フリーランス必見!個人事業主向けのクレジットカードの比較ポイントとおすすめカード3選

カード番号をPCで入力している女性

フリーランスの方の中には、

「個人事業主が作れる法人カードってあるの?」
「クレジットカードの選び方がわからない」

という方もいるのではないでしょうか。自分に合わないカードを選ぶと損をした気分になってしまうので、慎重に選びたいところです。

そこで今回は、個人事業主がクレジットカードを選ぶ際にチェックしておきたい比較ポイントを詳しく解説していきます。検討すべきポイントを知れば、使いやすくお得なカードを迷わず選べるようになるはずです。

個人事業主に便利なおすすめのクレジットカードも3枚厳選してご紹介するので、ぜひ最後までチェックしましょう。

個人事業主はビジネス専用のクレジットカードを持とう

屋外でタブレットを見ながら微笑む女性

フリーランス・個人事業主は、ビジネス専用のクレジットカードを保有することをおすすめします。

仕事用のクレカが欲しくて個人用のクレジットカードに入会する方もいるようですが、得策ではありません。ビジネス向けの仕様になっているカードのほうが何かと使い勝手が良く、仕事の効率性アップにも役立ちます。 

個人事業主が申込める「法人カード」もある

ビジネス専用のクレジットカードは、個人向けクレカと区別するために「法人カード」と呼ばれています。法人カードは基本的に法人格をもつ企業などが対象となっていますが、フリーランスや個人事業主でも申込めるものも数多くあるのです。

カードによっては、引き落とし口座を個人名義・屋号のどちらかを選ぶことができますし、個人事業主に特化した法人カードも存在します。

入会難易度はカードによって異なる

法人カードの審査基準や入会難易度はカードによってさまざま。細かい審査基準は公表されていないため実態は不明ですが、個人事業主も申込み可能な法人カードは、一般的な法人カードと比べると審査はあまり厳しくないといわれています。なぜなら、一般的な法人カードの入会審査では設立年数や決算書がチェックされることが多いからです。

その点、個人事業主にも門戸を開いている法人カードの中には、業績関連書類の提出が不要で、過去のクレカの利用履歴(クレジットヒストリー)に問題がなければOKという場合もあります。

次章では、個人事業主がビジネス用のクレジットカードを保有するメリット・デメリットについて解説します。

個人事業主がクレジットカードを保有するメリット・デメリット

個人事業無視のメリットデメリット

個人事業主が仕事専用のクレジットカードを保有することには、どのような意味があるのでしょうか。メリット・デメリットを確認していきましょう。 

公私の区別がつけられる

プライベートで使ったお金と仕事用の経費を、明確に区別できるところが仕事用のクレジットカードをもつ大きなメリットです。

経費をプライベート用のクレジットカードで立て替えておくこともできますが、それだと経費処理の時間と手間がかかり非効率です。その点、仕事専用のクレジットカードがあれば支払いの時点できっちり公私を分けることができ、経費処理がラクになります。

また、カード決済ならいつ・どこで・どれくらい利用したかが一目瞭然なので、確定申告の際も安心です。個人事業主は一人でさまざまな業務をこなす必要があるため、経費処理の手間が省けるのは助かります。

キャッシュフローを把握しやすい

クレジットカードはお店などで利用してから実際に支払う(口座から引き落とされる)まで1〜2ヶ月程度の猶予があり、キャッシュフローが把握しやすいです。

現金払いだと手持ちのお金が不足している場合に購入機会を逸してしまいますが、カード決済であれば支払いを先延ばしにできるため、機会損失を防ぐことにもつながります。 

さまざまな付帯サービスを利用できる

クレジットカードにはさまざまなサービス・特典が付帯していて、それらを活用できるというのも大きな魅力です。「出張に役立つサービス」「実務に重宝するサービス」などサービス・特典の内容はカードによってさまざま。

具体的な内容は次章で詳しく解説しますが、ご自身に合ったサービス内容のカードを選べばビジネスの効率性向上に期待できます。個人事業主は一人でさまざまな業務をこなす必要があるため、クレジットカードのようなアイテムを活用して本業に集中できるよう工夫しましょう。

デメリットは年会費がかかること

個人事業主が仕事用にクレジットカードを保有するデメリットは年会費です。

個人向けのクレジットカードには年会費無料のものも多いですが、年会費無料の法人カードはほとんどありません。年会費自体も個人向けクレカより高めなので、事業がまだ軌道に乗っていない場合や、カードの使用頻度が低いフリーランスにとっては負担に感じるかもしれません。

とはいえ、仕事用のクレジットカードの年会費は経費として処理することが可能なので、実質的な負担はないともいえます。

ここまで、個人事業主が仕事用のクレジットカードを保有するメリット・デメリットを確認しました。次章では、個人事業主がクレカを比較するチェック項目をご紹介していきます。

