法人でマイルを貯めたいそこのあなた!おすすめの法人カードはこれだ!

トランク パスポート

「法人カードでマイルを貯めたいけれど、どのカードを選べば良いのだろう」
「できればお得にたくさんマイルを貯めたい」
「貯めたマイルは誰のもの?」

などと思っている方もいるのではないでしょうか。

飛行機を利用する際によく聞く、「マイル」や「マイレージ」という言葉はそれぞれ違う意味を持っています。
「マイル」とは航空会社のポイントのことで、「マイレージ」とは航空会社が行うポイント制度のことです。

マイルについてはなんとなく知っているけれど、詳しくまで知らない方も多いかと思います。

本記事では、マイルの基本的な情報マイルを貯める方法、貯めたマイルは個人利用ができるのかどうか、などについてご紹介します。

最後にはマイルの貯めやすいおすすめの法人カードも紹介しますので参考にしてみてください。

おさえておきたい!マイルの基本情報

飛行機の模型とクレジットカードとスマホ

効率的にマイルを貯めるために、まずはマイルの基本情報をチェックしてみましょう。

「マイルがだいぶ貯まってきたけど、どうしようかな」
「○○社のマイレージってどう?」

など、飛行機で旅に出るとこのような言葉を耳にすることがあるかもしれません。

上記でも簡単に説明しましたが、ここではマイルとマイレージの違いとマイルの種類についてご紹介します。

マイルとは航空会社のポイントのこと

マイルとマイレージの違いを下記にまとめました。

  • マイル」:航空会社が付与するポイントのこと
  • マイレージ」:航空会社が行うポイント制度のこと

正確には上記のように呼ばれており、楽天カードなら楽天ポイント、Yahoo!カードならTポイントが貯まるように、マイルも航空会社によって種類が異なります

日本では全日空のANAマイルや日本航空のJALマイルが有名で、外資系航空会社ではデルタ航空のスカイマイルなどが人気です。

マイレージプログラムは英語で「フリークエントフライヤープログラム」と呼ばれていますので、外資系航空会社のマイルを貯めたい人はそのように伝えてみましょう。

マイルの種類

日本国内では全日空のANAマイレージクラブと日本航空のJALマイレージバンクの2つが主流になっており、両社とも下記のような特徴があります。

  • 国際線、国内線ともに日本発着の路線が豊富
  • 日本語で手続きできる
  • 特典航空券だけでなく電子マネーやホテル宿泊など、貯めたマイルの使い道が多い

このようにメリットが豊富なため、出張などで頻繁に海外に行くという人でない限り、この2つのマイレージプログラムのうち、どちらかをおさえておけば間違いないでしょう。

ここまでで、マイルの基本情報について説明しました。次の章では、マイルを貯める方法についてご紹介します。

ポイントからの移行が高還元でおすすめ

法人カードでマイルを貯める方法は下記の3つがあります。

  • ポイントからの移行
  • 飛行機の利用
  • 法人カードの付帯特典

この中でもとくにおすすめなのが、「ポイントからの移行」です。

それぞれの法人カードのポイントの貯めやすさに影響されるので、ポイントの貯めやすい法人カードがよりお得にマイルを貯めることができます。

例えば、条件を満たすことでポイントが2倍になるサービスがあればそれに伴ってマイルも2倍になるので大変お得です。

法人カードで貯めたポイントをマイルへ移行する際に注意しなければならない点があります。
詳しく解説していきます。

ポイントからの移行をする際の注意点

ポイントからの移行をする際の注意点として下記の2点が挙げられます。

  • 手数料が発生する
  • 上限が設けられている

法人カードによっては、ポイントをマイルへ移行する際に手数料が発生することがあります。

また、移行する際のマイルの上限にも注意する必要があります。
上限が設けられている場合、1度に大量のマイルに移行することはできません

法人カードの種類によって異なるので、しっかりと確認しておきましょう。

クレジットカード専門家 菊地崇仁 解説
法人向けのクレジットカードにもJALカードやANAカード<法人用>が存在しますので、法人でマイルを貯めたい場合はこれらのカードを利用しましょう。と言いたいところですが、法人用のANAカードやJALカードではマイルはそれほど貯められません。
例えば、法人用JALカードの場合はフライトマイルと搭乗時のボーナスマイル(毎年初回の搭乗ボーナスマイルと搭乗毎の10%または25%のボーナスマイル)は貯められます。
これらは個人向けのJALカードと同じです。大きな違いはショッピングマイルで法人向けのカードでは決済時のマイルが貯まりません。ANAカード<法人用>も同様、VisaとMastercardブランドについてはショッピング時のポイント獲得がありません。ポイントが貯まらないためマイルに交換する事すらできません。
ただし、JCBとダイナースの場合は、ショッピング時のポイントが貯まります。しかし、これらの国際ブランドでは海外出張などでカードを利用できるか心配です。
このように、個人向けのようにマイルが貯まりやすい=航空会社発行カードではありませんので、法人カードでマイルを貯めたい場合は良く調べるようにしてください。

