法人カードを複数持つなら!メリット・デメリットを押さえて最適なカードを選ぼう

ノートパソコン スマホ クレジットカード

あなたの会社では法人カードを複数用意していますか?
会社が大きくなるにつれ、抱える社員も多くなっていくのなら、その分少人数の時にはなかった問題が出てきますよね。

人数が多いので、経理手続きが莫大な量になっていたり、管理が難しくなってきてはいませんか?他の企業とのお食事の場で、とっさに支払いが足りないなんて事態が起きてしまうことも。

そんなトラブルを回避するためには、法人カードを複数持つことが大事。法人カードを複数持つとより効率の良い仕事が可能となります。使い勝手が良くなるだけでなく、法人カードを複数作ることによってお得な待遇も受けることができますよ。

今回は法人カードを複数作る事でのメリット・デメリットなどを詳しく解説していきます。

法人カードを複数持つ5つのメリット

虫眼鏡と三枚のカード

会社が大きくなり、管理が大変だと感じてきたのなら、法人カードを社員用に複数作成しましょう。管理が楽になるだけでなく、社員の仕事の効率もアップします。

この章では具体的に

  • 社員の仕事の効率が良くなる
  • 経理の手続きの効率化
  • 特典やサービスを受けることができる
  • 限度額が増えて急な支払いにも対応できる
  • 支払いを一本化させて効率アップ

これら5つのメリットに関して、以下で詳しく見ていきましょう。

社員の仕事の効率が良くなる

法人カードを複数持っておけば、いざという時に手持ちがなくて大事な取引先の前で支払いがもたついてしまったりなんてトラブルもなくなります。せっかく大事な商談が、そんなことでダメになってしまったらもったいないですよね。

領収書を失くしてしまって、提出できないなんてこともなくなるので、目の前の仕事に集中することができます。

経理の手続きの効率化

法人カードの有効的な使い方として、法人カードを社員1人に複数枚渡します。そうすることで、ガソリン代、備品代など、用途によってクレジットカードを使い分ける事が可能になります。立て替えや仮払いもなくなるので、領収書の整理も必要ありません。

法人カードを複数取り入れることで、後々の会計処理の負担が大幅に軽減され、経費精算業務の効率化を狙うことができます。

特典やサービスを受けることができる

複数枚の法人カードを利用することで、特別な待遇やサービスをうけることができるようになります。法人カードは、カード会社ごとにそれぞれ付帯されているサービスや待遇が異なっています。多数の会社の法人カードを利用して、サービスのバリエーションを増やすことができます。

中には傷害保険などが付帯された法人カードもあり、出張が多い会社には、万が一の事故などにも備えることが可能です。

限度額が増えて急な支払いにも対応できる

法人カードが1枚だけだと、限度額が引っ掛かり、急な支払いが出来ずもたついてしまうことがあります。取引先と急なアポイントでそのようなトラブルになってしまったら大変ですよね。そういったトラブルに備えて、法人カードを数枚用意しておけば、支払いに困る事態を避けることができます。

ただし法人カードを複数枚作っても、1枚の限度額が増えるわけではありません。限度額を増やすのが目的であれば、数枚法人カードを準備しておく必要があります。

支払いを一本化させて効率アップ

出張や頻繁な接待があったりと何かと大きな金額が動くことになりますが、法人カードを利用することで、それらの支払いを一本化することができます。

これが現金となると、立て替える側の社員への負担も大きいですし、振り込みなど労力を余計に使うこととなってしまいますが、カードでの引き落としにすることでそれらの労力を緩和することができます。

ここまでは法人カードを複数持つ際のメリットについて説明いたしました、ただもちろん法人カードを複数持つ際にはデメリットも存在します。次章ではそちらについて説明いたします。

法人カードを複数持つ3つのデメリット

3枚のクレジットカードを持つ男

法人カードを複数枚作ることによって、メリットだけではなくデメリットも出てきます。

この章では具体的に

  • 社員の不正利用の可能性が高くなる
  • 盗難や紛失のトラブル
  • 支払日がばらつく

これら3つのデメリットに関して、以下で詳しく見ていきましょう。

社員の不正利用の可能性が高くなる

社員の仕事の効率化を狙って法人カードを渡したはずが、知らぬ間に不正利用をされていたなんて事態も少なくはありません。そういったトラブルを防ぐためには、しっかりと利用明細の確認を怠らないようにすることです。

