法人カードのメリットとは?特徴を理解して目的に合ったカードを選ぼう!

クレジットカード グラフ

それぞれの法人カードの違いやメリットを知り、最適な法人カードを見つける方法を分かりやすく解説していきます。法人カードは個人カードとは異なり、ビジネスに便利な機能が数多く付帯されています。また、利用限度や審査方法なども個人カードとは異なるため、あらかじめ確認しておくことが大切です。

目的や事業内容によっても選ぶべき法人カードは異なります。まずは、それぞれのカードのメリットや特徴を見比べながら目的に合ったものを選びましょう。目的別におすすめのカードも合わせて紹介します。経費の計上漏れや請求漏れを失くして経費精算を楽にしたい、経費を削減して福利厚生サービスを充実させたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

知らないと損?法人カードの3つのメリット

法人カードの中には、導入するだけでメリットが得られるものもあります。導入を迷っている方は、それぞれのメリットを理解した上で検討してみましょう。

メリット1.経理業務の効率化

法人カードを導入すれば、毎月発行されるカードの利用明細書でいつ、だれが、どこで、いくら使ったのかなどを一目ですぐに確認できます。経理担当者は明細書を見ながら一気にデータ入力を行えるので、経理業務の効率化につながります。

経費の仮払いや立て替えが不要になる

法人カードがない場合、出張時に必要な交通費や宿泊費、接待などの飲食費、消耗品などの経費は従業員が一旦立て替えて後日精算するか、事前に仮払いしておく必要があります。法人カードを従業員に持たせておけば、これらの立て替え払いや仮払いが不要になるので現金出納業務もなくなります。

経費精算が簡単

通常の経理業務では、従業員が使った経費を経費清算書に入力し、清算書と領収書をひとつひとつ確認しながらエクセルなどの経理ソフトに入力していけなければなりません。これらの経費を全て法人カードで決済すれば、一気に経理ソフトに使った経費を取り込むことができるので、経費精算があっという間に完了します。

経費の計上漏れや請求漏れを防止できる

法人カードで経費を精算すれば、カードの利用明細書で経費をいつ何に使ったのかすぐに確認することができます。さらに、利用した経費はすべて経理ソフトに取り込むことも可能なので、経費の計上漏れがなくなります。さらに、領収書を紛失して請求できなくなったり忘れたりする心配もなくなるので、経理のミスや無駄をなくすことにもつながります。

メリット2.キャッシュフローが安定する

経費を全て法人カードで決済すれば、毎月決まった日に銀行から引き落とされるので、小口現金を準備しておく必要がなくなります。

法人カードの決済日は、月末締めの翌月末払いが一般的です。カード使用から引き落としまでの支払い猶予が長い分、銀行口座に残るお金が増えるので、キャッシュフローが安定します。特に、出張費や広告費などの大きな額の支払いが毎月継続的にある企業にとって大きなメリットになるでしょう。

振込手数料の削減

法人カードの使用分が引き落とされるのは、毎月1回のみです。カード決済を行うことで銀行の振込手数料が不要になるので、銀行振込が多い企業にとって大きなメリットになります。

メリット3.ポイントと付帯サービス

クレジットカードでポイントや付帯サービスが付くのは、個人カードだけではありません。法人カードの場合でも、ポイント還元や海外旅行損害保険などの嬉しい付帯サービスを利用することができます。

ポイント還元

法人カードのポイントは、カードの利用額に応じて付与されます。水道光熱費や通信費などの毎月の固定費にもポイントがつくので、毎月カードをつかって決済するだけでポイントがどんどんたまっていきます。事務用品費や出張費など高額の支払いも法人カードで決済すれば、それに応じたポイントが受けられるので、経費の削減にもつながります。

海外旅行損害保険などの付帯サービスが利用できる

法人カードは個人のクレジットカードと同様に、海外旅行損害保険や国内ラウンジの使用などの付帯サービスが利用できます。特に海外出張などが多い企業では、この特典を上手く使うことで大幅に経費を削減することができます。カードのランクによっては、コンシェルジュサービスやプライオリティパスなどの嬉しい特典が得られます。

福利厚生が充実する

法人カードの中には、福利厚生代行業者と提携しているものもあります。こういった法人カードを導入することで、レジャー施設や宿泊施設の割引など福利厚生サービスを受けられます。

個人事業主や中小企業など自社単独で福利厚生を導入するのが難しい場合でも、法人カードを利用すれば、安い値段で福利厚生を充実させることができます。

法人カードと個人カードの5つの違いを知ろう!

