楽天ビジネスカードは個人事業主におすすめ!メリットと審査情報詳細

個人事業主に進める楽天ビジネスカード

「個人事業主として仕事をする上で、ビジネスに役立つカードが欲しい」
とお考えの方も多いのではないでしょうか。

楽天ビジネスカードは楽天系の法人カードで、個人事業主の方も契約することができます。

年会費は2,000円(税別)とリーズナブル。 ビジネスカードを導入することで清算業務の負担を軽減し支出をまとめて管理、経理処理の一本化を行うことができます。

楽天ビジネスカードは、法人カードとしてはトップクラスのポイント還元率や、VISAビジネスオファーが利用できるなど、さまざまな魅力のあるカードです。

この記事では、楽天ビジネスカードのメリットや審査情報について、詳しくご紹介します。

申し込みをして審査の電話を受ける男性ビジネスマン

2019.10.25

【必通!】楽天ビジネスカードの審査に通過したい!申込方法と手続き前の注意点を解説

「事業でも楽天系のサービスをよく利用するので楽天ビジネスカードが欲しい」 「楽天ビジネスカードの審査にはどうしても通過したい」 楽天ビジネスカードは、楽天グループのサービスを利用する場合ポイント還元率が高く、経費節減に役立てることができる法人カードです。会社の備品購入で楽天市場を利用、楽天トラベルで出張の宿泊施設を手配するなど、利用できるシーンも多く、ポイントも他カードの5倍付与される点が大きな魅力ではないでしょうか。 今回は、楽天ビジネスカードの審査を無事通過したいと考えている方に、本カードの申込方法と手続き上の注意点について解説します。楽天ビジネスカードを無事手にするため、ぜひ最後までチェックしてください。

楽天プレミアムカード

国際ブランド

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 1%~15% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 300万円 無料

まずはおさえておこう!楽天ビジネスカードの3つの特徴とは

楽天ビジネスカードには、以下のような3つの特徴があります。

  • 楽天プレミアムカードと2枚で1セットになる
  • 引き落としには楽天プレミアムカードと別口座を指定
  • 国際ブランドはVISAのみ

これらの特徴について、詳しく見てみましょう。

楽天プレミアムカードと2枚で1セットになる

楽天ビジネスカードは、個人向けのクレジットカードである「楽天プレミアムカード」の追加カードとして持つことができます。

楽天ビジネスカード単体では発行することができないため、楽天プレミアムカードに未入会であれば、楽天ビジネスカードだけでなく楽天プレミアムカードにも申し込みをしなければなりません。

引き落としには楽天プレミアムカードと別口座を指定

楽天ビジネスカードの引き落とし口座は、楽天プレミアムカードで使う口座とは別にする必要があります。

楽天ビジネスカードの引き落としには、原則として法人名義の預金口座を登録しますが、個人事業主の方は個人の預金口座を登録することが可能です。

ただし、個人の預金口座でも楽天プレミアムカードで使う口座とは別にしなければなりません。

楽天ビジネスカードと楽天プレミアムカードとで口座を分けることで、利用明細が2枚に分かれ、ビジネスとプライベートをしっかり区別できるでしょう。

国際ブランドはVISAのみ

楽天ビジネスカードの国際ブランドは、VISAのみです。

なお、楽天プレミアムカードはVISA 、MasterCard、アメックス、JCBの4つから選ぶことができます。

楽天ビジネスカードの親カードとなる楽天プレミアムカードは、他社のゴールドカードに相当するカードで、充実した特典が魅力です。

そこで次は、楽天プレミアムカードの特徴についてチェックしてみましょう。

充実した特典がずらり!楽天プレミアムカードの魅力をチェックしよう

楽天プレミアムカードは楽天系のカードのなかで高ランクの位置付けであり、多くの充実した特典がついています。

年会費は10,000円(税別)でポイント還元率は1%ですが、誕生日月に楽天市場を利用することで、ポイントを3倍にすることが可能です。

さらに楽天市場コース、エンタメコース、トラベルコースの3種類から1つを選択し、選んだコースでカードを利用すると、ポイントが1%上乗せされます。

楽天プレミアムカードで特に注目したいのは、以下の3つの特典です。

これらの特典について、詳しく見てみましょう。

プライオリティパスが付帯している

楽天プレミアムカードには、世界100カ国以上にある提携ラウンジを利用できる、プライオリティパスが付帯しています。

通常、プライオリティパスに入会すると年会費が約40,000円必要なため、非常にお得です。

特に海外出張が多い方にはとても魅力的な特典といえるでしょう。

国内の空港ラウンジが無料で利用できる

国内25カ所にある空港ラウンジも無料で利用することができます。手続きは楽天プレミアムカードと航空券を受付で提示するだけです。フライト前のひと時をゆったりと過ごすことができるでしょう。