また、明確な使用方法を決めておくことや、信頼のできる社員の見極めも重要となってきます。

盗難や紛失のトラブル

法人カードの所有枚数が増えるほど、便利な反面、カードの盗難や、社員がうっかり紛失してしまったりというトラブルの可能性が出てきます。

便利だからと言って、管理を怠ってしまうと大変なことになってしまいます。社員へ盗難対策をしっかりとさせておくことや、管理方法をきちんと定めておくように気をつけましょう。

支払日がばらつく

法人カードを数枚作ることで、様々な利用方法が可能となります。大変便利な反面、増えれば増えるほど支払日にばらつきがでてきてしまいます。10日払い、25日払い、月末払いなど、カード会社によって支払日はばらばらです。せっかく管理を楽にできるはずの利用方法が、あだになってしまっては元も子もないですよね。

対策法としては、締め日が同じカード会社を選ぶことが有効です。上手に利用して、支払日がややこしくなるのをさけましょう。

ここまでで法人カードを複数作成する際のメリット・デメリットを提示致しました。そこでここからは具体的に、法人カードを複数作る際のポイントについて解説していきます。   

法人カードを複数枚作るときのポイント

クレジットカードを持つ男

せっかく便利な法人カードを作るなら、ポイントを抑えて上手に利用できるようにしましょう。

押さえておきたいポイントは5点です。

  • 年会費が無料の法人カードかどうか
  • ポイントやキャッシュバックの還元率が良いかどうか
  • 保険の適用条件が良いかどうか
  • 法人カードの作りやすさ
  • ポイント制度の内容

では以下で詳しく見ていきましょう。

年会費が無料の法人カード

余計なコストを抑えたいと考えた時に、まず浮かぶのが年会費ではないでしょうか。年会費無料で利用することができる法人カードで、経費削減を図りましょう。

サービス面では、年会費が有料のカード会社に劣ると思われがちですがそんなことはありません。法人カードを始めて作る場合であったり、支払いにしか利用しないのであればおすすめです。

こちらの記事にて、さらに詳しく年会費が無料の法人カードを紹介しております。

有料よりもお得?年会費無料の法人カードの特徴とメリット・デメリットを徹底解説

2019.07.09

有料よりもお得?年会費無料の法人カードの特徴とメリット・デメリットを徹底解説

法人カードを持つことで、経費の支払いや管理をはじめ付帯サービスや特典をビジネスシーンで活かすことが可能です。法人カードに発生する年会費はさまざまですが、法人代表者や個人事業主の中には維持コストをかけたくない方も多いのではないでしょうか。しかし、年会費無料や格安価格で法人カードを持てたとしても、使い勝手が悪ければ利用価値は薄れることになります。今回の記事では、年会費無料の法人カードの現状を解説し、その後にメリット・デメリットなどをまとめてみました。そして最後に、法人カードを年会費無料で持ちたい方におすすめのカードや有料でもおすすめのカードをご紹介します。最後まで読めば年会費無料の法人カードの特徴や有料とどちらがお得に感じるかを認識し、自社に適した1枚を選ぶ際の助けとなることでしょう。

ポイントやキャッシュバックの還元率が良い

法人カードを利用する社員が多ければ多いほど、カードのポイントがたまるスピードは速くなります。この際にポイントの還元率が良い法人カードを利用することで、効果的にポイントを溜めていくことができます。現金で支払いをしていたらキャッシュバックの還元はありませんので、ここは積極的にシステムを利用していくべきです。