貯めたマイルは個人のもの?の答えは「YES」

疑問

法人カードで貯めたポイントは、個人用のマイルへ移行することができます。
マイルは、そもそも個人へのみ付与できるものです。
そのため、誰のものかと言うと個人のものになります。

マイルは特典航空券と交換するためのものですが、飛行機は法人名義ではなく個人名義で乗るものであり、航空会社のマイル会員である個人名義に移行することが可能なのです。

また、法人カードで貯めたポイントの利用に関しては、税務上のルールが現状はまだ明確に決まっていません
そのため、税務調査についてもポイントの利用内容について指摘されることはほぼないといえるでしょう。

だからと言って、社員やトップに立つ人それぞれが個人利用していると不満も出てくるものです。
なので、会社規則を改善し、会社全体の資産として扱うことをおすすめします。

それでは、続いてマイルを効率的に貯められるおすすめの法人カードをご紹介します。

マイルの貯めやすさ以外の比較も怠らないように

マイル還元率の比較以外にも、保険やトラベルサービス、年会費といった性能の比較も行っておくことをおすすめします。

マイル還元率は期待できても、年会費がその還元の妨げになっている可能性もあります。
逆に、年会費が高額でもそれ以上の還元を期待できる法人カードも存在するので、年会費が高額だからといって諦めるのはまだ早いです。

他には、利用限度額の比較も重要です。
利用限度額が低い法人カードであれば、決済が多い場合利用額が限定されてしまいます。
そして、貯めることのできるマイルも限られてしまいます

そのようなことにならぬように、マイル還元率だけでなく性質もしっかり比較しておきましょう。

ANAマイルを貯めたい方必見の最強の1枚

ANAマイルを貯めたい方におすすめなのが、「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」です。

この法人カードは、貯めたポイントを15社のマイルへ移行することができます。

年会費は31,000円(税別)で、「メンバーシップ・リワード・プラス」というポイントプログラムを利用すると、ANAマイルへの還元率が1.0%になるというメリットがあります。

ステータス性が高く、審査に通りやすい

世界でもトップクラスの会員数を誇るアメックスのビジネスカードで、ゴールドランクの中でも特にステータス性が高いことで人気があります。

また、審査が比較的甘く、法人を設立したばかりでも問題なく審査に通過できるといわれています。

ビジネスシーンで使えるサービスが豊富

より快適に飛行機を利用できるトラベルサービスが優れている点もメリットです。

最大で1億円の海外旅行傷害保険や国内主要空港のラウンジ入場資格など、飛行機を利用する機会の多い方におすすめの法人カードです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 31,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 審査基準による 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
新規入会後にカード利用で30,000ptプレゼント!

JALマイルを貯めたい方必見の最強の1枚

JAL マイルを効率よく貯めることができるのが、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

年会費は20,000円(税別)かかりますが、年間で200万円以上カードを利用すれば、翌年は年会費が半額になるという特典があります。

また、「セゾンマイルクラブ」と呼ばれるサービスを提供しており、通常は4,000円(税別)の年会費が必要ですが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを待っていれば、無料で利用することができます。

JALマイル還元率が最大で1.125%

JALマイル還元率は最大で1.125%で、セゾンマイルクラブに登録しているとカードの利用代金1,000円ごとに10マイルが付与されます。
それに加えて、カードの利用代金2,000円ごとに、永久不滅ポイントも1ポイント貯まります。

永久不滅ポイントはマイルへ移行することができるので、例えばこのカードを80万円利用した場合、合わせて9,000マイルを獲得することができます。

交換手数料を払うことなく最大1.125%のマイルを貯められる、コストパフォーマンスの良い法人カードといえるでしょう。

手厚い付帯保険で安心して使える

国内、海外ともに旅行保険が充実しているのもポイントです。

国内旅行傷害保険が最大で5,000万円、海外旅行傷害保険が最大で1億円となっており、両方とも自動付帯のため安心して出張することができます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
20,000円(税別) 20,000円(税別) 0.5~1.0% 永久不滅ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 100万円~1,000万円 1.125% 無料