個人事業主向けクレカを比較する際に有用な9つのチェック項目

スマホで比較して検討する男性

個人事業主向けのクレジットカード(法人カード)を比較する際は、次の9項目に注目しましょう。

  1. 年会費
  2. 国際ブランド
  3. 限度額
  4. 分割払い・リボ払い
  5. キャッシング機能
  6. ポイント還元率
  7. 付帯保険
  8. 出張関連サービス
  9. ビジネス関連サービス

それぞれ詳しく見ていきます。

①年会費は高低さまざま

個人事業主でも申込むことができる法人カードは多岐にわたり、年会費もさまざまです。ライフカードビジネスのように年会費が永年無料というものもあれば、5万円以上する三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)のようなハイクラスカードも。

基本的に年会費は、そのカードのステータス性や機能性に比例します。法人カードには一般・ゴールド・プラチナの3つのランクがあり、年会費の相場は以下のとおりです。

一般:1,000〜2,000円程度
ゴールド:1〜3万円程度
プラチナ:3〜5万円程度

まずは予算で絞りつつ、ご自身のニーズを満たしてくれるカードかどうかを比較して選びましょう。

②ステータス性を気にするなら国際ブランドに注目

「クレジットカードはステータスも重要」「取引先の前でも堂々と出せるカードが欲しい」という場合は、国際ブランドで絞り込みましょう。

カードランクでもステータス性は変わりますが、「プロパーカードかどうか」によっても大きく左右されます。プロパーカードは国際ブランドを展開している企業が手掛けている自社カードのことで、発行しているのは以下のブランドです。

  •  アメリカン・エキスプレス(アメックス・ビジネス・カードなど)
  • ダイナースクラブ(ダイナースクラブカード)
  • JCB(JCBオリジナルシリーズ)

他社に国際ブランドのライセンスを提供しているカードは「提携カード」として区別されています。一般的に、プロパーカードは提携カードよりステータス性が高いと認識されているので、箔をつけたい方は上記ブランドがおすすめです。

③限度額が高いと急な支払いでも安心

いつでも支払いをスムーズに済ませるために、限度額をチェック・比較しておきましょう。限度額が低すぎると、急にまとまった金額の支払いが必要なとき困った事態になり兼ねないので要注意です。

法人カードの限度額(ショッピング枠)は、カードによって100万円、300万円、500万円などかなりの幅があります。カードの用途や利用頻度を考えて、安心できる限度額に設定可能なカードを選びましょう。

なお、入会審査により最初は10万円や30万円など低めに設定されることがありますが、実績を積んでいけば上限まで引き上げることは可能です。

④分割払い・リボ払いの有無

法人カードを選ぶ際は、必要に応じて分割払い・リボ払いの有無も確認しておきましょう。なぜなら、ほとんどの法人カードは一括払いしかなく、分割払いやリボ払いには非対応だからです。

一般的な企業にとっては、一括払い以外の支払い方法は手間やコストがかかってしまうため不必要となります。ですが、業績が安定していない小規模な会社や個人事業主の中には、分割払いやリボ払いが必要な場合もあるでしょう。

状況に応じた支払い方法を選びたい場合は、分割払いやリボ払いがあるオリコEX Gold for BizやJCB法人カードなどがおすすめです。 

⑤キャッシング機能があると心強い

企業のような資金力のない個人事業主にとっては、いざというときに現金を借りられるキャッシング機能が付いていると心強いです。

一般的な法人カードには、倒産などによる貸し倒れのリスクを防ぐためにキャッシング機能が付けられていません。しかし、P-One Business MasterCardや三井住友ビジネスカード for Ownersのように、企業の代表者や個人事業主向けの法人カードの中にはキャッシング可能なものもあります。

キャッシング=借金なので慎重に利用したほうが良いですが、急に現金が必要になることが想定される場合は利用枠・金利が合うカードを選びましょう。

⑥経費削減につながるポイント還元率

ポイント還元率が高ければ、事務用品の購入などに効率的に充てられて経費削減につながります。法人カードの還元率は0.5%程度が一般的なので、ポイントをしっかり活用したい場合はそれ以上の高還元カードを選びましょう。

出張で飛行機を利用することが多い方は、ポイントをマイルに換えられるカードもおすすめです。そもそもポイントサービスが付帯していないカードもあるので注意してください。

⑦トラブル時に頼りになる付帯保険

付帯保険が充実しているカードを保有していると、出張先などでトラブルに見舞われたときに大変頼りになります。

たとえば、出張で海外に行くことがある場合は海外旅行傷害保険が必須ですし、カードで機器類や割れものを購入することが多い場合はショッピング保険が手厚いと安心です。

保険の適用範囲や補償額はカードによって異なるため、安心できる保険内容のものを選びましょう。

⑧出張に役立つサービス

出張する機会が多い個人事業主の方には、空港ラウンジサービスや手荷物宅配サービスが利用できるカードがおすすめ。

空港ラウンジサービスが付帯していれば、フライト前に静かな空間で仕事をしたり、コーヒーを飲んでくつろいだりすることが可能です。また、手荷物宅配サービスは自宅まで無料でスーツケースを運んでもらえ、身軽に帰宅できるようになります。