旅行傷害保険の補償内容が手厚い

楽天プレミアムカードには、充実した旅行保険が自動付帯しています。

補償額は国内・海外ともに最高5,000万円で、ショッピング保険も年間で最高300万円まで補償可能です。

楽天が発行しているクレジットカードの中で旅行保険が自動付帯となるのは楽天プレミアムカードと楽天ブラックカードのみとなっています。

なお、楽天ビジネスカードには旅行保険がついていないため、旅行保険を利用する際は楽天プレミアムカードを利用しましょう。

ここまで楽天プレミアムカードについて、その魅力を説明いたしました。

それでは本丸である、楽天プレミアムカードとペアでしか発行できない楽天ビジネスカードは、個人事業主が仕事をする上でどのようなことに活かせるのでしょうか。

続いては楽天ビジネスカードを個人事業主におすすめしたい理由について、詳しくご紹介します。

楽天プレミアムカード

国際ブランド

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 1%~15% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 300万円 無料

ここがポイント!個人事業主が楽天ビジネスカードを持つべき5つの理由

個人事業主の方にとって、楽天ビジネスカードには以下のような5つのメリットがあります。

  • ポイントバックが1%と業界トップクラスの高還元率
  • ビジネスシーンで役立つVISAビジネスオファーを利用できる
  • 振込コストを削減できる
  • 経費の計算がラクになる
  • 最長57日の後払いサービスを利用できる

これらについて、詳しく見てみましょう。

ポイントバックが1%と業界トップクラスの高還元率

楽天ビジネスカードは法人カードながら、楽天プレミアムカードと同じくポイント還元率が1%に設定されており、法人カードとしては業界トップクラスの還元率の高さを誇っています。

一般的に、法人カードは個人向けカードに比べてポイント還元率が低く設定されており、平均するとその還元率は0.5%程度。中には1%前後のカードもありますが、
「年間で○○万円以上利用すること」
「○○サービスに加入すること」
など、条件が定められていることがほとんどです。

楽天ビジネスカードは最初から還元率が1%に設定されているので、無条件で高還元を実現することができます。

さらに、楽天ビジネスカードを使って楽天市場で買い物をすると、還元率を5倍までアップさせることも可能です。

ありとあらゆるものが販売されているといっても過言ではない楽天市場であれば、オフィスで使用する備品やパソコン機器などをすべて揃えることなんて造作もありません。

もちろん少額の買い物でもできるだけ楽天市場で購入するようにし、その際に楽天ビジネスカードを利用するとポイントをどんどん貯められます。

ビジネスシーンで役立つVISAビジネスオファーを利用できる

楽天ビジネスカードではさまざまなビジネスシーンで役立つ「VISAビジネスオファー」を利用することが可能です。

なお、先述した通り楽天ビジネスカードの国際ブランドはVISAオンリーですが、VISAは世界で最もシェア率が高いため、国内・海外問わずVISAであれば特に問題はないでしょう。

VISAビジネスオファーには、次の5つの項目があります。

飲食

「VISAビジネスグルメオファー」と呼ばれるサービスで、専用ダイヤルから予約を行います。

利用することで全国の有名レストランを優待価格で予約したり、ウェルカムドリンクなどのサービスを受けたりすることが可能です。

トラベル

土産販売の「三洋堂」や旅行代理店の「東武トップツアーズ」などで3~10%の割引を受けることができます。

ビジネスサービス

ホームセキュリティの「ALSOK」やレンタルオフィスの「サーブコープジャパン」などで、割引サービスを受けることができます。

オフィスサプライ

提携先の事務用品通販サイトなどで、オフィス周りの商品を割引価格にて購入することが可能です。

IT&Telecom

「MFクラウド会計」や「クラウド翻訳トランスマート」など、ネット系のサービスが揃っています。財務会計や仕分けなどさまざまなシーンにおいて、頼れるビジネスパートナーとして活用可能です。

