三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)10のメリット!クラシックとはここが違う!

ゴールドカードを持つビジネス女性

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)が気になっているけれど、まずは、サービスや付帯特典について詳しく知りたいという方は多いと思います。気軽に作成できる法人ゴールドカードを探している方もいるでしょう。

そこで今回は、三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)のサービスやメリットなどを詳しく紹介します。申し込みを考えている方は、ぜひ、参考にしてください。 

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)とは

ポケットからカードを出すビジネスマン

初年度の年会費が無料、次年度以降の年会費は10,000円(税別)という、利用しやすい法人向けのゴールドカードです。

なお、下記の条件を満たすと、年会費をさらに抑えることができます。

  • 「マイ・ペイすリボ」に登録で年会費5,000円(税別)
  • WEB明細への切り替えで年会費1,000円オフ

マイ・ペイすリボの登録とWEB明細への切り替えを同時に行えば、年会費を4,000円(税別)にすることができます。どちらも頻雑な手続きは不要なので、じょうずに活用したいところです。

次の項目では、三井住友ビジネスカード for Owners (ゴールド)のメリットを詳しく紹介していきます。

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)

Thumbnail smcc forowner v g rgb 180510

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜10,000円+税 0.3%~0.5% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
50万~300万円 税別500円+税
クレジットカード専門家 菊地崇仁 解説

三井住友ビジネスカード for Ownersは法人代表者や個人事業主向けのクレジットカードとなり、審査対象は個人です。通常の三井住友カードと同じようにVisaとMastercardの2枚持ちも可能です。

申込時に、Visaのみ、Mastercardのみ、に加えて、VisaとMastercardと言う選択ができます。もちろん、年会費はアップしますが、ゴールドの場合は1枚辺り2,000円のアップです。

例えば、Mastercardは海外専用、Visaは固定費などのメインで利用すると、海外での不正利用などにも気がつきやすくなります。もし、不正利用があったとしても、全ての支払先を変更する必要がありません。これは個人向けの三井住友カードでも有効な手段で、VisaとMastercardの2枚持ちは様々なメリットがあります。

また、三井住友カードのショッピング保険は購入日から90日間ではなく200日間と長い間補償されるのも安心材料でしょう。個人カードだけでなく、法人カードも同じ期間となるため、ビジネスで利用する商品もクレジットカードで支払う癖をつけておきましょう。

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)はメリットが豊富!

ゴールドカード

ここでは、具体的に「10のメリット」を紹介しながら、カードの魅力を解説します。

  1. ポイントプログラム「ワールドプレゼント」
  2. ETCカードの発行手数料と年会費が無料
  3. VISAとMastercardのデュアル発行が可能
  4. 空港ラウンジが無料で利用できる
  5. 電子マネーに対応
  6. 利用価値の高いビジネスサービス
  7. 海外で役立つVJデスク
  8. 手厚い付帯保険
  9. 多様な支払い方法
  10. 福利厚生代行サービス

それでは順番にチェックしていきましょう。

メリット1:ポイントプログラム「ワールドプレゼント」

「ワールドプレゼント」の還元率は0.5%となっています。法人カードとしては一般的ですが、ポイントアッププログラムを活用すれば、さらなるポイントアップが期待できるのです。

なお、ポイントの有効期限は3年です。「for Ownersクラシック」のポイント有効期限は2年なので、ゴールドはそれよりも1年長く設定されています。

ポイントアップモールを使えばさらにおトク

ポイントアップモールを経由してショッピングをすれば、還元率のアップが実現します。主な店舗と倍率は下記のとおりです。

店舗 ポイント倍率 還元率
Amazon 2倍 1.0%
楽天市場 2倍 1.0%
Yahoo!ショッピング 2倍 1.0%
LOHACO 3倍 1.5%
セブンネットショッピング 4倍 2.0%
マツモトキヨシ 5倍 2.5%
ビックカメラ.com 3倍 1.5%
TSUTAYA オンライン 2倍 1.0%
BookLive! 11倍 5.5%
ABC-MART.net 3倍 1.5%

ポイントアップモールでは「ポイントアップキャンペーン」も頻繁に行われているため、上手に利用すれば、最大で20倍のポイントアップが望めます。

指定店舗の利用でポイント5倍

2019年の3月1日から始まった新しいサービスです。三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)を下記の店舗で使うだけで、ワールドプレゼントのポイントが5倍になります。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • マクドナルド

