JCB法人カードの限度額とは?概要と増枠するための方法も解説

打ち合わせ中の男性ビジネスマン

法人カードを持つのであれば、日本発の国際ブランドで国内加盟店数も多いJCBで発行したいと考える法人代表者や個人事業主の方も多いかと思います。

法人カードを持つ前にはカードスペックをチェックすることが重要で、その中でも実際に使える限度額がどのくらいになるのかは利用の際の大きなポイントとなるでしょう。

なぜなら、限度額が低ければ経費の支払いが足りなくなりますし、多ければ余裕を持ったビジネスがおこなえるようになるからです。

そこで今回はJCBで法人カードの作成を考えている方に向けて、限度額の基本的な知識や限度額の増枠について解説しています。

記事を通してJCB法人カードの限度額についての理解が深まるはずなので、ぜひ最後まで読チェックしてみてください。

ランクごとに異なるJCB法人カードの限度額

JCBの発行する法人カードには以下の3つのランクがあり、設定される限度額が異なります。

こちらでは各ランクの限度額について詳しく解説していきます。

一般カード

JCB公式ホームページで確認すると、一般カードで利用できる限度額は10~100万円となっています。

JCBの発行する法人カードの中でステータスも限度額も一番低いですが、審査通過難易度も一番低いです。

また、年会費は1,250円(税別)とリーズナブルなうえにインターネットからの入会で初年度年会費無料などの特典もあります。

  • そこまで高い限度額は要らないから年会費の価格重視
  • 他にも法人カードを保有しているから維持費をかけずにサブカード的な1枚が欲しい

上記以外にも、まずは一般カードを利用して良好な実績を築き、その後ゴールドカードにステップアップしたい方などにおすすめです。

JCB法人カード 一般

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別) 0.5%~1.0% Oki Dokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
通常2~3週間 公式サイト参照 無料

ゴールドカード

ゴールドカードになると、利用できる限度額は50~250万円にまでアップします。

年会費は10,000円(税別)になりますが、一般カード同様にインターネットからの入会で初年度年会費は発生しません。

また、海外旅行傷害保険も最高1億円が補償されたり、ショッピングカード保険が国内外で最高500万円が補償されたりするなど、内容も充実しています。

高額な経費の支払いに対応できる限度額が確保されていて、かつ国内でも海外でもさまざまなビジネスシーンで活用できる法人カードが欲しいのであればゴールドカードがおすすめです。

そして、ゴールドカードで良好な利用実績を築けば、その上のランクのプラチナカードの入手も現実化してくるでしょう。

JCBゴールド法人カード

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別) 0.5%~1.0% Oki Dokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
通常2~3週間 公式サイト参照 無料

プラチナカード

JCB法人プラチナカードの限度額は150万円~となっていて、上限についての情報は公式ホームページでも明かされていません

審査に通過すれば最低でも150万円の限度額は保証されますが、それ以上の金額が設定されるかどうかは事業実績や代表者の個人信用情報によって変わってきます。

なお、JCB法人プラチナカードは他カード会社のプラチナカードでは一般的なインビテーション制を採用していません。

十分な利用限度額が設定されるのをはじめ、コンシェルジュデスクや空港ラウンジの利用などサービス内容に申し分のない1枚です。

JCBプラチナ法人カード

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
30,000円(税抜) 30,000円(税抜) 0.49%~ Oki Dokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
通常2~3週間 公式サイト参照 無料

ただし、順序としてはまずは一般カード・ゴールドカードを取得して良好な利用実績を築き、そこからランクアップを目指すのが流れとしておすすめでしょう。

ゴールドカードも含めて、JCBでの利用がまったくない方は信用力を判断しにくいことを理由に審査落ちする可能性が大です。

次にJCB法人カードの限度額について、あらかじめチェックしておきたい重要なポイントを7つ解説します。

JCB法人カードの限度額における7つの重要なポイント

JCB法人カードの限度額については、以下の7つのポイントが重要となるのでチェックしておきましょう。

  • 限度額は1ヵ月あたりに使える金額ではない
  • JCB法人カードの限度額は審査で決まる
  • 最初から限度額の上限突破は困難
  • 設定される限度額は追加カードの利用も含まれた金額
  • JCBカードを複数枚持っている場合は1番高額なカードが限度額
  • 1ヵ月分の予定利用金額×2+0.4倍の申請がおすすめ
  • 法人代表者の利用実績も重視される

後で「こんなの知らなかった」とならないように、チェックしておいてください。

限度額は1ヵ月あたりに使える金額ではない

たとえば限度額100万円の場合、「1ヵ月あたり100万円まで決済できる」と考えるかもしれませんが、それは違います。

たしかに「そのカードをどのくらい利用できるかの上限」が限度額ですが、支払われていない金額の上限になるので注意してください。

例:限度額100万円で月末締め・翌月20日払いの法人カードの場合
8月1日~31日での1ヵ月間で経費に70万円利用、支払いは翌月の9月20日です。 9月20日が来るまで70万円の支払いは終わらないので、それまでは限度額100万円から利用分60万円を差し引いた30万円しか使えないことになります。