他にもおすすめ!法人でマイルを貯めたい方必見の法人カード3選

5枚の色違いのクレジットカード

マイルを効率的に貯めるには、マイルの貯まりやすい法人カードを選ぶことが大切です。

ここでは、利用額に応じてマイルが付与されるカードか、貯めたポイントをマイルへ移行できるカードの中からおすすめの法人カードを3つご紹介します。

オリコEXGold for Biz

オリコEXGold for Bizは空港ラウンジサービスや海外旅行傷害保険の自動付帯など、さまざまなビジネスシーンに対応できる法人カードです。

ANAマイルへの還元率は0.66%、JALマイルへの還元率は0.55%となっています。

マイル移行に必要なポイント還元率が最大1.1%と業界トップクラス

最大のメリットは、マイルへ移行するのに必要なポイントの還元率が最大で1.1%という点です。

これは業界トップクラスの還元率で、楽天市場では最大15.1%までポイント還元率がアップするのでより効率的にポイントを貯めることができます。

年会費が2,000円と格安

オリコEXGold for Bizは、年会費が2,000円(税別)とゴールドランクで最も安いという特徴もあります。

安価な年会費で空港ラウンジを利用できるのは嬉しいポイントですね。

オリコ EX Gold for Biz

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税別) 0.6%~1.2% 暮らスマイル
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照 10万円~300万円 無料

JCB法人カード(一般)

JCB法人カードはゴールドカードではなく一般カードですが、手厚い補償で人気のあるカードです。

ANAとJALの両方のマイルが貯められる

JCB法人カードではANAとJALの両方のマイルを貯めることができます。

年会費は1,250円(税別)と格安で、ポイント還元率も0.5%と法人カードとしては悪くないため、マイルへ移行するのに必要なポイントを効率よく貯めることができます。

一般ランクの法人カードながら、国内も補償

このカードでは、国内と海外ともに旅行時の傷害保険を最大で3,000万円受けることができます。

一般ランクの法人カードで、国内旅行も補償の対象にしているカードはあまりないため、国内出張の多い方は持っていると安心できる1枚です。

JCB法人カード 一般

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別) 0.5%~1.0% Oki Dokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
通常2~3週間 公式サイト参照 無料

P-one Business Mastercard

P-one Business Mastercardは、ショッピングの利用可能枠が最大で300万円など、諸費用の決済に適しているビジネスカードです。

ゴールドランクの法人カードの中では、唯一年会費無料で所持することができます

年会費無料ながらJALマイル還元率が0.6%

このカードでは、貯めたポイントをJALマイルへ移行することができます。

マイル移行の際はスタンダードコースかセレクトコースに加入する必要があり、スタンダードコースは無料で加入できますが、JALマイルへの還元率は0.3%となります。

セレクトコースの場合、年会費として3,000円(税別)が必要ですが、JAL マイルへの還元率が0.6%にアップします。

カード自体の年会費は無料であるため、安いコストでマイルへの高還元率を実現できる法人カードといえるでしょう。

年に1回以上の使用で、翌年度の年会費も無料

年会費は初年度が無料となっています。

また、年に1回でもカードを利用すれば翌年の年会費も無料になります。

まとめ

マイルの貯まりやすい法人カードを選ぶと、経費の支払いなどを活かして効率的にマイルを貯めることができます。

航空会社によっても異なりますが、国内であればおよそ10,000マイル~20,000マイル、海外であればおよそ12,000マイル以上で往復航空券と交換することができます。

法人カードの中にはポイントをマイルに移行できないものも多くありますので注意しましょう。

本記事を読んで、マイルの貯まりやすい法人カードに興味を持った方はぜひ一度入会を検討してみてください。

監修者紹介/クレジットカード専門家 菊地崇仁
監修者 クレジットカード専門家 菊地菊地崇仁

三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 57枚のクレジットカードを保有し、約120万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

【特徴ごとに徹底比較】利用スタイル別におすすめの法人カードまとめ!

2019.08.01

【特徴ごとに徹底比較】利用スタイル別におすすめの法人カードまとめ!

各カード会社からさまざまな法人カードが発行されていますが、それぞれに異なる強みがあるので、どれを選べばよいのか頭を悩ませている経営者や個人事業主も多いのではないでしょうか。カード会社の商品紹介を見比べても「このカードはこの要素に秀でている」という情報はなかなか気が付かないものです。この記事では主な特徴別におすすめのカードを紹介していきます。ステータスの高いカードを持ちたい、限度額が多いほうがいい、年会費のコストを削減したいなど、それぞれの経営者によって重視する部分は異なると思います。この記事では特徴別におすすめをご紹介するので、きっとあなたの目的に合ったカードが見つかるはずです。ぜひお役立てください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

法人カードランキング

目的別

掲載法人カード

人気の記事

新着記事