フリーランスになるには?行うべきことと導入したいおすすめカード5選

パソコンの前で何かを書く女性

近年、就職をせずにフリーランスの道を選ぶ大学生がいるなど、「新卒フリーランス」という言葉を耳にする機会が増えています。また、会社員の方がフリーランスに転向したり、興味を持っていたりすることも多いです。

定着しつつある「フリーランスで働く」ということですが、何となくのイメージはできるものの具体的な詳細はよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はフリーランスとは一体どんなことなのか、フリーランスの働き方、これからフリーランスになろうと思っている方がやるべきことを解説し、その後にフリーランスになることのメリット・デメリット、フリーランスが作成しやすいおすすめ法人カードもご紹介します。

記事を最後まで読むことでフリーランスになるために必要なこと、フリーランスになったことでどんな状態になるのかなどを理解できるようになるでしょう。

フリーランスとは働くスタイルのこと

PCで増額を検討する女性

フリーランスとは会社や団体などに所属せず、個人でクライアントとの仕事の契約を結んで働くスタイルのことです。

職種はさまざまですが、ライターにウェブデザイナーにカメラマン、イラストレーターにプログラマーなどがあり、自分の才覚にて仕事を得ている方と言えるでしょう。

なお、会社と仕事の契約を結んで仕事をする場合がありますが、このときに雇用関係は成立しません。

毎朝この時間に出社して何時間労働しなくてはならないなどの就業規則もないので、自分自身で働く場所や時間を自由に設定できるのもフリーランスの特徴でありメリットです。

収入の面も給与制ではなく報酬制です。契約した仕事がしっかりと完了すれば、契約どおりの報酬が支給されます。

フリーランスと名乗った時点で肩書きが手に入る

フリーランスになるために必要な法的手続きなどはないので、自分自身でフリーランスであることを名乗った時点で肩書きも手に入ります。

フリーランスに近い立場として「個人事業主」がありますが、こちらは「事業を法人ではなく個人で行う方」で、税務署に開業届の提出済の方です。

いずれも決まった会社や団体に所属せずに業務を行い、給与制ではなく報酬制で収入を得ているので同じと解釈しがちですが、「フリーランス=個人事業主」ではありません。

個人事業主という括りの中にフリーランスの働き方があるとイメージするのが良いでしょう。

たとえば、個人でレストランや美容室を経営している方は個人事業主なことがほとんどですが、個人でクライアントと仕事を契約して報酬を得る働き方とは異なります。

フリーランスの働き方

フリーランスの働き方でポイントとなる点を2つ解説します。 

  • 定期的な仕事の受注が必要不可欠
  • クラウドソーシングの利用

働き方を理解していないと報酬を得ることができなくなるので、しっかりとチェックしておきましょう。

定期的な仕事の受注が必要不可欠

フリーランスは個人で仕事の契約をして報酬を得る働き方なので、定期的な仕事の受注を獲得することは必要不可欠になります。

まず、フリーランスでは会社員のような安定した収入が継続することはありません。契約の成立した仕事量や報酬単価によって毎月の収入が変動します。

仕事が多ければその分だけ収入は増えますし、その逆で仕事の契約が少なかったときは収入が下がってしまいます。

上記のことから、安定した収入のある会社員とは異なり、仕事のない状態はフリーランスにとって致命傷になりかねないのです。

クラウドソーシングの利用

定期的な仕事の受注が必要なことはわかったものの、簡単に仕事が見つからないと言う方におすすめなのがクラウドソーシングを利用することです。

クラウドソーシングとは「オンライン上で仕事の受発注が可能なサービス」のことで、新しい働き方として最近注目されています。

自分で得意分野の仕事を探すことができ、受注も上手く運べばもらえますし、クライアントとのやりとりも基本オンライン上で完結するため、海外からの仕事を受注することも可能です。

特にフリーランスになったばかりの方は実績がないため、仕事探しは困難な事が多いでしょう。そんなときは、まずクラウドソーシングで簡単な仕事をいくつかこなして実績を重ねることから始めてみてください。

