法人カードで効率的にマイルを貯める!おすすめ法人カード5選

トランク パスポート

「法人カードでマイルを貯めたいけれど、どのカードを選べば良いのだろう」とお困りではありませんか。

経費の支払いなどである程度の金額を法人カードで決済するという方は、カードの選び方次第で、より効率的にマイルを貯めることができます。個人カードでは還元率1%などで簡単にマイルを貯めることができますが、法人カードの場合、ポイントを貯めてもマイルに交換できないものが多くあります。

法人カードで効率的にマイルを貯めるには、マイルへの移行が可能なカードを選択し、加えて還元率や手数料の有無なども考慮することが大切です。

この記事では、法人カードで効率的にマイルを貯める方法やおすすめの法人カードについて、詳しくご紹介します。

おさえておきたい!マイルの基本情報

飛行機の模型とクレジットカードとスマホ

効率的にマイルを貯めるために、まずはマイルの基本情報をチェックしてみましょう。
「マイルがだいぶ貯まってきたけど、どうしようかな」
「○○社のマイレージってどう?」
など、飛行機で旅に出ると、このような言葉を耳にすることがあるかもしれません。マイルとマイレージの違いとは、どのようなことなのでしょうか。

マイルとは航空会社のポイントのこと

マイルとは、航空会社が提供しているポイントサービスのことをいいます。

  • 航空会社が付与するポイントのことを、「マイル」
  • 航空会社が行うポイント制度のことを、「マイレージ」

正確には上記のように呼ばれており、楽天カードなら楽天ポイント、Yahoo!カードならTポイントが貯まるように、マイルも航空会社によって種類が異なります

日本では全日空のANAマイルや日本航空のJALマイルが有名で、外資系航空会社ではデルタ航空のスカイマイルなどが人気です。マイレージプログラムは英語で「フリークエントフライヤープログラム」と呼ばれていますので、外資系航空会社のマイルを貯めたい人はそのように伝えてみましょう。

まずは貯めるマイルの種類を絞る

マイルを効率的に貯めるには、まず航空会社を1社に絞ることが大切です。良く利用するか、利用したい航空会社を中心に、各社のマイレージプログラムを比較して検討してみましょう。

日本国内では全日空のANAマイレージクラブと日本航空のJALマイレージバンクの2つが主流になっており、両社とも次のような特徴があります。

  • 国際線、国内線ともに日本発着の路線が豊富
  • 日本語で手続きできる
  • 特典航空券だけでなく、電子マネーやホテル宿泊など、貯めたマイルの使い道が多い

このようにメリットが豊富なため、出張などで頻繁に海外に行くという人でない限り、この2つのマイレージプログラムのうち、どちらかをおさえておけば間違いないでしょう。

ここまでで、マイルの基本情報について説明しました。それでは、マイルを貯めるとどんなことができるのでしょうか。

貯めたマイルでできること

空港ではしゃぐ夫婦

マイルを貯めると、特典航空券への交換や座席のアップグレードなど、さまざまな特典を受けられます。電子マネーへの交換や、航空会社が用意したアイテムリストにある商品と交換することも可能です。

無料で国内または海外の飛行機に乗れる

マイレージプログラムでは、貯めたマイルに応じて無料で国内や海外の飛行機に乗ることができます。マイルと交換できる航空券は「特典航空券」と呼ばれ、日程や路線も自由に選択することが可能です。

韓国・台湾などの近場やハワイ・モルディブといったビーチリゾート、アメリカ・ヨーロッパなど遠方の国へも、無料で渡航することができます。

正確には海外へ渡航する場合、燃油サーチャージなどが別途かかるため、完全に無料にはなりませんが、それでも海外旅行の費用を劇的に抑えることができます。なお、外資系航空会社のマイレージプログラムの場合、燃油サーチャージなども無料になることがあります。

座席のクラスのアップグレードができる

マイルを貯めることで、座席のクラスをアップグレードすることも可能です。エコノミークラスであればビジネスクラスに、ビジネスクラスであればファーストクラスに変更するというように、航空券の質を高めるというマイルの使い方もおすすめです。

