法人ガソリンカードでガソリン代をお得に!選ぶ際のポイントとおすすめカードの紹介

ガソリン 計算

ガソリンや軽油の価格は、1円2円の値段が大きな違いになります。社用車を多く抱える法人の場合、少しでも安く給油をする方法はないかと考えることも多いのではないでしょうか。

そんな法人におすすめなのが法人ガソリンカードの導入です。石油元売り各社が発行する法人ガソリンカードを利用すれば、ガソリンや軽油をお得に給油できるだけでなく、経費管理の一元化も実現できるようになります。

本記事では法人ガソリンカードについて、以下の情報をまとめました。

  • 法人ガソリンカードにはどんな特徴があるか
  • 法人ガソリンカードのメリットとデメリット
  • 法人ガソリンカードを選ぶ際にチェックしたいポイント

あわせて年会費無料で持てる法人ガソリンカードや審査なしで持てる法人ガソリンカードもピックアップしています。一読すれば自社に合った法人ガソリンカードを絞り込めて、スムーズな申し込みが可能になるでしょう。 ぜひ、最適な法人ガソリンカードを導入して、給油代の節約や経費管理に役立ててください。

法人ガソリンカードの特徴

給油とカード

法人ガソリンカードとは法人カードのカテゴリの中の一つで、簡単に言えば「通常価格よりもお得にガソリンの給油ができるカード」です。

最初に法人ガソリンカードの特徴として、下記の内容についてまとめています。

  • 法人ガソリンカードは大きく2種類に分かれる
  • 法人ガソリンカードの審査基準

どんな内容なのか早速チェックしていきましょう。

法人ガソリンカードは大きく2種類に分かれる

法人ガソリンカードは「クレジット機能付きのカード」「クレジット機能なしのカード」の大きく2種類に分かれます。

クレジット機能付き

法人カードに加えて「ガソリンが安くなる」特典が付いたカードがクレジット機能付きの法人ガソリンカードです。

クレジットカード会社と石油元売り各社が提携して発行するカードで、年会費無料のものも存在します。主なサービス内容は提携するガソリンスタンドとカードブランドによって違うため、いくつかのカードの比較が必要です。

クレジット機能なし

クレジット機能なしの法人ガソリンカードはガソリン給油決済専用のカードで、クレジットカードと異なります。また、クレジット機能付きのようにガソリンが安くなる特典は付きません。

入会時の審査が不要で年会費やカード発行手数料は発生しませんが、入会時に出資金が必要です。

クレジット機能付きとクレジット機能なしの違い

クレジット機能付きとは大きく違う点として、クレジット機能なしには「最初に登録した車両限定で使える」という特徴があります。

油明細書も車両ごとの発行となるため、どの車にどれだけの給油をしたかの管理も簡略化できるでしょう。その他にも社員が間違って別の車や私用で給油することを防げます。ただし、ガソリン価格やサービス内容の魅力がクレジット機能付きの法人ガソリンカードと比べて弱いです。

審査に通過する自信がない、車両ごとにカードを発行したいなどの事情がない場合以外はクレジット機能付きを選ぶのがおすすめです。

法人ガソリンカードの審査基準

クレジット機能付きの法人ガソリンカードは申し込み時に審査が行われます。審査基準となるのは以下のポイントです。

  • 代表者のクレヒス
  • 会社設立からの期間
  • 会社の経営状態

それぞれ見ていきましょう。

代表者のクレヒス

法人ガソリンカードの審査では法人だけでなく、代表者自身も審査対象となるので注意してください。

その際の絶対条件が、法人代表者の良好なクレジットヒストリー(クレヒス)です。過去に債務整理を行っていたり、長期延滞をしていたりする場合は審査時に不利となる可能性が高くなるでしょう。

会社設立からの期間

法人ガソリンカードの審査では、会社設立からの年数も重要度が高いです。

一般的なボーダーラインは「会社設立から3年」となり、法人設立後3年以内の場合はそれだけで審査通過しない傾向があります。理由は、設立後間もない会社の多くが経営の軌道が乗らずに、倒産する可能性が高いからです。

しかし、会社設立から3年以上経過していても確実に審査通過するわけではありません。各カード会社の審査項目で明確な表記がされているわけでもなく、あくまでも基準となる目安です。

実際に会社設立後2年で審査に通過したケースもありますし、4年でも審査落ちしたというケースもあります。

会社の経営状態

法人ガソリンカードの審査において、会社の経営状態も大きな影響を与えます。

当然ながら、黒字が続く会社は審査の際に有利です。その一方で赤字が続く場合は収益が安定しないことから倒産の可能性も高まります。

カード会社は貸し倒れのリスクは回避したいため、赤字経営の場合は「返済能力がない」と判断されるのは仕方がないことでしょう。

ゴールドカードへのステップアップは一般カードで実績を積んでから

ゴールドカードよりも一般カードの方が審査難易度は低めです。その一方で、ゴールドカードは一般カードと比べて審査難易度が高めになります。

法人ガソリンカードに初めて申し込む場合、できるだけ審査に通過しやすい一般カードを選ぶのがおすすめです。そして、一般カードで利用実績を積んでからゴールドカートへステップアップする流れの方がスムーズでしょう。