そうすることで自分自身の信頼度が高まるだけでなく、クライアントにも好印象を与えられて、今後の仕事獲得の面でも有利に働きます。

フリーランスの働き方を知ったら、次は実際にフリーランスになったときに必要となることもチェックしておきましょう。

次はフリーランスになる前後にやっておきたいこととして重要になる5つのポイントを解説します。

フリーランスになる前後にやっておきたいこと5つ

フリーランスになる前後にやっておきたいことが、以下の5つです。 

  • クレジットカードやローンの契約
  • 自分磨きの時間を確保する
  • 人脈を作る
  • 環境を作る
  • 届出関係はしっかりと行う

詳しく解説していきましょう。

クレジットカードやローンの契約

フリーランスになる前にやっておきたいことの一つが、会社員などの給与所得があるうちにクレジットカードの作成や、マイホームやマイカーなどのローン契約をすることです。

カード会社や金融機関が審査をおこなう際、安定した収入を継続的に得られる会社員と自由に仕事を選んで働くフリーランスでは信頼度の高さが違います。

同じくらいの年収だった場合、会社員であれば審査通過しても、フリーランスでは審査落ちしたり利用できる金額を減額されたりするケースもあるのです。

自分磨きの時間を確保する

すでに解説したようにフリーランスは自身の才覚で仕事を得ますから、現在のスキルを向上させたり新しいスキルを身につけたりするための自分磨きが求められます。

フリーランスは会社員のように決まった時間で働く必要がありません。1日中仕事をしている日もあれば、そうでない日も出てくることでしょう。

その仕事をしない空いた時間の中で勉強する時間を作り、自分磨きをおこなう必要があるのです。

人脈を作る

フリーランスの仕事はクラウドソーシングの利用だけでなく、知人などからの紹介も多いので、そのための人脈を作っておくことも重要になります。

特にフリーランスになったばかりの頃は受注も定期的にないため、安定した収入を確保するのが難しいです。そんな中、少しでも仕事を獲得できる可能性を高めるために、窓口を増やしておくことは必要となるでしょう。

フリーランス仲間を頼ったり、フリーランス同士の情報交換会などに参加したりして、人脈を構築することを心がけてみてください。

それらの場で得た仕事をこなすことで、リピーターも仕事の受注も自然と増えて人脈も広がるようになります。

環境を作る

オンライン上での作業が多いフリーランスですので、インターネットやクライアントとのやりとりをおこなうツール、仕事をする際に必要となるサービスなどをそろえておいてください。

クライアントから仕事を受注する際に、相手側が指定したGoogleの各種ツールやChatwork(チャットワーク)、Skype(スカイプ)などのSNSに対応しなくてはならないケースもよくあるからです。

また、メールアドレスもプライベート用と分けて、仕事用を用意しておいた方が混同することもなくなるのでおすすめ。

その他にも人と会う機会がある職種でしたら、仕事用の名刺を作成しておくと便利です。

もし、自宅で仕事をしていて住所や電話番号の記載に抵抗がある場合は、バーチャルオフィスなどを利用するとスムーズでしょう。

届出関係はしっかりと行う

役所への届出関係もしっかりとおこなう必要があり、主に以下のようなものが挙げられます。

  • 健康保険
  • 国民年金
  • 開業届
  • 青色申告承認申請書

どのような届出があるのかをまとめてみました。

健康保険

会社員からフリーランスになる際に、国民健康保険の加入もしくは会社員のときに加入していた健康保険を最大2年間任意継続するか選ぶ必要があります。

2年間の任意継続を選んだ方が支払う保険料は安く済ませられますが、自分で計算するなどして納得できる方を選んでください。

手続きが遅れてしまうと病院の診察を受ける際に、医療費を一時的に全額自己負担する必要がでてくることも。

国民年金

健康保険以外に、加入する厚生年金から国民年金への変更が必要です。

会社退職と同時に国民年金へ自動的に切り替わることはありません。自ら役所へ届出をしないと、年金未納になってしまうので注意してください。

開業届

フリーランスは法人のように法務局で登記の必要はありませんが、税務署に開業届を提出する必要があります。

開業届の提出期限は開業後の1ヵ月ですので、遅れないように提出してください。

青色申告承認申請書

最大65万円の青色申告特別控除を開業初年度から受けるためには、「青色申告承認申請書」を開業から2か月以内に提出しなければなりません。

この期限を過ぎてしまうと青色申告特別控除をはじめ、赤字繰り越しなどの特典が受けられなくなるため、早めに届出をしてください。

ただし提出タイミングによっては2か月以内でも青色申告が使用可能となるのが次年度以降となる場合もあるので注意しましょう。

次にフリーランスになるメリットについて解説していきましょう。

フリーランスになる3つのメリット

草原でパソコンを開く女性

フリーランスになるメリットは大きく3つあります。 

  • 自分の好きな仕事が選べる
  • 自分の努力で収入を増やせる
  • 人間関係によるストレスが少ない

詳しい内容を見ていきましょう。

自分の好きな仕事が選べる

フリーランスは仕事の取捨選択ができるので、自分の好きな仕事を受注することが実現します。

会社員ですと自分の好きな仕事ができなかったり、業務の中に自分の苦手なことが含まれていたりすることもあるでしょう。しかし、会社の業務命令である以上は避けることができません。

