会社名のつけ方はここがポイント!ネーミング例&法人名義で作れる法人カード3選

社名を考える個人事業主

「会社名のつけ方には何かルールがある?」
「会社名を思いついたけど、これで問題ないか不安」

自分の会社を作ったら、会社名のつけ方に悩む人も多いのではないでしょうか。

どのようなルールがあるのか、法律的な問題は、他社と被る心配など、考え出すときりがありません。

今回は、会社名のつけ方について、どのような点を考慮すればよいかというポイントや、参考になるルール、実際のネーミング例について紹介します。

会社名が決まったら、法人名義のクレジットカードも作成可能になります。

そのため、最後に設立間もない法人の代表者向けにおすすめの法人カードもまとめました。

ぜひ問題なく会社名をつけて、法人カードや銀行口座も、命名した会社名を使った、早速法人名義のものを作成してくださいね。

会社名のつけ方6つのポイント

会社名のつけ方には、事前に知っておきたい6つのポイントがあります。

これらの内容について、順番に説明します。

会社名に使用できる文字

会社名に使用できる文字は以下の通りです。

  • ひらがな
  • カタカナ
  • 漢字
  • 英語(大文字・小文字)
  • アラビア数字
  • 以下の記号(ただし、記号を先頭または末尾には使用できない)  
    「・」(中黒)  
    「,」(カンマ)
    「.」(ピリオド)(ピリオドのみ末尾付与は可能)
    「ー」(ハイフン)
    「&」(アンド)
    「’」(アポストロフィ)  
    ※ローマ字を用いて複数の単語を表記する場合に限り単語の間を区切るための空白はOK

比較的自由に文字は使えますが、記号はかなり限定されるので注意しましょう。

会社種別「株式会社」「合同会社」などの入れ方

会社の種別には、「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」があります。

この会社種別は、会社名の先頭または末尾に含めなくてはなりません。先頭または末尾のどちらにするかは、語感などで決めても大丈夫です。 

有名な企業・商品・サービスの名前は避ける

有名企業や商品・サービスに使用されている名前はできる限り避けましょう。

商標登録されている名前の場合、商標法によって使用が制限される可能性があるためです。

会社名を思いついたら、その名称が商標登録されていないかどうかは調査するようにしましょう。

また、他の会社と紛らわしい名前を付けて、その結果、不正の目的で会社を誤認させる意図があると認められた場合、相手の会社側から営業上の利益を侵害したとして訴えられる危険性もあります。

さらに、金融機関ではないのに「銀行」を語尾につけた会社名も、「他の種類の会社であると誤認されるおそれのある文字」として認められません。

基本的には、他社の会社名や商品・サービス名、その他業種を混同するような紛らわしい文言を入れて他人を混乱させるような会社名にならないよう注意しましょう。

会社名の被りがないかを調べるには、国税庁の法人番号公表サイトがおすすめです。

会社名検索が本来の目的ではないのですが、キーワード検索で会社名を探すことができるため、名前被りを避けることができます。

同一の住所に同一の会社名・商号は使用不可

同一住所に同一の会社名・商号は使えません。このようなことはあまりないことですが、念のため頭の隅に入れておきましょう。

先ほど紹介した法人番号公表サイトで会社名の被りを検索しておけば、このようなケースも事前に検知できます。

ドメインを付与しやすいこと

会社を設立するなら、多くの場合自社の公式サイトを立ち上げることになるのではないでしょうか。

その場合を考慮して、ドメインを付与しやすい名前かどうかも検討しておきます。

WHOIS検索を使うと、そのドメイン名が存在するかどうかが確認できます。

また、会社名と同じ名前で、漫画のキャラクターやアイドルの名前と被っているなど、すでに別の方面で有名になっている可能性もあります。

その場合、インターネット検索で負けてしまい、自社サイトが検索しづらくなるかもしれません。

会社名をある程度決めたら、インターネットで会社名を検索したときどうなるのかについても確認しておきましょう。

外国の言葉で問題にならないかチェック

もし海外でも事業を展開したいと考えているなら、外国の言葉や商標で問題になるような単語ではないかも確認したいところです。

メジャーな言語(英語・フランス語・スペイン語・中国語など)でネガティブな意味にならないかの確認しましょう。

海外の商標調査まで行っておくことで、のちのち会社名を変えなければならないトラブルが予防できます。 

ここまでで、会社名のつけ方で意識したい6つのポイントを説明しました。次に、会社名のつけ方で参考になる「5iルール」について紹介します。

会社名のつけ方で参考になる「5iルール」

「5iルール」とは「5iの法則」とも言われ、もともとはキャッチコピーを考える際の法則です。会社名を付ける際にもこの法則が参考になるため、ひとつひとつの「i」について解説します。