法人ガソリンカードのゴールドカードには以下の3つがあります。

  • コスモコーポレートJCBカードゴールドカード
  • シェルビジネスカードゴールドカード
  • シナジーJCBゴールド法人カード

法人カードのゴールドカードの中で、上記の3つの取得難易度はそれほど高いわけではありません。経営状況が安定していて、法人代表者のクレヒスも良好であればゴールドカードにチャレンジするのも良いでしょう。

次は法人ガソリンカードのメリットとデメリットをまとめています。

法人ガソリンカードのメリットとデメリット

ガソリンスタンド アップ

法人カードを導入するにあたり、メリットとデメリットを知っておくことも大切です。こちらでは、メリットとデメリットのそれぞれに分けて解説します。

法人ガソリンカードの4つのメリット

法人ガソリンカードを導入することで、現金で給油する際にはないメリットを受けられます。

メリットとして挙げられるのが主に以下の4つです。

  • ガソリン代の割引を受けられる
  • 経費管理と事務処理の負担を軽減
  • 給油でポイントが貯まる
  • 法人カードのクレジットカード特典が付帯

具体的に確認していきましょう。

ガソリン代の割引を受けられる

クレジット機能付きに限定されますが、法人ガソリンカードの最大のメリットが「ガソリン代の割引を受けられる」ことです。ガソリンの通常価格から1リットルあたり数円単位で値引きされたり、利用額に応じたキャッシュバックがあったりするなど、給油する機会が多いほどお得になります。

しかし、1リットルあたりの割引はカードそれぞれに違いがあるため、申し込む前に「どれだけの割引があるのか」という点をチェックする必要があるでしょう。

経費管理と事務処理の負担を軽減

ガソリン代の割引以外に経費管理と事務処理の負担を軽減も可能です。

社用車に給油した場合、社員が一時的に給油代を立て替える必要があります。そして、後から立て替えたお金を精算しなければなりません。これが数件ならまだしも、社用車を何台も抱えている会社の場合は事務処理が膨大な量になるでしょう。そのことが原因で、ミスや漏れなどを引き起こす可能性もあります。

そこで、法人ガソリンカードを利用すれば給油代の決済は一括して行うため、事務処理の簡素化が実現できます。その他にも利用明細はすべてウェブ上で確認できますから「無駄な給油はないか」なども一目で分かり、経費管理がしやすくなるでしょう。

給油でポイントが貯まる

法人ガソリンカードで支払いをすることで、利用金額分に応じたポイントが貯まることも導入のメリットです。

たとえばポイント還元率が0.5%で年間300万円利用した場合、獲得できるのは15,000ポイント(15,000円分)になります。15,000円あれば事務用品の購入をはじめ、直接的な経費削減につながるでしょう。

法人カードのクレジットカード特典が付帯

法人ガソリンカードはガソリン代が割引されるだけでなく、その他にも法人カードとしての特典を利用できます。

出張時に役立つ航空券を予約できるサービスをはじめ、オフィス用品を優待価格で購入できるなどさまざまです。上手に活用すれば経費削減につながりますし、現金払いやクレジット機能なしのガソリンカードでは得られないメリットになります。

カードによってスペックは異なるので、各カードを比較して自社に利用価値のあるサービス内容が揃った1枚を選ぶようにしてください。

法人ガソリンカードの3つのデメリット

メリットが豊富な法人ガソリンカードですが、デメリットもあります。

  • 割引は特定のスタンドのみ適用
  • 不正利用の対策が必要
  • 高速道路のスタンドは割引にならないことが多い

ただ、使い方や管理の仕方しだいでは、これらのデメリットは導入を迷う直接的な理由にはなりません。 こちらも詳しく見ていきましょう。

割引は特定のスタンドのみ適用

割引対象になるのは、基本的に特定のガソリンスタンドで給油した場合のみとなります。

法人ガソリンカードは石油元売り各社ごとに発行され、「エネオス」「昭和シェル」「エッソ・モービル・ゼネラル」などが代表的です。そして、カード発行会社で給油する場合のみに割引適用されます。

  • 会社近くに対象のガソリンスタンドはあるのか
  • 利用頻度の高いガソリンスタンドなのか

この2点は確認してから申し込まないといけません。その他にも高速道路を利用して出かける場所があるのでしたら、対応できるガソリンスタンドの数も考慮するポイントになってくるでしょう。

不正利用の対策が必要

法人ガソリンカードは、社員がマイカーに給油してしまうなどの不正利用(私的利用)が起こりやすいです。

特にセルフのガソリンスタンドは利用明細に車輌番号(車のナンバー)の記載がないことから、不正利用がしやすいでしょう。その一方でセルフではないガソリンスタンドは「利用日時」「車輌番号」「利用ガソリンスタンド」の3点が記載されます。