フリーランスではそのような心配はなく、好きな仕事で強みを活かし、スキルアップや収入アップにつなげていけます。

自分の努力で収入を増やせる

一定以上の収入が期待できない会社員と異なり、フリーランスは自分のこなした仕事の数で収入をいくらでも増やせます。

その他にも報酬の高い案件を選べば収入は増えますし、自分自身のスキルや強みをクライアントに積極的にアピールすれば報酬アップが実現することもあるでしょう。

人間関係によるストレスが少ない

会社で働いていると人間関係がストレスになることは多くありますが、フリーランスでは上司と部下、先輩後輩などの関わりがまったくありません。

クライアントとのやりとりはあるものの仕事以上の関わりはないので、必要以上に神経を使うこともないでしょう。

ただし案件を受注する以上、最低限の社会人マナーだけは忘れないようにしてください。

次はフリーランスになるデメリットを解説します。

フリーランスになる3つのデメリット

壁にもたれる女性

フリーランスになるデメリットは以下の3つです。 

  • 収入が不安定になりがち
  • モチベーション維持が難しい
  • 社会的信用度が低い

具体的にどんなことがあるのでしょうか。

収入が不安定になりがち

フリーランスは仕事の受注数で収入が左右されるため、毎月安定した給料をもらえる会社員比較すると不安定になりがちです。

仕事をしたらしただけの収入は得られますが、仕事をまったく受注できなかったり、体調を崩して仕事ができなかったりした場合は収入が激減するでしょう。

モチベーション維持が難しい

仕事の環境にもよりますが、一人で仕事を淡々とおこなうフリーランスの方の場合、切磋琢磨できる相手がいないことでモチベーションが下がってしまうことがあります。

可能であれば、コワーキングスペースどを活用するなどして、常にモチベーションの維持ができる工夫を取り入れるようにしてください。

社会的信用度が低い

社会的な信用度が会社員よりも低いので、クレジットカードの作成やローン契約時などは不利となります。

特に開業したばかりの頃は審査落ちしたり、会社員よりも利用限度額が大幅に減ったりすることもあるでしょう。

最後にフリーランスが作成しやすいおすすめ法人カードを紹介します。

一般的に会社員よりも社会的信用度は低いとされていますが、カード作成ができないわけではありません。ぜひ チェックしてみてください。

フリーランスが作成しやすいおすすめ法人カード3選

電卓の上にクレジットカードが乗っている

フリーランスが作成しやすい法人カードは以下の3枚です。

  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
  • 三井住友クラシックforOwners
  • ライフカードビジネスライト

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」は、審査時に重要視されるのが個人の信用力なので、フリーランスになったばかりでも審査通過する可能性があります。

年会費は31,000円(税別)と法人カードの中でも高額ですが、最高1億円補償の海外旅行保険をはじめ、さまざまなサービスを付帯するカードです。

一律の利用限度額の設定がなく、入会したばかりの頃は利用できる目安金額は低めですが、事前承認制を導入していることから高額の決済にも対応できます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 31,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 審査基準による 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
新規入会後にカード利用で30,000ptプレゼント!

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

「三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)」は年会費が1,250円(税別)というリーズナブルさのうえに、インターネットからの入会で初年度無料です。

維持費をかけずに持てる法人カードですが、海外旅行保険は利用付帯で最高2,000万円の補償、ショッピング補償は海外のみですが最高100万円(年間)まで補償されます。

支払日を15日締め翌月10日、月末締め翌月26日で選べたり、支払い方法を1回払い・リボ払い・分割払い・2回払い・ボーナス一括払いなどから選べたりできるなど融通がききます。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別) 0.3%~0.5% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
10万円~150万円 500円(税別)

ライフカードビジネスライト

「ライフカードビジネスライト」は公式サイトで「フリーランスの方にも」という文言を入れているほどなので、フリーランスの方が持つ1枚におすすめできるでしょう。

年会費は無料なので維持費をかけずに持つことができますし、審査に必要なのも本人確認書類だけです。

保険付帯やポイントサービスはありませんが、この1枚で良好な利用実績を積んで、ワンランク上のカードを手に入れるという方法もあります。

ライフカード「ビジネスライト」

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短4営業日発行 10~200万円 無料

まとめ

フリーランスになるには特に必要な手続きなどはないことを解説しました。また、働き方にやるべきこと、その他にもフリーランスになることのメリット・デメリット、作成しやすい法人カードも紹介しています。

最後に記事のポイントを振り返りましょう。 

  • フリーランスと名乗った時点で肩書きが手に入る
  • 自分で好きな仕事を選べるが安定性に欠ける
  • 社会的な信用度が低いため、借入れの審査通過が難しい場合がある
  • 会社員からフリーランスになる際に届出が必要なものがある

会社員などと比べて不安定な部分もあるかもしれませんが、メリットも多くあります。

自分のスキルや強みを活かして自由に働きたい方は、ぜひフリーランスで仕事をしてみてはいかがでしょうか。

自営業でもクレジットカードを 持っておきたい! 個人事業主に法人カードをおすすめする 6つのメリット

2020.01.15

自営業でもクレジットカードを持っておきたい!個人事業主に法人カードをおすすめする6つの理由

仕事をしていると、思った以上にクレジットカードが必要になるシーンに出会います。ところがカードの必要性を感じて申込みをしてみても、厳しく審査されてしまうのが自営業を営んでいる個人事業主です。この記事をご覧になっている人の中にも、クレジットカードが発行されずに困っている方がいるのではないでしょうか。同じ自営業をしていても、審査に通ってカードが発行される人は大勢います。そのような人たちはちゃんと審査が通るための条件を整えているからで、それはあなたにも不可能なことではありません。自営業が審査に通るためのポイントについて把握し、ぜひクレジットカードを手にしましょう。カードがあれば得られる仕事上のメリットもいろいろあります。そのメリットについてもこの記事で一緒に把握しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

法人カードランキング

目的別

掲載法人カード

人気の記事

新着記事