それでは、マイルを貯めるにはどんな方法があるのでしょうか。マイルは、飛行機に乗ったりクレジットカードを使ったりするなどの方法で貯めることができます。

経営者や個人事業主の場合、「経費を法人カードで支払ってマイルを貯めたい」という方も多いのではないでしょうか。

続いて、法人カードでマイルを貯める方法について詳しく見てみましょう。

マイルが貯まる法人カードの選び方

3枚のクレジットカード

マイルを貯めるには、まず「マイルが貯まりやすいカード」を選ぶことが大切です。カード会社では、カードの利用状況によりポイントやマイルなどさまざまなサービスを提供しています。利用額に応じて直接マイルが付与されるものもあれば、いったんポイントが付与され、その後マイルへ移行するカードもあります。

法人カードの中には、マイルへの移行ができないものも多くありますので、注意が必要です。ポイント還元率やマイル交換率だけでなく、年会費や手数料などのランニングコストについても、しっかりと確認しておきましょう。

クレジットカード専門家 菊地崇仁 解説
法人向けのクレジットカードにもJALカードやANAカード<法人用>が存在しますので、法人でマイルを貯めたい場合はこれらのカードを利用しましょう。と言いたいところですが、法人用のANAカードやJALカードではマイルはそれほど貯められません。
例えば、法人用JALカードの場合はフライトマイルと搭乗時のボーナスマイル(毎年初回の搭乗ボーナスマイルと搭乗毎の10%または25%のボーナスマイル)は貯められます。
これらは個人向けのJALカードと同じです。大きな違いはショッピングマイルで法人向けのカードでは決済時のマイルが貯まりません。ANAカード<法人用>も同様、VisaとMastercardブランドについてはショッピング時のポイント獲得がありません。ポイントが貯まらないためマイルに交換する事すらできません。
ただし、JCBとダイナースの場合は、ショッピング時のポイントが貯まります。しかし、これらの国際ブランドでは海外出張などでカードを利用できるか心配です。
このように、個人向けのようにマイルが貯まりやすい=航空会社発行カードではありませんので、法人カードでマイルを貯めたい場合は良く調べるようにしてください。

法人カードでマイルを貯める方法

法人カードを使ってマイルを貯める場合、飛行機に乗ってマイルを貯めるよりも、経費の支払いで法人カードを利用してポイントを貯め、マイルへ交換する方法がメインになります。 そのため、法人カードを選ぶ際には、ポイント還元率とマイル交換率が重要になります。

マイルを貯められるカードは年会費が高め

マイルが貯まる法人カードは、他社の法人カードよりも年会費が高めに設定されている傾向にあります。場合によっては、せっかくマイルを貯めても「年会費を差し引いたら損をしてしまった」ということもあります。年会費とマイル付与率とのバランスはしっかりとチェックしましょう。

マイル交換に手数料が必要な場合もある

法人カードによっては、マイルを交換するのに手数料が必要な場合もあります。例えば、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの場合、ポイントを ANA マイルへ移行する際に、年間5,000円のANAマイレージクラブへの参加手数料が必要となります。 そのため、カードの年会費だけでなくANAマイレージクラブへの参加手数料も加算して、入会を検討する必要があります。

ここまで、マイルの基本情報や貯まったマイルでできること、マイルの貯め方についてご紹介してきましたが、実際に特典航空券を手に入れるにはどれくらいのマイル数が必要なのでしょうか。

続いて、往復航空券を入手するのに貯めるべきマイル数について詳しく説明します。

往復航空券をもらうのに必要なマイル数

パソコンにtripの文字

往復航空券を入手するには、当然ですがそれなりのマイル数が必要になります。そうはいっても、ある程度の金額を決まって法人カードで決済する場合、万単位のマイルを貯めるのはそれほど難しくないでしょう。

なお、JAL マイルはシーズンに関係なく同一マイル数で航空券と交換することができますが、ANAマイルの場合はシーズンによって必要なマイル数が異なります

国内なら10,000~20,000マイル

JALマイル・ANA マイルともに、国内の往復航空券と交換するにはおよそ10,000~20,000マイルが必要です。10,000マイル貯めるには、カードの還元率によっても異なりますが、年間でおよそ100万円のカード利用が必要です。

