三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)は法人カードビギナーにおすすめ!メリット・デメリットを徹底追及

カードを手前に掲げる ビジネスマン

法人カードは、経費の処理を簡素化するツールのひとつです。しかし、年会費が発生する法人カードも多く、経費の負担は経営者にとって悩みの種でしょう。

経営者なら、年会費が安い法人カードを導入したいとお考えではありませんか。また、年会費が安い法人カードのひとつである、三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)について知りたいとお考えではありませんか。

今回の記事では、三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)がどんなカードなのかを解説していきます。

記事を読むことで三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)について理解し、必要に応じて申し込めるようになりますよ。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

Thumbnail smcc forowner v c rgb 180510

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別) 0.3%~0.5% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
10万円~150万円 500円(税別)

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)概要

PCで確認する女性

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)は、三井住友カードが発行している法人カード。銀行系列の会社が発行していて信頼性が高いことから、初めて法人カードを作る経営者におすすめです。

そんな三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)の概要を見ていきましょう。

三井住友ビジネスカード for Ownersの一般カード

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)は、法人代表者・個人事業主対象に発行している法人カードです。法人代表者の場合カードの券面に会社名が入ります。

一般(クラシック)カードのほかにゴールドカード・プラチナカードもあり、必要に応じてアップグレードを考えていきたい経営者にぴったりです。

カードのランクが上がるごとに年会費は上がりますが、その分サービスも充実していきます。

年会費

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)は、年会費が発生します。他社の一部のカードのように無料では持てません。

年会費は下記の通りです。

クラシック(一般)カード ゴールドカード プラチナカード
年会費 1,250円(税別) 10,000円(税別) 50,000円(税別)
パートナー会員 400円(税別) 2,000円(税別) 5,000円(税別)
ETCカード 初年度年会費無料
2年目以降500円(税別)ただし前年度1回以上利用があれば無料

年会費はかかりますが、本会員と同じ付帯サービスを利用できる従業員用の追加カードも追加可能なうえに、本会員に比べてお得に持てます。

VISAとMastercardの2枚持ちも可能

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)では、VISAとMastercardの両方を同時に持つことも可能です。同時に持つと年会費が割引になるので、通常よりお得な年会費でVISA・Mastercard両方のサービスを受けられます。

2枚目の年会費は下記の通りです。

クラシックカード 250円(税別)
ゴールドカード 2,000円(税別)
プラチナカード 5,000円(税別)

2枚のカードのグレードが異なる場合、年会費の低い方が2枚目となります。

VISAとMastercard両方を持つことで、使える国や店が多くなり、非常に便利です。

月末の請求額に応じてワールドプレゼントポイントがもらえる

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)の毎月の利用合計額1,000円ごとに、ワールドプレゼントポイントを1ポイントもらえます。貯まったポイントは、景品や他社ポイント、航空マイルなどに交換可能です。

例えば、1年間に150万円利用する場合、1年間に1,500ポイント程度貯まります。iDのキャッシュバックに利用する場合、1ポイント=5円相当なので、7,500円相当のキャッシュバックとなる計算です。

有効期限が2年あるので貯めやすく、キャッシュバックやマイル移行することで経費削減にも活用できるでしょう。

追加可能なカード

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)は、追加可能なカードが複数あります。利用状況に応じて追加することで、経費をまとめやすくなるでしょう。

追加可能なカードは下記の通りです。

  • ETC
  • iD
  • waon
  • プラスEX
  • PiTaPa

追加可能なカードが多いため、日常的な経費の支払いもスムーズに行えます。

スマートフォンでiDやApplePayの利用も可能

iDやApplePayにも対応しているので、スマートフォン決済もできます。従業員カードを発行することで、代表者だけでなく従業員もスマートフォン決済を利用可能です。

コンビニでのこまごまとした物の買い出しもしやすく、小口現金の支出が少なく済みます。

日々の小さな支払いも三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)にまとめやすく、経理処理が簡素化できるでしょう。

この章では、三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)の概要を紹介してきました。次の章では、そんな三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)の付帯サービスについて解説していきます。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)の付帯サービス

スマホで確認する女性

法人カードの一般カードには、必要最低限のビジネスに便利な付帯サービスが付いているのが一般的です。この章では、三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)の付帯サービスを紹介していきます。

  • ビジネスサポート関連
  • 付帯保険
  • 出張・旅行関連
  • 福利厚生

詳しく見ていきましょう。

ビジネスサポートサービス

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)の付帯サービスは、ビジネスをサポートしてくれる内容が中心です。低い年会費とは思えない、ビジネスが少しでも快適になるような工夫がなされています。