トライアルとして2~3カ月の無料サービス期間を設けているところが多いので、ネット系サービスに不安を感じる方は、お試し感覚で利用してみましょう。

経費の計算がラクになる

楽天ビジネスカードを導入することで、手間のかかる経費清算がグッと楽になります。

経理ソフトへの入力や経費精算書の作成が不要となるのはもちろん、経費を明細書で確認することで計上漏れや請求のし忘れを防ぐこともできます。

振込手数料を削減できる

各種の支払いを楽天ビジネスカードに一本化することで、これまでかかっていた支払先への振込手数料を削減することが可能です。

最長57日の後払いサービスを利用できる

楽天ビジネスカードは締め日が毎月末日、支払い日が翌月27日に設定されていますが、状況に合わせて最長で57日支払いを先延ばしにすることができます。

資金繰りの苦しいときなどに、余裕を持たせることができるでしょう。

楽天ビジネスカードのメリットは、なんといっても業界トップクラスのポイント還元率です。楽天市場を利用すればさらに多くのポイントを貯められるので、上手に利用したいところ。

続いて、楽天ビジネスカードの審査のポイントをチェックしてみましょう。

楽天プレミアムカード

国際ブランド

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 1%~15% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 300万円 無料

個人事業主でも本当に作れる?楽天ビジネスカードの審査のポイントを知ろう

「楽天ビジネスカードを作りたいけれど、個人事業主でも大丈夫?」
と申し込みを迷っている方もいるのではないでしょうか。

実際に申し込みをする前に、カードの入会条件や審査基準を見ておきましょう。

楽天プレミアムカードの審査に通過することが大切

楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードの追加カードとして発行されるため、まずは、楽天プレミアムカードの審査に通過しなければなりません。

楽天プレミアムカードの申込資格は「20歳以上継続した収入のある方」とされています。

楽天カードは学生でも申し込むことのできるカードとなっており、審査のハードルは低めです。

楽天プレミアムカードの審査のハードルはさすがに楽天カードよりは高くなりますが、それでも同ランクのカードの中では比較的低めのハードルと言われています。

個人の信用と支払い能力が審査される

楽天ビジネスカードの申し込みを行うと改めて審査が行われ、個人の信用度や支払い能力がチェックされます。

一般的に法人カード発行の際は貸し倒れによるリスクを防ぐため、事業そのものだけではなく、個人事業主本人の信用度や支払い能力についても審査を行うのです。

このように書くと厳しい感じに見えますが、実は楽天ビジネスカードの場合楽天プレミアムカードの審査に通過さえしていれば、ほぼ審査落ちすることはありません。

となると不安点は楽天プレミアムカードの審査に通過するかどうかです。

そこで最後は、個人事業主で楽天のカードに審査落ちしてしまうケースについて見てみましょう。

合わせてチェック!個人事業主で楽天のカードに審査落ちしてしまう方の特徴

楽天ビジネスカードを含め楽天系のカードは「審査に比較的通りやすい」といわれていますが、それにもかかわらず審査に落ちてしまう方には、 どのような特徴があるのでしょうか?

過去の信用情報にキズがある

楽天ビジネスカードを含め一般的に法人カードの審査では、契約者個人の過去の信用情報にキズがあると通過が難しいといわれています。

クレジットカードやローンを利用すると、その履歴は「個人信用情報」として記録されます。

個人信用情報は金融機関の間で共有されるため過去の利用履歴に支払いの遅延があったり、債務整理や自己破産をしていたりすると、一定の基準に従って記録が残るのです。

個人信用情報は、一定の期間を過ぎると消去される仕組みになっています。

過去の信用情報に不安のある方は、しばらく期間をおいてから申し込みをするようにしましょう。

他社からの借入額が多い

他社からの借入額が多い方も審査に落ちてしまう可能性があります。

クレジットカードは契約者の信用に基づいて発行されるため、他社からの借入額が多かったり、返済が滞っていたりすると、「支払い能力が低い」とみなされ審査に落ちてしまう可能性があるのです。

他社からの借入額が多い方は、なるべく借り入れを減らしてから申し込むようにしましょう。

まとめ

個人事業主にとって楽天ビジネスカードは「業界トップクラスのポイント還元率」や
「接待などに使えるVISAビジネスオファーを利用可能」などメリットの多いカードです。

ただし、楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードとセットで契約する必要がありますので、その点には注意しましょう。

楽天プレミアムカードには「プライオリティパスの付帯」などゴールドカードクラスの充実した特典がついているため、出張の多い方にもおすすめです。

個人事業主に合う法人カードをお探しの方は、楽天ビジネスカードを検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

法人カードランキング

目的別

掲載法人カード

人気の記事

新着記事