VisaタッチやiDの決済でもポイントは5倍です。

豊富なポイント移行先

貯めたポイントは1ポイント3円換算のキャッシュバックにも使えますが、他社のポイントに移行する方が還元率も高くおトクです。

ポイント移行でトクをする各社のポイントサービスを見てみましょう。

移行先 ポイント 移行後ポイント 還元率
楽天スーパーポイント 200 1,000 0.5%
au WALLET 200 1,000 0.5%
WAON 200 1,000 0.5%
VJAギフトカード 1,100 5,000 0.45%
nanaco 200 600 0.3%

また、法人カードとしては珍しく「ANAマイル」への移行も可能となっています。還元レートは1ポイントで3マイルです。

メリット2:ETCカードの発行手数料と年会費が無料

ETCカードの年会費は初年度無料ですが、次年度からは500円(税別)がかかります。ただし、年に1度でも利用すれば会費が無料となるので、事実上は永年無料といってもいいでしょう。

なお、本体カード1枚に対してETCカード1枚の発行となります。ETCカードを複数枚発行したいときには、パートナーカードを追加発行するか、デュアル発行にして親カードを増やさなければいけません。 

メリット3:VISAとMastercardのデュアル発行が可能

クレジットカードの作成ではVISAとMasterのどちらを選ぶか迷うことも多いですよね。しかし、三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)なら、両ブランドの発行が可能です。

デュアル発行した場合の会費は、2,000円(税別)が追加されるので、本カードの会費10,000円(税別)と合わせて12,000円(税別)となります。

デュアル発行のメリットとしては、

  • 決済口座を別々に設定できる
  • VISAとMaster、それぞれの特典が受けられる
  • ETCカードの複数枚発行

などが考えられます。

それぞれのゴールドカード特典が付与されるのは、大きな魅力ですよね。

メリット4:空港ラウンジが無料で利用できる

VISAのゴールドサービスとして提供されている空港のラウンジを無料で利用することができます。ラウンジでは、フリードリンクや電源コンセント、新聞紙などが用意されています。

海外渡航の機会が多いほど、ゴールドカードのステータス性を実感するはずです。 

メリット5:電子マネーに対応

気軽に決済できる電子マネー「iD」のほか、「PiTaPa」「WAON」などに対応しています。

Apple Payも利用できるので、iPhoneユーザーなら、支払いやチャージがさらに簡単になります。

メリット6:利用価値の高いビジネスサービス

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)があれば、ビジネスで役立つ数多くのサービスが利用できます。 

エアライン&ホテルデスク

希望路線の国際線航空券や、世界各地のホテルを予約したり手配したりすることができます。また、おトクな航空券やホテルも用意されています。

ビジネス用じゃらんnetホテル予約

会員限定で提供している国内宿泊施設の予約サービスです。通常の宿泊プランだけではなく、会員向けのリーズナブルな限定プランも用意されています。

JR東海エクスプレス予約

スマホやパソコンから、簡単でスピーディーな新幹線のチケット予約が可能です。好みの座席をリクエストできるのも魅力。さらに、シーズンを問わず、同一料金で東京~博多間の移動ができます。

予約の変更は何度でも無料なので、突然に決まったスケジュールにも対応可能。チケットレスで、改札通過時もストレスフリーです。別途年会費1,000円(税別)は必要になりますが、国内の出張が多い方にとっては、利用価値の高いサービスといえるでしょう。

海外レンタカーの優待

世界各地で展開している「ハーツレンタカー」をアメリカやカナダ、ヨーロッパで利用すると、日本での事前予約割引料金から、さらに10%引きになります。 

メリット7:海外で役立つVJデスク

主要国の主要都市56箇所にある「VJデスク」は、クレジットカードやパスポートの盗難、紛失などのトラブル発生時に、日本語で対応してくれるサポートデスクです。

現地のホテルやレストランの紹介、交通機関案内、各種チケットの予約などにも応じてくれるので、海外滞在時の強い味方になるでしょう。

メリット8:手厚い付帯保険

充実度の高い国内外の旅行傷害保険も揃っています。

海外旅行傷害保険
(自動付帯)
死亡・後遺障害 最高5,000万円
傷害・疾病治療 最高300万円
賠償責任費用 最高5,000万円
携行品損害 50万円
(1旅行/年間)
国内旅行傷害保険
(利用付帯)
死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院費用 5,000円/日
手術費用 最高20万円
通院費用 2,000円/日

後遺障害などの大きな補償だけではなく、病気やケガにも対応しているのが嬉しいですね。

安心のショッピング保険も付帯

国内外を問わず、カードを使って購入した商品を紛失したり、盗難に遭ったりした場合には、最高で300万円まで補償される「ショッピング保険」が付帯しています。補償期間は、カードを使って購入した日から90日間です。