具体的な付帯サービスは、下記の通りです。

アスクルサービス オフィスの必需品の配達
DHLエクスプレス優待 書類や貨物の配達
日産レンタカー タイムズ カー レンタル優待
アート引越センター 基本料金(車両費+人件費)
30%割引

    ビジネスに必要不可欠なサービスが付いているので、経費削減や業務の効率化に役立ちます。

    付帯保険

    三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)には海外に行くときに活用できる保険が付帯しています。万が一海外出張時にトラブルがあっても安心です。

    具体的には下記のような保険が付いています。

    • 海外旅行傷害保険
    • ショッピング補償

    詳しく見ていきましょう。

    海外旅行傷害保険が付帯

    三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)には、海外旅行傷害保険が付帯しています。事前に旅行代金などをカードで支払うだけでよく、手続きは必要ありません。

    補償内容は下記の通りです。

    傷害死亡・後遺障害 最高 2,000万円
    傷害治療費用 (1事故の限度額) 50万円
    疾病治療費用 (1疾病の限度額) 50万円
    賠償責任 (1事故の限度額) 2,000万円
    携行品損害
    [自己負担:1事故3,000円]
    (1旅行中かつ1年間の限度額)
    15万円
    救援者費用 (1年間の限度額) 100万円

    短期の海外出張であれば十分な補償が付いているので、慣れない海外出張でも安心です。

    海外利用のショッピングでは最高100万円補償

    三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)には、ショッピング補償も付いています。海外においてカード決済し購入した商品であることが条件です。

    下記の内容で補償を受けられます。

    年間補償限度額 100万円 補償期間 購入日および購入日の翌日から90日間

    日本のように保証期間が定められていない商品でも、安心して購入可能です。

    出張・旅行関連の付帯サービス

    三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)を持っていると、出張や旅行に役立つ付帯サービスを受けられます。出張や旅行の手配や、滞在中のサポートなど、多彩なサービスが魅力です。

    具体的には、下記のようなサービスが付いています。

    • 国内航空券チケットレス発券サービス
    • 世界の主要都市に設置されているVJデスク
    • エアライン&ホテルデスク(海外航空券・ホテル手配)
    • 海外レンタカー優待サービス
    • ビジネス用じゃらんnet ホテル予約
    • 海外キャッシュサービス

    面倒な出張の手配や現地で困ったことがあった場合も、カードの付帯サービスを利用するとスムーズにできるようになります。

    福利厚生関連の付帯サービス

    三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)では、福利厚生サービスを優待利用可能です。ベネフィット・ステーションと提携していることにより、月会費の負担が通常より少なくて済みます。

    優待内容は下記の通りです。

    通常 三井住友ビジネスカード
    for Owners(クラシック)会員
    入会金 10万円 無料
    スタンダードコース月会費 400円/人 320円/人
    ゴールドコース月会費 1,050円/人 850円/人

    スタンダードコースでも、1カ月あたり80円、年間960円割引と、パートナー会員の年会費400円よりも大きい割引を受けられることになります。

    福利厚生も少ない負担で導入可能なので、経営者の強い味方です。

    この章では、三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)の付帯サービスを紹介してきました。次の章では、三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)のメリットを紹介していきます。

    三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)のメリット

    タブレットで入力する男性

    三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)についている付帯サービスはゴールドカードやプラチナカードに比べると限られています。しかし、うまく活用すると、経費の管理が楽になる以外にもいくつかのメリットを享受することが可能です。

    • コンビニ利用でポイント5倍
    • キャッシング機能がある
    • 年会費が安い

    詳しく見ていきましょう。

    コンビニ利用でポイント5倍

    三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)は、キャッシュレス利用を推進するために、日常生活で使いやすい店舗でポイント優遇を行っています。対象傳保での支払いにカードを使うと、いつでもポイントが5倍です。iD・Apple Payも含まれますが、マイ・ペイやリボを設定している場合など、一部対象外になる場合もあるので注意しておきましょう。

    対象店舗は下記の通りです。

    • セブンイレブン
    • ローソン
    • ファミリーマート
    • マクドナルド

    日々の小さな買い物の支払いにカードを使うだけでポイントが貯まり、お得に利用できます。

    キャッシング機能がある

    三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)にはキャッシング機能が付いています。審査によって設定された利用枠の範囲内であれば1万円単位で繰り返し利用可能です。