法人カードはポイント還元や付帯サービスが受けられるなど、個人カードとの共通点もたくさんありますが、法人カードにはあるけど個人カードには無い、もしくはその逆の機能など、違いもいくつかあります。初めて法人カードを導入する際は、個人カードとの違いをしっかりと理解しておきましょう。

利用限度額

個人カードと法人カードの大きな違いとしてまず、利用限度額が挙げられます。法人カードは事業費などの大きな額の決済を想定しているため、利用限度額も最大で300~1,000万円と、個人のクレジットカードに比べて高めに設定されているのが特徴です。

利用額は希望に合わせて選べますが、カードの種類によっては初期設定の限度額が小さめに設定されていることもあるので、あらかじめ確認しておきましょう。月の途中でカードが使えなくなった場合は、カード会社に増額を依頼する必要があります。

特典の違い

法人カードはビジネスに使用するためのクレジットカードなので、個人カードでは受けられないビジネスに便利な特典が得けられることもあります。

例えば、接待に使えるレストランのグルメ割引特典や経営専門家の無料コンサルティングなどが挙げられます。得られる特典はそれぞれカードによって異なるので、申し込む前に確認しておくことをおすすめします。

審査方法

法人カードは、信用できるかできないかで利用限度額が異なります。例え最大限度額が大きいカードを選んだとしても、信用がなければ最大額まで上げるのは難しくなります。始めは限度額が小さくても、毎月遅延せずに支払いを続けることで、利用限度額を上がることも可能です。

個人事業主や自営業の方は、開業してすぐだと安定収入があるのか判断し辛いため、審査の際に不利になってしまう可能性もあるので、確定申告後に申し込むのがおすすめです。

分割払いやキャッシング機能

個人向けのクレジットカードには、最寄りのATMなどから現金の借り入れが可能なキャッシング機能が備わっているのが一般的です。しかし、法人カードは法人向けに発行するもので、法人は銀行から融資を受けるのが一般的なので、キャッシング機能はついていない場合が多いです。

また、法人カードは、分割払い機能も付いていないものがほとんどですので、個人カードとの使い方の違いをしっかりと覚えておきましょう。

法人カードは複数枚の追加カードが発行できる

個人のクレジットカードで追加発行できるのは家族カードくらいですが、法人カードは、複数枚の追加カードの発行が可能です。そのため、社員や従業員の数に合わせてクレジットカードを発行することができ、さらに現金管理の手間や現金紛失などの心配もなくなります。

おすすめの法人カード8選!

おすすめの法人カードを8枚紹介していきます。法人向けカードが充実しているものやマイルが貯まるものなど、それぞれ目的別におすすめのカードを紹介していきますので、カード選びでお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

法人向けサービスが充実しているビジネスカード

法人カードの中でも、比較的審査が通りやすく、ビジネスに便利なサービスが充実しているカードを紹介していきます。法人カードは法人名義で作れるカードで、法人向けに発行されるものです。

法人カードの審査基準は業歴が3年以上で2年連続黒字決算など厳しく設定されているところも少なくありませんが、最近では、業歴が浅い企業や個人事業主でも発行できるカードが増えてきています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、法人設立から1年未満でも作れる法人カードです。空港ラウンジサービスや海外旅行損害保険などの付帯サービスも充実しているので、海外出張などが多い企業にもおすすめです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

Thumbnail sbs%20gold

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 31,000円(税別) 1.0% メンバーシップ・リワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約3週間程 審査基準による 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
新規入会後にカード利用で30,000ptプレゼント!
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのメリット

個人事業主の方にもおすすめのアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、旅行に強いアメックスならではの充実した付帯サービスが受けられるのが魅力です。

帝国ホテル東京のビジネスラウンジが使用できたり、空港ラウンジや手荷物宅配サービスなど出張時に役立つサービスが盛りだくさんです。基本カードの会員の方は、初年度年会費無料で、入会後1年以内のカード利用で30,000ポイント獲得などお得な特典も充実しています。

JCB一般法人カード

JCB一般法人カードは、当日でもお得な法人専用運賃で国内航空券を予約できるサービスや東京~博多間の東海道・山陽新幹線の「エクスプレス予約」サービスを利用できるなど、ビジネスに便利な機能が充実しているのが特徴です。

旅行損害保険サービスも付いており、海外でも国内でも最高3,000万円まで保証されます。カードの利用可能額は10~100万円で、法人でも個人事業主でも申し込みできます。

JCB法人カード 一般

Thumbnail jcb corporate

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税抜) 0.5%~1.0% Oki Dokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
通常2~3週間 公式サイト参照 無料
JCB一般法人カードのメリット