メリット9:多様な支払い方法

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)は、1回払いだけではなく、2回払いやリボ払い、分割払いにも対応しています。

法人カードは「1回払いのみ」であることがほとんどなので、支払い方法の選択ができる法人カードを探しているという方にとっては魅力でしょう。

キャッシングも可能

限度額最高50万円のキャッシングリボが利用できます。キャッシング可能な法人カードは少ないので、資金繰りに不安のある開業間もない事業主や個人事業主にとっては、利用価値の高いサービスになるはずです。

なお、三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)は、海外でのキャッシュサービスも利用することができます。ただし、海外キャッシングの返済方法は「元利一括返済」のみとなるので注意が必要です。

メリット10:福利厚生代行サービス

多彩なサービスを提供している「ベネフィット・ステーション」を利用できるため、飲食店やレジャー施設、宿泊施設など、全国のさまざまなサービスが優待価格となります。

通常価格 優待価格
入会金 10万円(1社) 無料
月会費 スタンダードコース 400円(1名) 320円(1名)
ゴールドコース 1,050円(1名) 850円(1名)

充実した福利厚生サービスがあれば、従業員の士気向上にも役立つはずです。

次の項目では、三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)のデメリットを考察していきます。

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)のデメリット

悩む男性ビジネスマン

ステータス性の高いカードや限度額の高いカードはほかにもあるので、ゴールドカードそのものとしてはスペック不足を感じるかもれません。また、ポイント制度をフル活用したいという方にとっては、0.5%という法人カードにおける一般的な還元率がデメリットになるでしょう。

次の項目では、「クラシック」と「ゴールド」の違いをみていきます。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)との主な違い

スマホにカードをかざす

両カードの主な違いは下記の通りです。

クラシック ゴールド
年会費 1,250円(税別) 10,000円(税別)
海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害 最高2,000万円 最高5,000万円
傷害・疾病治療 最高50万円 最高300万円
国内 旅行傷害保険 なし 最高5,000万円など
ショッピング保険 年間100万円
(海外のみ)
年間300万円
(国内外)

年会費の差がそのままスペックの差になっているという感があります。

ただし、三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)は、工夫次第で年会費を安くできるため、コスパの高さはクラシックの比ではありません。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

Thumbnail smcc forowner v c rgb 180510

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別) 0.3%~0.5% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
10万円~150万円 500円(税別)

次の項目では、三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)の作成に向いている人を考えてみます。

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)はこんな人におすすめ

ゴールドカードを出す夫婦

具体的な例を挙げて、作成に適しているタイプをみていきましょう。

空港ラウンジを利用したい人

空港ラウンジの無料利用は、ゴールドカードならではの魅力的な特典です。ビジネスで航空機の利用機会が多い方にしてみれば、空港での待ち時間をどう過ごすかは大変重要です。

そんなときに、三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)があれば、ラウンジのフリードリンクやゆったりしたソファー、無料Wi-Fiなどを利用して、待ち時間を有効活用することができます。

法人カードの利用枠を重視したい人

300万円という利用限度額は、ゴールドカードならでは高額設定といえるでしょう。事業規模によっては、一般法人カードの限度額では不足することもあります。事業の円滑な推進やキャッシュフロー改善のためにも、カードの利用枠を重視したいという方は、作成を検討してみてください。

法人カードを初めて作る人

通常、法人カードを作成する場合には「決算書」などを提出しなければいけませんが、三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)は、提出の必要がありません。事業実績がなくても作りやすいので、個人事業主にもおすすめです。

また、キャッシング機能や多様な支払い方法にも対応しているため、資金繰りに不安がある開業して間もない事業主にも適しているでしょう。

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)

Thumbnail smcc forowner v g rgb 180510

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜10,000円+税 0.3%~0.5% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
50万~300万円 税別500円+税

まとめ

今回は、三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)についてお話ししました。

ビジネスシーンで利用する法人カードは、そのスペックだけではなく「ステータス性」も重要になります。一般カードとゴールドカードでは、相手の印象は大きく異なるでしょう。

法人ゴールドカードの作成で迷っていた方は、ぜひ、三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)を作って、ゴールドカードならではの特典とステータス性を実感してみてください。

監修者紹介/クレジットカード専門家 菊地崇仁
監修者 クレジットカード専門家 菊地菊地崇仁

三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 57枚のクレジットカードを保有し、約120万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

法人カードランキング

目的別

掲載法人カード

人気の記事

新着記事