ただしカードの利用額によって還元率が変わってくることがあるので、事前にしっかりと下調べをしておくのを忘れないようにしましょう。

「還元率を重視して選びたい!」という方は、こちらの記事もおすすめです。

還元率 微笑む女性

2019.04.01

法人カードを還元率と使い勝手のバランスで選ぶとおすすめはこの5枚

法人カードを含むクレジットカードでは、ポイントプログラムの付帯があたりまえになっています。カードによってはポイントではなくキャッシュバックを採用しているものもありますが、少数派です。 法人カードは事業で使うカードであることから、付与されるポイントが少なく、還元率も低いと思われるかもしれません。 しかし、法人カードにおいても会員獲得のためのサービス向上には余念がなく、ポイントをお得に貯めて、高い還元率を得ることも可能です。ビジネスを有利に進める一助として、カード自体のスペックが高く、ポイントによる還元率も高いカードは見逃せません。 この記事では、法人カードの還元率とおすすめのカードについて解説します。ぜひ参考にしてみてください。

保険の適用条件が良い

海外への出張が多い会社であれば、特にしっかりと確認しておくのをおすすめします。カード会社によっては、海外旅行損害保険が付いているカードがあります。せっかく法人カードを利用するのなら、使う可能性がある保険が付いていたほうがお得ですよね。

出張がない会社でも、盗難保険やショッピング保険等が充実したカードを選ぶと良いでしょう。

法人カードを保険で選ぶ際のポイントは、こちらの記事でもご確認いただけます。

PC見ながら ディスカッション

2019.04.01

法人カードを保険で選ぶポイントとおすすめのカード3枚

法人カードは経費管理に役立つクレジットカードですが、付帯する各種の保険にも注目しておきたいものです。多くはビジネスに便利な保険で、法人カードを選ぶ際の重視したいポイントになります。海外出張の際に心強い旅行傷害保険や、購入した物品の破損をカバーするショッピング保険などはよく知られている保険です。 ただ、法人カードごとに補償内容や条件が異なるため、過不足のない保険が付帯していなければ十分に活用できない可能性があります。 この記事では、主にアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードなど主要な法人カードを参考にして付帯保険の内容を解説するとともに、おすすめの法人カード3枚を紹介します。

法人カードの作りやすさ

創業間もない会社だと、法人カードを数枚作ることが難しい場合があります。一説には、創立2~3年がたっていないと法人カードは通らない、なんてことも言われています。

また、経営が順調であっても審査に落ちてしまう、という事態も珍しくありません。そういった場合は、比較的ハードルの低いカード会社に絞る必要があります。

審査難易度の低いおすすめカードを紹介している以下の記事も是非ご参照ください。

PC見ながら審査の難易度を悩む女性

2019.06.10

法人カードの審査難易度を知らなければまさかの審査落ちも!難易度の低いおすすめカード5選!

事業主なら「法人カードを作りたいけれど審査に落ちるかもしれない」と不安を感じることがありますよね。「法人カードを申し込んだけれど審査に落ちてしまった」という方もいるのではないでしょうか。 法人カードの審査難易度をしっかりと理解しないうちに申し込みをすると、予想外の審査落ちとなる可能性があります。 今回の記事では、審査の難易度が低い法人カードの選び方や、事業実績がなくても作りやすいおすすめの法人カードなどを紹介していきます。

ポイント制度の内容比較

たくさんたまったポイントですが、これが何に使えるか把握しておくことは非常に大事です。法人向けのカードは、商品ギフト券や食事券など様々な使用方法があります。オフィスで使用する文具などにも適応するので、確実に経費削減ができるといえます。

中にはビジネス誌の定期購読や、出張代にあてることも可能なカード会社もあるので、カードを作る前にチェックしてみましょう。

ここまで法人カードを複数枚作る際に注目したいポイントについて説明いたしました。では最後に複数枚持ちにおすすめな法人カードをいくつかご紹介いたします。

複数持つためにおすすめの法人カード

カラフルな複数のクレジットカード

ここからは、法人カードを複数作るのにオススメのカード会社を紹介していきます。

アメリカン ・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

 
アメリカン ・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、手厚い各種保険と充実したサービスが魅力の、法人カードを選ぶ際に一番手にあがるクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

Thumbnail sbs%20gold

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 31,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 審査基準による 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
新規入会後にカード利用で30,000ptプレゼント!