JCB法人カードの限度額は審査で決まる

JCBにかぎらず、どのカードにも共通して言えることですが、限度額は審査で決定します。

たとえば限度額が50~250万円となっている場合、審査結果で「使えるのは100万円まで」というように決まるわけです。

また、最低ラインの50万円が設定されることも珍しくありません。

限度額がどのように決まるのかは公表されていませんが、必ずしも希望どおりにはならないことは覚えておいてください。

最初から限度額の上限突破は困難

法人カードには最大限度額がありますが、入会したばかりの頃はこの上限いっぱいの金額が設定されることはないと思って良いでしょう。

なお、どのくらいの金額が設定されるのかはすでに説明したように審査結果で決まり、それぞれに異なります。

まずは毎月利用して返済をしっかりとおこなうことを継続し、カード会社からの信頼を得られるようにしてください。

そうすることで増枠申請にも通過しやすくなり、限度額の上限突破も現実化するはずです。

設定される限度額は追加カードの利用も含まれた金額

限度額は本会員カードだけでなく追加カード利用分も含めた利用上限となる」ということも、注意すべきポイントです。

各カードに限度額の設定はありません。

本会員カードと追加カード、発行したすべてのカードで一つの限度額内におさめた利用する必要があるのです。

たとえば限度額が200万円であれば、すべてのカードで200万円以内の利用に納めなくてはなりません。

もちろん限度額以上は使えませんから、後で決済ができなくて困るなどのことがないよう、毎月すべてのカードでどのくらいの金額を決済するのかをあらかじめシミュレーションしておくのがスムーズでしょう。

JCBカードを複数枚持っている場合は1番高額なカードが限度額

複数枚のJCB法人カードを持っている場合、1番高額なカードの限度額が全体のリミットとなります。

  • 法人カードA:限度額100万円
  • 法人カードB:限度額150万円
  • 法人カードC:限度額70万円

上記を見ると「合計320万円使える」と思うかもしれませんが、実際はカードBの150万円が3枚分のカードの合計限度額となるのです。

1ヵ月分の予定利用金額×2+0.4倍の申請がおすすめ

法人カードの限度額として望ましい金額は1ヵ月あたりの利用経費総額×2+0.4倍と考えると良いでしょう。

たとえば、毎月の経費総額が50万円であれば120万円、毎月100万円であれば240万円となる計算です。

支払いが済んでいない金額を除いた分が、現時点で決済のできる限度額になります。

2ヵ月分に+0.4とすることで余裕を持たせられるので、経費の支出に多少の変動があっても限度額オーバーで足りないという事態は避けられるでしょう。

法人代表者の利用実績も重視される

法人カードの審査では、事業の実績以外に申込者となる代表者の利用実績が重視されます。

利用実績について具体的に解説すると、代表者がこれまでに利用したクレジットカードやローンなどの申し込み履歴や返済状況などのことです。

毎月しっかりと利用をして延滞なく返済をおこなっていれば利用実績は良好なものが築かれるので、カード会社は「返済能力がある」と判断。

審査通過はもちろん、限度額を高めに設定したい場合にも有利でしょう。

しかし、毎月の返済が頻繁に遅れていたり、そのまま未払いが残っていたりしたら「返済能力はない」と判断されてしまいます。

カード会社も貸し倒れのリスクを避けたいので、審査通過が不利なのはもちろん、通過しても限度額を最低ラインに設定してくる可能性が高いです。

なお、債務整理をおこなっている方の場合は、限度額の設定以前に審査通過すらしません。

JCBの法人カードの限度額が足りないと感じた場合、増枠の申請をおこなうことが可能です。

次で増枠について詳しくまとめたのでチェックしておきましょう。

JCB法人カードの限度額は増枠が可能

最初に希望した限度額が設定されなかったとしても、後で増枠の申請をすることが可能です。

たとえば、初期設定の限度額は50万円だったとしても、後に増枠申請をして150万円まで限度額が引き上げられたケースなども見られます。

利用しながら必要に応じて増枠することを検討してください。 そのほかにも増枠には恒久的な増枠だけでなく、一時的な増枠もあります。

「この月だけどうしても経費の支払いが増加してしまう」などのときは、増枠審査が比較的通過しやすい一時的な増枠を申請するのが良いでしょう。

それでは、増枠についてさらに詳しく解説していきます。

毎月利用限度額上限まで使って返済日を守ることが重要

一般的にカード会社は
「毎月、しっかりと利用してくれる」
「遅れることなく返済をしてくれる」
方を優良顧客と見なします。

具体的にどのくらいの金額を利用すれば良いのかは公表されていません。

しかし、JCB法人カードを限度額上限まで使い、滞りなく返済をおこなっていれば
「返済能力がある」
「限度額をアアップしても貸し倒れることなく返済をしてもらえる」
と判断され、増枠審査に通過しやすくなるでしょう。

