、端数の金額にだけリボ払いがかかります。

この方法は毎月リボ払いの金額を変更しなければならないので手間のかかる方法ですが、ポイントをより多く獲得したい場合には使える方法です。

リボ払いのポイント2倍を利用することで、三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)は、ポイント還元率最大1.0%も狙える高還元率の法人カードになります。

ここまでで、三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)の特徴をご紹介しました。次に、三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)の主な付帯サービスについて説明します。

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)の主な付帯サービス

フロントで手を合わせるスタッフ

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)の主な付帯サービスについて、以下の4点にまとめました。

  • ビジネス関連サービス
  • コンシェルジュサービス
  • 空港ラウンジサービス
  • 付帯保険の種類と補償額

上記の各サービスについて、順番に説明します。

ビジネス関連サービス

ビジネス関連サービスとしては、「じゃらんトラベルサービス」で旅行関連のホテル手配を、オフィス用品の調達などがお得にできる「ビジネスサポートサービス」などがあります。

国際ブランドでVisaを選んでいると「Visaビジネスオファー」にて、ビジネスシーンで利用できる特典もあり、日々のビジネス活動や出張、会議をよりスムーズに進められます。

コンシェルジュサービス

プラチナにしかない付帯サービスの中でも人気のある「コンシェルジュサービス」。各種旅行を選ぶサポートや必要な情報の取得など、まるで秘書のようにすべて頼めるサービスです。24時間年中無休で依頼できる点も魅力ではないでしょうか。

空港ラウンジサービス

国内28空港の空港ラウンジが無料で利用できます。同伴者も1名まで無料ですので、夫婦での旅行や同僚との出張にとても便利です。

また、メンバーズセレクションの中にプライオリティ・パスもあるので、選択することによって国内外1,200ヶ所以上の空港ラウンジが利用できるようになります。プライオリティ・パスは、海外主張の多い方にとって特にメリットの大きいサービスです。

付帯保険の種類と補償額

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)の付帯保険は、国内・海外旅行傷害保険で最高1億円、ショッピング補償としてお買物安心保険が年間最高500万円(国内・国外合わせて)が付いています。どちらも、法人カードとしては最高レベルの補償額で、旅行やショッピングをより安全に楽しめる内容です。

ここまで、三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)を持つメリットの付帯サービスを紹介しました。次に、三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)を持つメリットを持つメリットについて解説します。

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)を持つメリット

機内のビジネスマン

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)を持つメリットを持つメリットは、以下の4点です。

  • ポイント還元率の高さ
  • プライオリティパスが使える
  • ETCカードやEX予約など複数の交通手段に手厚い付帯サービス
  • 高いステイタス性

これらのメリットについて順番に説明します。

ポイント還元率の高さ

ポイント還元率は通常0.5%で他の法人カードと同等レベルですが、マイ・ペイすリボを利用することで、ポイント還元率は2倍になります。

リボ払いの手数料を最大限に抑えるために、毎月支払額のギリギリまでリボ払いの金額を変更することで、手間はかかりますがポイント還元率が1%近くまで上がります。他と比べてかなり高い還元率になる点は、本カードを持つ大きなメリットです。 

プライオリティ・パスが使える

メンバーズセレクションとして選べるサービスの中に、プライオリティ・パスが含まれている点もメリットのひとつです。プライオリティ・パスは、海外出張の多い人にとって利便性が高く、それだけで年会費の元が取れる場合もあります。 

ETCカードやEX予約など複数の交通手段に手厚い付帯サービス

本カードの付帯サービスには、自動車を使った事業に便利なETCカードや、山陽・東海道新幹線を出張に利用する機会が多い場合に便利なEX予約サービスもあり、出張に関係する複数の交通機関をカバーしている点も見逃せません。ETC割引やEX予約に伴う割引を利用することで、交通費が節減できます。

高いステイタス性

プラチナクラスの法人カードとして、高いステイタス性がある点も、本カードを所持するメリットです。取引先との会食や接待の場でスマートに使うことで、相手の見る目も変わってきます。企業の経営者として、社会的な信用力をさりげなくアピールしたいときに役立つカードと言えるでしょう。