アメックスのカードは特に企業レベルで信頼があり、使用していると取引先からの信頼度アップにつながるのも、法人カードとしておすすめなポイントです。年会費は31,000円(税別)ですが、コスト以上のメリットがあるクレジットカードです。

オリコEX Gold for Biz 

オリコEX Gold for Bizは、初年度は年会費無料で、次年度以降でも年会費2,000円(税別)とコストがかなり低いのがうれしいクレジットカード。

オリコ EX Gold for Biz

Thumbnail ex gold for biz master

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税抜) 0.6%~1.2% 暮らスマイル
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照 10万円~300万円 無料

メンバー会員は最大3枚まで無料なことや、旅行損害保険もあることから、海外出張がある会社にもオススメです。利用額は10万円~300万円となっています。

JCB法人カード 一般

なじみのないカード会社は不安に感じるという方は、日本でも有名なJCB法人カードがオススメです。

JCB法人カード 一般

Thumbnail jcb corporate

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税抜) 0.5%~1.0% Oki Dokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
通常2~3週間 公式サイト参照 無料

年会費は1,250円(税別)と安く、ETC、QUICPayのカード発行も可能なのが嬉しいポイント。各種保険も充実している、使い勝手の良い法人カードです。

ライフカード「ビジネス(スタンダード)」

ライフカードビジネスもどちらかといえば個人事業主にオススメの法人カードです。

ライフカード「ビジネス(スタンダード)」

Thumbnail life business standard

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5%~3.3% LIFEサンクスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2週間程度 10~500万円 無料

こちらは年会費が永久無料なのがポイント。とりあえず法人カードを複数持ちしたい、というかたにはおすすめです。

ライフカード「ゴールドビジネス」

ライフカードゴールドビジネスは、年会費無料のライフカードビジネスのゴールドカードです。

ライフカード「ゴールドビジネス」

Thumbnail life business gold

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円+税 0.5%~3.3% LIFEサンクスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 10~500万円 無料

ポイントや保険、空港ラウンジサービスなど基本的な機能が備わっていながら年会費2,000円(税別)とお得にまとまっています。サービス内容を充実させたいが年会費は抑えたいという方にオススメ。

UC法人カード 一般

UC法人カード 一般はどちらかというと個人事業主にオススメの法人カードです。

UC法人カード 一般

Thumbnail uc corp normal

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
1,250円+税 1,250円+税 0.75% 永久不滅ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約2週間 20万円~300万円 無料

年会費が1,250円(税別)と安く、経費削減や経費管理業務のために法人カードを利用したい方の第一歩としてはちょうどよい法人カード。還元率は低めですが永久不滅ポイントがたまるので、ふと気が付くとかなりポイントがたまっている、なんてことも。

まとめ

業務の効率が上がるだけではなく、法人カードを複数持つことで、毎月の会計処理の負担も減らすことができます。利用したことがないからやめておくというような理由ではもったいないほど、法人カードを複数持つことにはメリットが多数存在します。

もちろんメリットだけが存在するわけではないですが、管理を明確にすることで法人カードを持つことによるトラブルは防ぐことができます。

デメリットやリスクをしっかりと理解することで、法人カードをより効果的に利用し、快適な経費管理を実現させてください。

【特徴ごとに徹底比較】利用スタイル別におすすめの法人カードまとめ!

2019.08.01

【特徴ごとに徹底比較】利用スタイル別におすすめの法人カードまとめ!

各カード会社からさまざまな法人カードが発行されていますが、それぞれに異なる強みがあるので、どれを選べばよいのか頭を悩ませている経営者や個人事業主も多いのではないでしょうか。カード会社の商品紹介を見比べても「このカードはこの要素に秀でている」という情報はなかなか気が付かないものです。この記事では主な特徴別におすすめのカードを紹介していきます。ステータスの高いカードを持ちたい、限度額が多いほうがいい、年会費のコストを削減したいなど、それぞれの経営者によって重視する部分は異なると思います。この記事では特徴別におすすめをご紹介するので、きっとあなたの目的に合ったカードが見つかるはずです。ぜひお役立てください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

法人カードランキング

目的別

掲載法人カード

人気の記事

新着記事