    利用可能な金額は、国内・海外ともに0~50万円の範囲内で定められています。

    利率(実質年率)
    国内キャッシングリボ 15.0%
    海外キャッシュサービス 18.0%

    利率が高く利息が高額になりがちなので、頻繁な利用はおすすめできませんが、出張先での一時的な資金確保など、緊急時に利用でき安心です。

    個人事業主でも総量規制の1/3を超えての借り入れも可能

    個人が借り入れをする場合、貸金業法によって、年収の3分の1までと定められています。いわゆる総量規制と言われる規定で、例外を除いては年収の3分の1を超えての借り入れはできません。

    しかし、三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)の場合、キャッシング利用可能枠の範囲内であれば、年収の1/3を超えた借り入れができます。

    入金が数ヶ月先になるなど資金調達が必要になった場合など、一時的な資金繰りが必要な場合に便利です。

    年会費が安い

    三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)は年会費がかかります。しかし、他の大手カード会社の法人カードに比べると少額です。

    例えば、同程度のサービスを提供しているJCB法人カードの一般カードと比較すると下記のような違いがあります。

    三井住友 JCB
    年会費 1,250円(税別) 400円(税別)
    追加カード年会費 1,250円(税別) 1,250円(税別)

    年会費は同じでも、追加カード年会費が大きく異なり、追加カードが増えれば増えるほどお得になります。

    このように、他社に比べても年会費の負担が少なく済むのは大きなメリットです。

    WEB明細の利用で年会費が割引になる

    三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)を使っている人は、WEB明細を利用すると年会費が500円割引になります。割引されるには一定の条件があり、条件を満たすことが必要です。

    年会費割引条件は下記の通りです。

    • 本会員であること
    • 過去1年間に6回以上請求があったこと
    • 期日までに請求額確定通知メールアドレス登録を完了していること

    全く使っていないと割引にはなりませんが、メインの法人カードとして使っているならほとんどの人が特に問題なく条件を満たせるでしょう。少しでも経費の支出を抑えたいなら、まずは請求額確定通知メールアドレス登録をしておきましょう。

    この章では、三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)のメリットを解説してきました。次の章では、あらかじめ把握しておきたいデメリットを紹介します。

    三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)のデメリット

    モノクロでスマホを握る手

    年会費が安くて持ちやすい三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)ですが、あらかじめ押さえておきたいデメリットもあります。

    • 国内旅行傷害保険
    • 機能性

    詳しく見ていきましょう。

    国内旅行傷害保険は付いていない

    三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)には、国内旅行傷害保険が付いていません。たとえ国内旅行や出張の代金をカードで支払ったとしても、旅行傷害保険が付いていないので補償はありません。

    ゴールドカード以上だと、入院や通院・手術が必要になった場合などの補償が付くため、国内出張が多ければ、付帯サービスに少し物足りなさを感じる人もいるでしょう。

    年会費がかかるのに国内出張の補償がないのは残念です。

    一般カードなので機能が限られている

    三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)は、一般カードなので、付帯サービスの内容はごく限られています。ビジネスをサポートしてくれるサービスや海外旅行傷害保険の利用付帯など、最低限のサービスは付いていますが、ゴールドカードに比べると物足りません。

    例えば、ゴールドカードでは利用できる空港ラウンジや、国内旅行傷害保険なども、三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)には付いていません。

    年会費が抑えられている分、どうしてもサービス内容は限られた内容になってしまいます。

    この章では、三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)のデメリットを紹介してきました。デメリットもあることをしっかりと把握したうえで申し込むようにしましょう。

    三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

    Thumbnail smcc forowner v c rgb 180510

    国際ブランド

    VISA

    対応電子マネー

    WAON(ワオン) iD(アイディ)
    • 国内旅行保険
    • 海外旅行保険
    • ETC
    年会費 ポイント還元率 ポイント名
    初年度 2年目~
    無料 1,250円(税別) 0.3%~0.5% ワールドプレゼント
    発行スピード 限度額 マイレージ
    還元率(最大)
    ETC年会費
    10万円~150万円 500円(税別)

    まとめ

    今回の記事では、三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)について解説してきました。大手カード会社が発行している信頼感と年会費の安さが最大の魅力です。

    付帯サービスは限られてはいるものの、年会費を抑えて法人カードを導入したい、使ってみたい経営者におすすめの法人カードでしょう。

    三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)のメリットやデメリットはよく理解できましたか。

    今回の記事を参考にしながら、三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)の導入を検討してみてください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

    法人カードランキング

    目的別

    掲載法人カード

    人気の記事

    新着記事