ここまで、三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)を所持するメリットについて解説しました。では、逆に本カードを所持するデメリットは何があるでしょうか。

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)

Thumbnail smcc forowner v p rgb 180510

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
本会員 税抜50,000円+税 本会員 税抜50,000円+税 0.5%~0.8% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
200万~500万円 税別500円+税

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)のデメリット

PC見つめる女性

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)のデメリットは主に以下の2点です。

  • 他のプラチナ法人カードに比べて本カードと追加カード年会費が高め
  • 利用限度額が最大500万円

これらのデメリットについて、以降で具体的に説明します。

他のプラチナ法人カードに比べて本カードと追加カード年会費が高め

他のプラチナ法人カードに比べて、本カードおよび追加カードの年会費が若干高く、経費が高くなる点がデメリットです。年会費は50,000円(税抜)、追加カードは5,000円(税抜)で、特に追加カードは多く作るほど負担になります。

法人カードを持たせたい従業員が多い場合は、社長や役員のみプラチナにして、従業員用には同じ三井住友ビジネスカード for Ownersのクラシックカードにすることを検討してみてはいかがでしょうか。

利用限度額が最大500万円

利用限度額が最大500万円と決められている点もデメリットです。他の法人カードは利用限度額を個別に決める、としているものがいくつかあります。広告費など高額な出費も法人カードで支払いたいと思っても、利用限度額の上限が決まっているとクレジットカード払いそのものが不可能な場合もあるでしょう。

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)を所持するメリットについての解説は以上です。最後に、本カードに向いている人の特徴について説明します。

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)はこんな人におすすめ

ミーティング中の男女

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)をおすすめしたい人の特徴は以下の通りです。

  • 起業間もない個人事業主や法人の代表者
  • クレジットヒストリーが良好な人
  • 事業で複数の交通手段を利用する人
  • 事業の代表者に相応しい高いステイタス性を必要とする人

これらの特徴について詳しく説明します。

起業間もない個人事業主や小規模企業の代表者

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)は、起業したばかりの個人事業主や小規模企業の代表者向けに作られた法人カードです。

一般的な法人カードは、まだまだ個人事業主や小規模企業の代表者には厳しく、3年以上の実績や2期連続の黒字という決算書が提出できないと審査を通過できない場合が多くあります。まだ事業を始めて間もない場合でも審査を通過しやすい法人カードとして、三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)はおすすめです。

クレジットヒストリーが良好な人

会社の業績とは関係なく作れる法人カードですが、その分、申し込む人本人の個人信用力が問われます。これまでクレジットヒストリーを順調に積み重ね、ステイタスの高い個人用のクレジットカードを保持している人なら、当然審査に通過しやすくなります。

事業で複数の交通手段を利用する人

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)は、プラチナクラスの法人カードとして充実した空港ラウンジサービスなど空港関連サービスを提供しています。

それだけでなく。ETCカードやEX予約サービスなど、複数の交通機関のビジネス利用に便利なサービスを提供しているため、事業で複数の交通機関を利用するという方に、特に大きなメリットがある法人カードです。

事業の代表者に相応しい高いステイタス性を必要とする人

開業間もないためこれから新しく取引を進める中で、代表者が一般カードを使っていると、取引先によってはマイナスの印象を与えるかもしれません。銀行系の法人カードとしてステイタス性の高いプラチナクラスの法人カードを所持していることで、取引先に社会的な信用力があることを示すことができます。

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)

Thumbnail smcc forowner v p rgb 180510

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
本会員 税抜50,000円+税 本会員 税抜50,000円+税 0.5%~0.8% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
200万~500万円 税別500円+税

まとめ

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)は、起業間もない個人事業主や会社を設立したばかりの小規模企業の経営者でも、個人の信用力さえあれば審査を通過しやすい法人カードです。これから事業を進めるに当たり、法人カードを使うことで、経理処理が楽になり、ポイント制度や付帯サービスを利用することにより経費節減効果もあります。

対外的には、高いステイタス性があり、経営者が持つのに相応しい法人カードです。クレジットヒストリーに問題がなく、年齢が30歳以上であれば審査通過の可能性はかなり高いため、条件に当てはまっていれば、ぜひ申し込みを検討してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

人気の記事

新着記事