【Impact】インパクトがある

広告の世界では、その言葉に出会った瞬間のインパクトが重要です。会社名も、インパクトがあると、相手の印象に残りやすくなります。

例えば、「俺のフレンチ」「俺のビストロ」などの飲食店を展開している「俺の株式会社」。

会社名だけ聞くと非常にインパクトがあり、店舗ブランドとも統一感があるネーミングですね。 

【Interest】興味を引きやすい

会社名を聞くと、なんだか気になる、興味が湧くような名前も印象に残りやすい名前です。

相手が「どんな会社なんだろう」と興味を惹かれる程度に、ミステリアスな部分や、意味合いの「余白」を作ってみてください。

ただし、「まったく意味が分からない会社名」は避けた方が無難です。

あまりにも意味が分からないと、かえって相手の興味をそいでしまいます。分かるようでわからない、という部分を残して、相手の興味をひきつけるように工夫しましょう。

【Information】二重三重の意味がある

同じ単語に、二重三重の意味を持たせる会社名も、印象に残りやすい名前です。

  • 例えば…
    「カルビー」は、カルシウムとビタミンBをくっつけた造語から来た会社名として知られています。
    「花王」は「顔を洗う石鹸」から、顔と語呂が似ている「花王」を採用して「花王石鹸」と命名。
    その商品名が会社名になりました。

このように、会社名の由来も含んだ二重三重の意味を持った名前だと、由来を聞いただけで覚えやすくなります。

このように、意外な意味を含んだ会社名も覚えやすいものです。

【Impression】すぐに記憶される

シンプルで、すぐに記憶される会社名も良い名前です。シンプルで短い名前、なおかつあまり聞いたことがない名前の場合、すぐに覚えてもらえる可能性があります。

先ほどの「俺の株式会社」も、短い単語なのですぐに記憶しやすい会社名です。

【Idea】優れた発想力が感じられる

名前そのものが珍しい響きで、優れた発想力を感じられる場合も、印象に残りやすい会社名です。

複合型ショッピングモールの「ららぽーと」、オンラインゲームの「コロプラ」、スマホゲームの「ガンホー」などは、ちょっと変わっていてなおかつ発想力が感じられる会社名ではないでしょうか。

これら5つの「I」で始まる単語を意識しながら、会社名を検討してみましょう。

以上で、会社名のつけ方で参考になる「5iルール」について解説しました。次に会社名のつけ方に悩んだらやってみたいことを3点紹介します。

会社名のつけ方に悩んだらやってみたいこと3つ

会社名を考えているうちに堂々巡りになってなかなか決まらなくなったと悩む人がいるかもしれません。そんなときの打開策として試してもらいたい3つの方法を紹介します。 

発音しやすい名前を選ぶ

とにかくたくさん会社名を紙などに書き出してたまったら、ひとつひとつの名前を実際に口で読み上げてみましょう。

頭の中だけで考えているのと、実際に発音してみるのとでは印象が変わる名前があるかもしれません。

言葉として声に出してみて、発音しやすい名前はないかを探してみましょう。 

いろいろなネーミング例を見てみる

さまざまな会社名の例を見てもなかなか自社の名前が思いつかないようなら、検索範囲を広げて、商品名やサービス名、人名などもたくさん見てみましょう。

さまざまな言葉を確認して、その由来も知ることによって、新しい発想が湧いて良い名前が選べる可能性もあります。

アイデアが出ない場合はクラウドソーシングで募集もあり

あまりにもアイデアが出ない場合は、自分以外の人に考えてもらうのも、打開策のひとつです。

例えば、クラウドソーシングのコンペ案件として、多くの人から提案を受けるということも可能です。

多くの人からのマイ社名提案を受け、その会社名のコンセプトを説明してもらうことで、
「これは」
という会社名の候補が出てくるかもしれません。

自分以外の人から刺激をもらって、素敵な会社名を見つけられればいいですね。

ここまでで、会社名のつけ方に悩んだらやってみたいことを3点紹介しました。

次に、さまざまな会社のネーミング例をいくつかピックアップして説明します。

さまざまな会社のネーミング例

ここからは、さまざまな会社名の事例を実際に見ていきましょう。

かっこいい名前や縁起のいい名前、インパクト大の面白い会社名を紹介します。

かっこいい会社名の事例

「かっこいい」という感じ方は人によってさまざまですが、イマドキと感じられる会社名の事例をいくつかピックアップします。

  • 株式会社ディー・エヌ・エー:遺伝子のDNAと、eコマースの「e」
  • サイボウズ株式会社:「サイバー」+「坊主」(子どもの意味)
  • アスクル株式会社:翌日配達「明日来る」

事業内容をそれとなく想起させつつ、カタカナの会社名にうまくまとめている事例です。 

縁起のいい会社名の事例

有名な企業の会社名には、縁起を担いでいるものも多く見られます。縁起のいい会社名の事例は以下の通りです。

  • キッコーマン:香取神宮の山号である「亀甲」+「亀は万年のマン」
  • キヤノン:「観音様」が由来
  • サンリオ:スペイン語で「聖なる河」「創業者の出身地、山梨の音読み」
  • アステラス製薬:「stella」(ラテン語)と「明日を照らす」