100万円というと高額な印象ですが、ひと月あたりおよそ80,000円ですので、法人カードを日常的に利用する方であれば、それほど難しい金額ではないでしょう。

海外なら12,000マイル以上

海外の往復航空券と交換するには、ANAマイルの場合およそ12,000以上、JALマイルの場合およそ15,000マイル以上が必要になります。

また、大量のマイルを貯めれば、120,000マイルで時価250万円相当となるファーストクラスのヨーロッパ往復航空券を獲得することもできます。この場合、単純計算で1マイル当たり20円以上の価値となるため、大変お得にファーストクラスに搭乗することができます。

通常ファーストクラスに搭乗するのにはとても高額な運賃を支払わなければなりませんが、マイルを貯めることで、そのチャンスを手に入れることができます。このような非現実的な経験ができるのも、マイルの魅力と言えるでしょう。

しかし、「法人カードで貯めたポイントなのに、個人のマイルに移行してもよいのだろうか」というのは、個人事業主や経営者の方にとって気になることではないでしょうか。次に、税務上のルールなどについて確認してみましょう。

貯めたマイルは個人のもの?現状は明確なルールがない

疑問

法人カードで貯めたポイントは、個人用のマイルへ移行することができます。マイルは、そもそも個人へのみ付与できるものです。

マイルは特典航空券と交換するためのものですが、飛行機は個人名義で乗るものであり、法人名義で飛行機に乗ることはできないため、航空会社のマイル会員である個人名義に移行することが可能なのです。

また、法人カードで貯めたポイントの利用に関しては、税務上のルールが現状はまだ明確に決まっていません。そのため、税務調査についてもポイントの利用内容について指摘されることはほぼないといえるでしょう。

それでは、続いてマイルを効率的に貯められるおすすめの法人カードをご紹介します。

法人でマイルを貯めるなら!おすすめ法人カード5選

5枚の色違いのクレジットカード

マイルを効率的に貯めるには、マイルの貯まりやすい法人カードを選ぶことが大切です。ここでは、利用額に応じてマイルが付与されるカードか、貯めたポイントをマイルへ移行できるカードの中から、おすすめの法人カードを5つご紹介します。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、貯めたポイントを15社のマイルへ移行することができる法人カードです。年会費は31,000円で、メンバーシップ・リワード・プラスというポイントプログラムを利用すると、ANAマイルへの還元率が1.0%になるというメリットがあります。

ステータス性が高く、審査に通りやすい

世界でもトップクラスの会員数を誇るアメックスのビジネスカードで、ゴールドランクの中でも特にステータス性が高いことで人気があります。また、審査が比較的甘く、法人を設立したばかりでも問題なく審査に通過できるといわれています。

ビジネスシーンで使えるサービスが豊富

より快適に飛行機を利用できる、トラベルサービスが優れている点もメリットです。最大で1億円の海外旅行傷害保険や国内主要空港のラウンジ入場資格など、飛行機を利用する機会の多い方におすすめの法人カードです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

Thumbnail sbs%20gold

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 31,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 審査基準による 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
新規入会後にカード利用で30,000ptプレゼント!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

JAL マイルを効率よく貯めることができる法人カードです。年会費は20,000円かかりますが、年間で200万円以上カードを利用すれば、翌年は年会費が半額になるという特典があります。

また、「セゾンマイルクラブ」と呼ばれるサービスを提供しており、通常は4,000円の年会費が必要ですが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを待っていれば、無料で利用することができます。

JALマイル還元率が最大で1.125%

JALマイル還元率は最大で1.125%で、セゾンマイルクラブに登録していると、カードの利用代金1,000円ごとに10マイルが付与されます。それに加えて、カードの利用代金2,000円ごとに、永久不滅ポイントも1ポイント貯まります。

永久不滅ポイントはマイルへ移行することができるので、例えばこのカードを80万円利用した場合、合わせて9,000マイルを獲得することができます。交換手数料を払うことなく最大1.125%のマイルを貯められる、コストパフォーマンスの良い法人カードといえるでしょう。