こうした出張関連サービスは、ゴールドランク以上の法人カードが充実しています。

⑨実務をサポートするビジネス関連サービス

法人カードには、経理サポートや市場調査代行など実務に役立つサービスが付帯していることがあります。会計処理や確定申告をもっと効率化したいなど、日常業務をよりスムーズにおこないたい場合は、無料または優待価格でビジネス関連サービスが利用できるカードを選びましょう。

ここまで、個人事業主向けのクレジットカードを比較するポイントをチェックしました。最後の章では、フリーランスが使いやすいおすすめ法人カードを3枚ご紹介します。

個人事業主が使いやすいおすすめクレジットカード3選

デスク前にて計算している女性社員

個人事業主に特におすすめの法人カードは以下の3枚です。

なぜこれらがおすすめなのか、具体的に見ていきましょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

国際的に通用するアメックスのプロパーカードであり、なおかつゴールドカードなのでステータス性の高さが抜群です。格上のカードを持っていれば、会食などで取引先に見られても恥ずかしくありませんし、むしろ一目置かれて信用性アップにつながります。

年会費は31,000円(税別)ですが、空港ラウンジサービスや手厚い海外旅行傷害保険、飲食店の予約代行サービスなど付帯サービスが充実しているのでコスパも良好です。貯まったポイントはマイルに交換することも可能です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

Thumbnail amex business gold

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 (税別)31,000円 1.0% メンバーシップ・リワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約3週間程 審査基準による 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
新規入会後にカード利用で30,000ptプレゼント!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードでクレヒスを積もう

「起業したばかりでアメックスのゴールドカードはハードルが高い」という方は、まずは一般ランクのアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードで実績を積みましょう。

年会費は12,000円(税別)です。コツコツとカード利用を積み重ねていけば、カード会社から優良顧客とみなされてゴールドカード入会を招待されます。一般ランクからスタートしてクレヒスを積んでみてはいかがでしょうか。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

Thumbnail amex business

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
(税別)12,000円 (税別)12,000円 1.0% メンバーシップ・リワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約3週間程 審査基準による 500円(税別)

三井住友ビジネスカードfor Owners(クラシック)

三井住友カードが発行する設立間もない個人事業主に適したカードです。引き落とし口座として個人名義の口座を設定でき、分割払い・リボ払い・キャッシング機能もあります。

事務用品や宅配サービスを優待価格で購入できるビジネスサポートサービスも利用できるなど、国内利用中心の方に使いやすい仕様となっています。年会費は1,250円(税別)とリーズナブルです。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

Thumbnail smcc forowner v c rgb 180510

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜1,250円+税 0.3%~0.5% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
10万円~80万円 税別500円+税

オリコ EX Gold for Biz S

オリコ EX Gold for Bizは、年会費2,000円(税別)の格安法人ゴールドカード。法人向けの「Mタイプ」と個人事業主向けの「Sタイプ」に分かれています。

格安ながらも、空港ラウンジサービスやビジネスサポートサービスなど便利な特典が付帯し、分割払い・リボ払い・キャッシング機能も利用可能です。ステータス性は高くありませんが、コスパを重視する人はお得さを感じられるでしょう。

オリコ EX Gold for Biz

Thumbnail ex gold for biz master

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

-
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税抜) 0.6%~1.2% 暮らスマイル
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照 10万円~300万円 無料

まとめ

この記事の要点をおさらいしましょう。

  1. 個人事業主には経費管理や実務に役立つ法人カードがおすすめ 
  2. 年会費は、予算とカードランク・機能性を照らし合わせて選ぶ
  3. ステータス性が欲しいなら国際ブランドのプロパーカードがおすすめ 
  4. 必要に応じて限度額・支払い方法・キャッシング機能を選ぶ
  5. 保険が手厚いカードならトラブル時でも安心

法人カードというと企業向けのイメージがありますが、個人で働くフリーランスでも入会可能なカードは多くあります。さまざまな選択肢があるので迷うかもしれませんが、ご紹介した9つの項目に注目すればおのずと最適な1枚にたどり着くはずです。

ご自身にぴったりのクレジットカードを見つけて、ビジネスを一層充実させましょう。

自営業でもクレジットカードを 持っておきたい! 個人事業主に法人カードをおすすめする 6つのメリット

2018.12.14

自営業でもクレジットカードを持っておきたい!個人事業主に法人カードをおすすめする6つのメリット

仕事をしていると、思った以上にクレジットカードが必要になるシーンに出会います。ところがカードの必要性を感じて申込みをしてみても、厳しく審査されてしまうのが自営業を営んでいる個人事業主です。この記事をご覧になっている人の中にも、クレジットカードが発行されずに困っている方がいるのではないでしょうか。同じ自営業をしていても、審査に通ってカードが発行される人は大勢います。そのような人たちはちゃんと審査が通るための条件を整えているからで、それはあなたにも不可能なことではありません。自営業が審査に通るためのポイントについて把握し、ぜひクレジットカードを手にしましょう。カードがあれば得られる仕事上のメリットもいろいろあります。そのメリットについてもこの記事で一緒に把握しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

人気の記事

新着記事