増枠申請する場合方法は2つ

JCB法人カードは審査によって限度額が決まりますが、カード発行後に限度額を増枠することができます。

増枠の申請をする方法は大きく2つに分かれているので自身が利用しやすい方を選んでください。

審査難易度や増枠申請をする際に注意したいことも含めて、以下でまとめてみました。

通常の増枠

1つ目の方法は通常の増枠になります。

JCBに増枠の申請をして承認されれば、特別な理由がないかぎり新しく設定された限度額でJCB法人カードの利用が可能です。

仮に限度額が100万円から200万円に増枠されたら、自ら解約をしない以上、基本的に200万円の限度額を使えるということです。

「今の限度額では経費の支払いが足りなくなりそう」
「これから経費の支払いが確実に増加する」
などの状況であれば、通常の増枠の方法でカードの限度額をアップさせましょう。

注意点として、JCBカードで増額するには「新規入会後から6ヵ月以上経過」している必要があります。

増枠をしてからさらに増枠をしたい場合も、一度目の増枠をしてから6ヵ月以上経過していることが条件となるので注意しましょう。

一時増枠

2つ目の方法が一時増枠になります。

特に申請のための条件はないので、JCBカード入会後すぐに一時増枠することも可能です。

先に解説した通常の増枠とは異なり、設定される限度額は一回かぎりのもの。

1万円以上500万円まで、1万円単位で申請可能で、支払い方法は1回払いのみとなります。

たとえば、この月は海外出張が連続してある、仕入れ代金の支払いが多いなど、高額な経費の支払いが必要な場合に活用するのが理想的でしょう。

また、一時増枠の方が通常の増枠よりもカード会社にとってリスクが小さいことから、増枠審査に通過しやすいのもポイントです。

限度額の増枠に良好な利用実績は必須

限度額の増枠を申請するにあたっては、これまでのJCB法人カードの利用実績が重要となります。

引き落とし日に利用代金を支払えないことが1度でもあれば、増枠申請しても却下となる可能性が高いでしょう。

支払いができなかった=また支払い日を守ってもらえず、増枠しても貸し倒れにつながるのではないか
などと疑われるからです。

まったくJCB法人カードの利用実績がなく、いきなり増枠の申請だけおこなった場合も却下されるでしょう。

これまで利用がなかったのに増枠申請があることで「計画的破産でも考えているのではないか」などとJCB側に受け止められるのが自然です。

限度額の増枠申請は公式ホームページから手続き

JCB法人カードの限度額を増枠したい場合、会員専用サイトのMyJCB、もしくは電話で申請手続きをおこないます。

注意点として電話で申し込みをする際は、継続的な増枠なのか一時的な増枠なのかの希望をオペレーターに伝えるようにしてください。

確認・審査期間は即時~最大3営業日となります。

JCB法人カード 一般

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別) 0.5%~1.0% Oki Dokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
通常2~3週間 公式サイト参照 無料

JCBゴールド法人カード

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別) 0.5%~1.0% Oki Dokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
通常2~3週間 公式サイト参照 無料

JCBプラチナ法人カード

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
30,000円(税抜) 30,000円(税抜) 0.49%~ Oki Dokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
通常2~3週間 公式サイト参照 無料

まとめ

JCB法人カードの限度額の知識について詳しく解説してきました。

最後に記事のポイントを整理していきましょう。

  • JCB法人カードのランクごとに限度額は異なる
  • 1ヵ月あたりに使える金額=限度額でない
  • JCB法人カードの限度額は審査で決まるので希望どおりの金額に設定されないこともある
  • 限度額の増枠には通常の増枠と一時的な増枠がある
  • JCBカードの利用実績しだいで増枠の審査に落ちる場合がある

基本的に毎月しっかりと利用をして返済も遅れずにおこなっていれば増枠審査に落ちることは避けられるでしょう。

まずは、自身がJCB法人カードを毎月どのくらい利用するのかを知って適したカードを取得し、その後利用状況に応じて増枠申請をしていってください。

ミーティングで内容を徹底解説する女性ビジネスマン

2019.10.25

審査落ちしにくいビジネスカード!JCB法人カードの魅力を徹底解説

新たに事業を立ち上げ、ビジネスカードを持ちたいと考えているものの、 「数多いビジネスカードの中からどれを選べばよいのかがわからない」 「審査落ちしてしまって履歴に残るのが怖い」 という方も多いのではないでしょうか。実際、ビジネスカードにはたくさんの選択肢があります。 また、 「自分の状況にもっとも適したカード、審査落ちしにくいカードを探したいけれどそんな時間がない」 「できるならメリットが多くて審査に落ちにくいビジネスカードを」という若手経営者・個人事業主の方の声に対し、おすすしたいのがJCB法人カードです。 ここでは、ビジネスカードに入会するメリット、審査落ちする危険性などを解説しつつ、審査落ちしにくい法人カードとして有名なJCB法人カードの魅力を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

法人カードランキング

目的別

掲載法人カード

人気の記事

新着記事