JCB一般法人カードは、ETCカードが年会費無料で一枚のカードに対し複数枚のカードを発行できるのが魅力です。車で営業に出た際に使用する有料道路利用代金も会社の経費でまとめて精算できます。

走行日やご利用金額などETCスルーカードNの利用状況がネットで簡単に確認できる法人向けサービス「JCB E-co明細サービス」を利用できるのもJCB法人カードを選ぶメリットと言えるでしょう。

個人事業主にもおすすめの法人カード

多くの法人カードは、個人事業主の方でも問題なく発行できます。個人事業主の方にもおすすめの法人カードはいくつかありますが、その中でも特におすすめのカードを厳選して紹介していきます。

オリコEX Gold for Biz(エグゼクティブ ゴールド フォービズ)法人カード

個人事業主の方にもおすすめのオリコEX Gold for Biz(エグゼクティブ ゴールド フォービズ)法人カードは、年会費が2,000円で利用限度額は最高300万円。年会費が安く豊富な付帯サービスが受けられる法人カードです。

オリコ EX Gold for Biz

Thumbnail ex gold for biz master

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

-
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税抜) 0.6%~1.2% 暮らスマイル
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照 10万円~300万円 無料
オリコEX Gold for Biz法人カードのメリット

オリコEX Gold for Biz(エグゼクティブ ゴールド フォービズ)法人カードは、ポイント還元率の高さが魅力の法人カードです。年間利用額が50万円以上の方は、0.85%、200万円いじょうであれば1.1%もの高いポイント還元率が受けられます。

コストコビジネスメンバー (法人会員)

食材を安く大量に仕入れることができるコストコの法人カードは飲食店の経営者に人気がありますが、コストコは食材以外にも、事務用品や家電などビジネスに必要なアイテムが充実しているので、これからビジネスを始める方や個人事業主の方にもおすすめです。年会費は3,850円で、社員や従業員用に追加で6枚発行することも可能です。

コストコビジネスメンバー (法人会員)のメリット

コストコのビジネスメンバーになれば、一般のゴールドスターメンバーよりも年会費を550円安く抑えることができます。さらに、申請者の配偶者や両親など家族に対して1枚無料でカードを発行できるので、家族でお得に買い物が楽しめます。また、法人カードの所有者限定で行われるイベントなどにも参加できるのもビジネスメンバーのメリットと言えるでしょう。

マイルが貯まる法人カード

個人向けのクレジットカードにはマイルを貯められるものもたくさんありますが、法人カードにはマイルを貯められる機能が備わっていないのが一般的です。しかし、中には例外もあります。ここでは、マイルを貯められるだけではなく、ポイントもマイルに移行できるおすすめの法人カードを紹介していきます。

ANA一般カード〈法人用〉

法人用のANA一般カードは、マイルが貯められる旅行に特化した充実のサービスが受けられる法人カードです。初年度年会費は無料で、入会または継続時には1,000マイルのボーナスマイルが受け取れます。さらに、ANA@deskで予約・購入・発見した航空券であればANAカードマイルプラスの対象になります。

ANA一般カード〈法人用〉のメリット

旅行に嬉しいサービスや割引が数多く受けられるのは、法人用ANA一般カードを導入するメリットと言えるでしょう。法人用ANAカードの会員になれば、ANAが提供するツアーをお得な価格で購入できるので、社員旅行やインセンティブにも活用できます。さらに、ツアー代金にマイルを充填することもできるので、経費削減にもつながります。

ダイナースクラブ ビジネスカード

ダイナースクラブ ビジネスカードは、会社経営者や役員、個人事業主の方などにおすすめのマイルが貯まる法人カードです。入会時・継続時には、2,000マイルのボーナスマイルが受け取れて、さらに、搭乗時には区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%のボーナスマイルが受け取れるのが魅力です。

ダイナースクラブ ビジネスカードのメリット

大ナーズクラブビジネスカードは、充実したビジネス特典が受けられるのが魅力です。例えば、確定申告に便利なクラウド会計ソフト「freee(フリー)」が2ヶ月分無料で利用出来たり、ビジネスシーンに活用できる優待加盟プログラムが利用できるなど、ビジネスに便利なサービスが盛りだくさんです。

法人ガソリンカード

おすすめの法人ガソリンカードを紹介していきます。ガソリンカードを持っていれば、ガソリン・軽油がお得な契約価格で利用できるので、運送会社や車での営業が多い企業の方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