法人ガソリンカードは経費管理の効率化に優れていますが、あらかじめ「セルフのガソリンスタンドは利用しない」などの社内ルールを整備しないと不正利用が横行してしまうでしょう。

高速道路のスタンドは割引にならないことが多い

一般道路と比較してガソリン代が高めの高速道路で割引適用にならないことが多いです。

カードの公式サイトに「全国統一価格で給油できる」と書かれていても、実際は安くなっていません。「高速道路での給油は対象外です」と注意事項欄に書かれている場合もありますが、基本的に高速道路の給油は例外と考えた方が良いでしょう。

次に解説するのは、法人ガソリンカードを選ぶ際の2つのチェックポイントです。

法人ガソリンカードを選ぶ際の2つのチェックポイント

ポイント 示す男性

実際に法人ガソリンカードを選ぶ際にチェックするべきポイントは以下の2つです。

  • 年会費
  • 給油可能なスタンドの数

これらを把握しておけば、法人ガソリンカード選びがスムーズになります。

年会費

「ガソリン代の割引を受ける」ことが法人ガソリンカード最大の魅力ですが、そのための年会費が高額になると導入の目的が薄れます。

しかし、年会費無料のカードが必ずしも良いとは言い切れません。法人カード付帯のサービスや特典内容のメリットもあるので、年会費とのバランスを考慮して選ぶことが大切です。

給油可能なスタンドの数

いくら割引率の高い法人ガソリンカードを導入しても、給油可能なスタンド数が少なければ意味をなしません。

まずは利用頻度の高いガソリンスタンドを絞って、その中から法人ガソリンカードを発行するのが効率的でしょう。

法人ガソリンカードを選ぶ際にチェックするべきポイントを知ったところで、次は初年度年会費無料の法人ガソリンカード2選を紹介します。

初年度年会費無料の法人ガソリンカード2選

年会費を比べる カード

初年度年会費無料の法人ガソリンカード2選をご紹介します。それぞれの法人ガソリンカードを比較して最適な1枚を見つけてください。

シナジーJCB法人カード

シナジーJCB法人カード」はENEOS・エッソ・モービル・ゼネラルとJCBが提携して発行する法人ガソリンカードです。

月間利用金額に応じて、最大7円/リットル引きでガソリン・軽油を給油できます。また、新規入会1ヵ月は利用金額に関係なく100リットルまで7円/リットルの値引き対象です。

JCBの付帯サービスに加えてクラブオフの各種優待も受けられるため、福利厚生にも役立ちます。

年会費 初年度:無料
2年目以降:1,375円(税込)
追加カード 初年度:無料
2年目以降:1,375円(税込)
ETC 無料
申込資格 18歳以上の法人・個人事業主の方
国際ブランド JCB

シェルビジネスJCBカード

シェルビジネスJCBカード」は昭和シェル石油とJCBが提携して発行する法人ガソリンカードです。

月間利用金額が最大100万円以上で利用金額の3%・年間最大18万円までのキャッシュバック還元を受けられます。月間利用金額が5万円未満の場合は対象外ですが、昭和シェル石油での利用分は2倍にカウントされるため達成は比較的簡単でしょう。

昭和シェルのガソリンスタンドで給油した分以外にも、航空券代に高速料金、宿泊料金などの旅費もキャッシュバック対象になります。

年会費 初年度:無料
2,200円(税込)
追加カード 初年度:無料
2年目以降:2,200円(税込)
ETC 無料
申込資格 18歳以上の法人・個人事業主の方
国際ブランド JCB

最後に審査なしで持てる法人ガソリンカードについてご紹介します。

審査なしで持てる法人ガソリンカード

without-examinations

クレジット機能がなく、審査なしで導入できる法人ガソリンカードをご紹介します。さまざまな理由で審査を通過する自信がない場合、こちらを選択肢にしてください。

ETC協同組合ガソリンカード

高速情報協同組合法人ガソリンカード」は審査なしで法人ガソリンカードを導入できることから、法人カードの審査基準を満たしていない方でも問題なく持てるでしょう。

年会費や発行手数料も無料となり、何枚でも発行可能です。最初に出資金1万円の預け入れが必要ですが、脱退時に返金されます。

ただし、給油価格は全国統一になるため、割引がないことに注意が必要です。その他にもクレジット機能がないことからポイントの付与もありません。

まとめ

本記事では、ガソリン・軽油の給油でお得に利用できる法人ガソリンカードについてご紹介しました。

法人ガソリンカードを導入する場合、まずはクレジット機能付きかクレジット機能なしかを選び、そのうえで会社近くにあるガソリンスタンドや利用頻度でどのカードに申し込むのかを決める流れになるでしょう。

また、ガソリン代の割引を受けたり給油でポイントが貯まったりするなどのメリットを活かせば、経費削減にもつながります。毎月の利用金額が大きければ大きいほどにビジネスの手助けにもなるはずです。

今回の記事を参考にして、自社に合った法人ガソリンカードを選んで申し込みをしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

法人カードランキング

スポンサーリンク

目的別

掲載法人カード

人気の記事

新着記事