パッと見てイメージがつかなくても、由来を聞くと納得というものが多く、インパクトもある会社名ですね。

インパクト大!おもしろい会社名の事例

最後に、かなりインパクトのあるおもしろい会社名の事例を紹介します。

いずれも非常にインパクトがある会社名です。

最後の会社名は、企業理念をすべて盛り込んだ結果、だそうです。いずれも、ドメイン名は短く簡潔なものとなっていますので、ドメイン名のつけ方の参考にもなります。

以上で、実際にある会社名の事例をいくつかご紹介しました。会社名のつけ方について理解でき、名前を考案できたら、会社の設立準備を進めましょう。

会社を設立する際に作っておきたい法人カードとして、創業間もない法人でも審査に通過しやすい法人カードをご紹介します。

創業間もない法人でも審査に通りやすく法人名義で作れる法人カード3選

従来、創業間もない法人は、事業の実績を示す資料も用意できないため、申込時に決算書が必要な法人カードでは審査通過が難しいとされてきました。

しかし、昨今は、決算書を提出する必要がなく、法人の代表者本人の信用があれば審査に通りやすい法人カードも増えてきています。

そこで、審査に通過しやすく法人名義で作れる法人カードを3枚紹介します。起業時に法人名義でのクレジットカードを作成される場合は、ぜひ参考にしてください。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(以降アメックスビジネスゴールド)は、独自審査で創業したばかりの法人代表者でも比較的審査に通過しやすいといわれている法人カードです。

法人格のある法人代表として申し込むと、法人代表者個人の信用力に応じた利用可能枠が個別に設定され、利用実績に応じて利用可能枠が広がっていきます。

アメックスビジネスゴールドは、ポイント還元率が1.0%と法人カードの中では高めです。

また、空港関連の付帯サービスや旅行傷害保険の手厚さなど、飛行機を使った出張やビジネスに役立つサービスも豊富にあります。

一時的に経費の支払いが多くなる月は、事前に相談することによって利用可能枠以上のカード払いも可能です。高額の現金を持ち運ばなくても済む点も、使い勝手の良い点と言えます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 31,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 審査基準による 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
新規入会後にカード利用で30,000ptプレゼント!

オリコ EX Gold for Biz M

創業したばかりの法人代表者でも審査に通過しやすい法人カード。オリコ EX Gold for Biz シリーズのうち、法人の代表者が申し込む場合はオリコ EX Gold for Biz Mを選択します。

追加カードは3枚までと少ないですが、創業したばかりの法人で、従業員が少ないなら十分な枚数です。

年間利用額が200万円以上なら、次年度からポイント還元率が2倍になり、法人カードの中でもポイント還元率が高くなる点が本カードの特徴です。

通常のポイント還元率は0.6%ですが、2倍になると1.2%となります。

利用可能枠も300万円までと十分あるため、創業時でまだ事業規模が大きくない段階では、十分使える法人カードです。

オリコ EX Gold for Biz

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税別) 0.6%~1.2% 暮らスマイル
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照 10万円~300万円 無料

楽天ビジネスカード

会社の備品購入や出張の手配などに楽天グループのサービス(楽天市場・楽天度ラベルなど)を利用する会社なら、楽天ビジネスカードも選択肢のひとつです。

楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードの追加カードとして発行する法人向けのクレジットカード。

楽天グループでのショッピングに利用すると、楽天ポイントが通常の5倍(通常ポイント1%、期間限定ポイントが4%)付与される高還元率が特徴です。

通常ポイントは利用代金に割り当てることができます。期間限定ポイントは利用代金に割り当てられませんが、楽天グループでのショッピング、楽天ペイにチャージしての利用が可能で、使い勝手の良さも魅力です。

楽天プレミアムカード

国際ブランド

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 1%~15% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 300万円 無料

まとめ

会社名のつけ方について、押さえておくべき6つのポイントや、キャッチコピーの検討時にも使われる5iルールなどを紹介しました。

なかなかイメージが湧きにくい場合は、実際に会社名をいろいろ探してみたり、クラウドソーシングサービスでネーミングの募集を試してみたりするのもひとつの方法です。

キャッチコピーを検討する場合、候補の名前を何百と考え、精査していくことでより良い会社名に絞りこんでいきます。

会社名も、調べないといけないことがたくさんあり大変ですが、良い名前を見つけて命名できれば、嬉しさもひとしおです。

自分でも納得いく会社名をつけて、創業の準備を進めてくださいね。

こちらを向いて立つ女性

2019.11.26

起業の手順と必要なものは?注意点とビジネスに役立つおすすめ法人カード3選も紹介

起業をするにあたり、個人事業から大きな会社を作るまでと規模はさまざまですが、十分な準備や用意をせずに事業をはじめる方もいるのではないでしょうか。確かに「勢いで起業したら成功した」というケースもありますが、それはあくまでも結果論です。多くが準備不足によって起業後に大変な思いをしたり、事業を畳んだりするケースが圧倒的に多い状況でしょう。そこで本記事では、これから起業をする方に向けて以下の内容をまとめています。・起業までの具体的な流れ・起業にお金が必要な理由・起業後に注意したい3つのポイント・起業する方におすすめの法人カード3選「起業したいけれど何をどうしたら良いかわからない」という方は、最後までチェックしてみてください。起業に関する知識を得られるほか、最適な法人カードへの申し込みが叶うようになるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

法人カードランキング

目的別

掲載法人カード

人気の記事

新着記事