手厚い付帯保険で安心して使える

国内、海外ともに旅行保険が充実しているのもポイントです。国内旅行傷害保険が最大で5,000万円、海外旅行傷害保険が最大で1億円となっており、両方とも自動付帯のため安心して出張することができます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

Thumbnail sbs 350x220%20(1)

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
20,000円(税別) 20,000円(税別) 0.5~1.0% 永久不滅ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 100万円~1,000万円 1.125% 無料

オリコEXGold for Biz

オリコEXGold for Bizは、空港ラウンジサービスや海外旅行障害保険の自動付帯など、さまざまなビジネスシーンに対応できる法人カードです。ANAマイルへの還元率は0.66%、JALマイルへの還元率は0.55%となっています。

マイル移行に必要なポイント還元率が最大1.1%と業界トップクラス

最大のメリットは、マイルへ移行するのに必要なポイントの還元率が、最大で1.1%という点です。これは業界トップクラスの還元率で、楽天市場では最大15.1%までポイント還元率がアップするので、より効率的にポイントを貯めることができます。

年会費が2,000円と格安

オリコEXGold for Bizは、年会費が2,000円とゴールドランクで最も安いという特徴もあります。安価な年会費で空港ラウンジを利用できるのは、嬉しいポイントですね。

オリコ EX Gold for Biz

Thumbnail ex gold for biz master

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税抜) 0.6%~1.2% 暮らスマイル
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照 10万円~300万円 無料

JCB法人カード(一般)

JCB法人カードは、ゴールドカードではなく一般カードですが、手厚い補償で人気のあるカードです。

ANAとJALの両方のマイルが貯められる

JCB法人カードでは、ANAとJALの両方のマイルを貯めることができます。年会費は1,250円と格安で、ポイント還元率も0.5%と法人カードとしては悪くないため、マイルへ移行するのに必要なポイントを効率よく貯めることができます。

一般ランクの法人カードながら、国内も補償

このカードでは、国内と海外ともに旅行時の傷害保険を最大で3,000万円受けることができます。一般ランクの法人カードで、国内旅行も補償の対象にしているカードはあまりないため、国内出張の多い方は持っていると安心できる1枚です。

JCB法人カード 一般

Thumbnail jcb corporate

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税抜) 0.5%~1.0% Oki Dokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
通常2~3週間 公式サイト参照 無料

P-one Business Mastercard

P-one Business Mastercardは、ショッピングの利用可能枠が最大で300万円など、諸費用の決済に適しているビジネスカードです。ゴールドランクの法人カードの中では、唯一年会費無料で所持することができます

年会費無料ながらJALマイル還元率が0.6%

このカードでは、貯めたポイントをJALマイルへ移行することができます。マイル移行の際はスタンダードコースかセレクトコースに加入する必要があり、スタンダードコースは無料で加入できますが、JALマイルへの還元率は0.3%となります。

セレクトコースの場合、年会費として3,000円が必要ですが、JAL マイルへの還元率が0.6%にアップします。カード自体の年会費は無料であるため、安いコストでマイルへの高還元率を実現できる法人カードといえるでしょう。

年に1回以上の使用で、翌年度の年会費も無料

年会費は、初年度が無料となっています。また、年に1回でもカードを利用すれば、翌年の年会費も無料になります。

まとめ

マイルの貯まりやすい法人カードを選ぶと、経費の支払いなどを活かして、効率的にマイルを貯めることができます。航空会社によっても異なりますが、国内であればおよそ10,000~20,000マイル、海外であればおよそ12,000マイル以上で、往復航空券と交換することができます。

法人カードの中にはポイントをマイルに移行できないものも多くありますので、注意しましょう。この記事を読んで、マイルの貯まりやすい法人カードに興味を持った方は、ぜひ一度入会を検討してみてください。

監修者紹介/クレジットカード専門家 菊地崇仁
監修者 クレジットカード専門家 菊地菊地崇仁

三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 57枚のクレジットカードを保有し、約120万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

法人カードランキング

目的別

掲載法人カード

人気の記事

新着記事