ENEOS BUSINESS(エネオスビジネス)

法人や個人事業主向けのエネオスビジネスは、入会金・年会費が無料の法人ガソリンカードです。一般的な法人カードとは異なり、ガソリンスタンドのエネオスだけで使えるのが特徴で、カード会社はトヨタ自動車の金融事業部のトヨタファイナンスが行います。給油をエネオスで行えば経費をまとめて支払えるので、会計処理の効率化にもつながります。

ENEOS BUSINESSのメリット

エネオスビジネスを利用している方は、WEBで利用明細を簡単に閲覧・ダウンロードすることができます。利用明細を見れば、だれがどれだけ使用したのかがひと目ですぐに分かり、支払いも一括で簡単に行えるので経理業務も楽になります。トヨタ自動車グループ子会社のトヨタファイナンスが決済を行うので安心という点も、エネオスビジネスを利用するメリットと言えるでしょう。

ENEOS FC

エネオスFCは、運送会社向けの法人ガソリンカードで、小型車にも大型車にも対応しているのが特徴です。エネオスビジネスと同様に、入会金・年会費が無料でガソリン、軽油、FC指定オイルがお得な契約価格で利用できます。3断層までの車両管理もフォローしてくれるので、プロのドライバーも安心して利用できます。

ENEOS FCのメリット

エネオスFCは希望の車両台数に応じたカード枚数を発行できるのが魅力です。車両を使用する際に毎回カードを所有している人を探す手間が省けるので時間の節約にもつながります。利用料金は給油月の翌々月8日に指定口座から引き落とされます。1ヶ月分まとめて後払いできるので、支払いまでの間、資金を有効に活用できるのもメリットと言えるでしょう。

これで失敗しない!法人カードの3つの選び方

法人カードの失敗しない選び方を3つ紹介していきます。利用者の数や使用場所に合わせて最適な法人カードを見つけましょう。

利用者の数で選ぶ

法人カードを選ぶ際はまず、利用者の数を確認しましょう。カード会社によっては、追加カードを発行できなかったり、追加で発行できるカードの枚数に限りがある場合もあるため、あらかじめ確認しておくことが大切です。

使用場所で選ぶ

法人カードは、どのような場所で多く経費を使うのかを考えて選ぶことが大切です。例えば、営業で車を使用することが多い方はガソリン代がお得になる法人ガソリンカードがおすすめです。海外出張が多い方は海外旅行損害保険、国内出張が多い場合は国内線飛行機や新幹線がお得になるカードを選ぶと良いでしょう。

ポイント・マイル・キャッシュバック還元で選ぶ

法人カードは、ポイントやマイル、キャッシュバックの還元率で選ぶのもおすすめです。これまで経費として支払っていた額の数パーセントが還元されるだけでも、大きな額になることもあります。

ポイント制度では、貯まったポイントを商品やサービスと交換することができ、キャッシュバック制度のカードでは、支払った額に応じて現金が払い戻しされます。目的やよく利用するサービス・商品などに合わせて、最適なカードを見つけましょう。

まとめ

おすすめの法人カードやそれぞれのメリットを紹介してきました。海外旅行保険や国内旅行損害保険、ゴルファー保険など付帯保険が充実している法人カードなどもあるので、出張が多い方にもおすすめです。法人カードは法人だけではなく個人事業主の方にも嬉しいメリットが盛りだくさんです。

個人事業主や自営業の方が法人カードを申し込む際は、開業届を出しているかどうかで審査に通過できるかが変わってきます。開業届を提出すれば正式に事業を行っていることを証明できるので、審査の際も有利になります。メリットを比較しながら、それぞれの目的に合ったカードを見つけましょう。

特徴ごとに徹底比較!利用スタイル別おすすめ法人カードはこれ!

2018.12.14

特徴ごとに徹底比較!利用スタイル別おすすめ法人カードはこれ!

各カード会社からさまざまな法人カードが発行されていますが、それぞれに異なる強みがあるので、どれを選べばよいのか頭を悩ませている経営者や個人事業主も多いのではないでしょうか。カード会社の商品紹介を見比べても「このカードはこの要素に秀でている」という情報はなかなか気が付かないものです。この記事では主な特徴別におすすめのカードを紹介していきます。ステータスの高いカードを持ちたい、限度額が多いほうがいい、年会費のコストを削減したいなど、それぞれの経営者によって重視する部分は異なると思います。この記事では特徴別におすすめをご紹介するので、きっとあなたの目的に合ったカードが見つかるはずです。ぜひお役立てください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

人気の記事

新着記事