法人カードの年会費は経費に計上可能!満足度の高いおすすめ法人カード4選

PCでカードの決済をしている

個人用クレジットカードとは異なり、年会費無料の法人カードは非常に少ないのが現実です。法人カードを作ろうかと検討しつつも、年会費がネックになってなかなか一歩が踏み出せないという方もおられるのではないでしょうか。

もしくは、何を基準に法人カードを選べばよいかがわからないという方がおられるかもしれません。しかし実は、会社経営者や個人事業主の方が法人カードを作る際、年会費の額をさほど気にする必要はないのです。

この記事では、法人カードのメリットや年会費を気にせずにすむ理由、選び方のポイントなどを解説しつつ、ビジネスシーンでぜひ手にしていただきたい法人カードを紹介しています。

法人カード(ビジネスカード)とは

中小企業の社長と幹部

法人向けのカードには、以下の2種類があることをご存知でしょうか。

  • 法人カード(もしくはビジネスカード)
  • コーポレートカード

法人(ビジネス)カードと呼ばれるものは、発行枚数に制限があったり限度額が低かったりすることなどから、個人事業主や中小企業の経営者向けとなっています。ビジネス向けのサービスを多く提供していながらも年会費などが比較的低めに設定されており、審査にも通りやすいなど、入会へのハードルが低いカードといえるでしょう。

一方のコーポレートカードは、大企業や官公庁向けのカードです。発行枚数に制限が設けられておらず、代表者用のメインカードがないことが特徴です。引落口座として、法人用口座・個人用口座のどちらでも指定可能なのは、コーポレートカードの特徴です。

ここでは、個人事業主や中小企業の経営者向けに、法人カードについて解説していきます。法人カードにはどのようなメリットがあるかを、次に説明しましょう。

法人カードで得られる4つのメリット

エコノミーの吹き出しを持つ男性

法人カードには、大きく4つのメリットが挙げられます。

  • 経費処理の手間が軽減できる
  • キャッシュフローを改善できる
  • ビジネスシーンで活躍するさまざまなサービスが付帯する
  • 取引先の信用につながるステータスが得られる

それぞれについて、詳しく説明していきましょう。

経費処理の手間が軽減できる

法人カードを導入することで経費処理の手間が軽減できるのは、個人事業主や中小企業の経営者にとってはかなり大きなメリットです。

現金で決済している場合、経費処理にかける時間と手間はかなり大きなロス。個人事業主には確定申告の義務がありますが、そのためにかなりの時間を費やして領収書やレシートと格闘しているという方も少なくないはず。経理担当者がいる場合も、業務コストがかかります。

経費の支払いをすべて法人カードにまとめれば、経費はすべて利用明細書に記録されるため、何をいつどのように購入したかは一目瞭然。領収書などとつきあわせる手間がなくなります。

また、引き落としも一括で行われるため、振り込む必要がなく、経費処理の負担がかなり軽減されるのです。

キャッシュフローを改善できる

法人カードを利用することで、キャッシュフローを改善できるのも、個人事業主や中小企業の経営者にとってはうれしいポイントです。

法人カードの多くは、分割払いにも対応しており、翌月・翌々月にまで支払いを延ばせます。ビジネスをする中で、今は手元に現金がないということもあるはず。そういったときにキャッシュフローをうまく回せるので、慌てずにすみます。

また、カードの利用実績によっては利用限度額を上げることも可能です。ビジネス上の挑戦をしたいというときの大きな味方になってくれることでしょう。

ビジネスシーンで活躍するさまざまなサービスが付帯する

法人カードには個人向けのサービスに加えて、法人向けのさまざまなサービスが付帯しています。秘書代わりになるシェルジュサービスや社員の福利厚生に役立つサービス、ビジネスのコンサルティングサービス、経費処理に役立つ会計ソフトとの提携サービスなどがあり、カードごとにその内容も異なります。

そのほとんどが無料で提供されていますので、せっかく法人カードに入会するなら、その特典をしっかり享受しましょう。

取引先の信用につながるステータスが得られる

起業したての個人事業主であったり事業規模が小さな段階では、取引先からの信用を得にくいものです。そういったときに、ステータスが高いクレジットカードを利用することで、取引先の見る目が変わるということも。

ステータスが高い法人カードの場合それなりの年会費がかかることもありますが、経費処理にかかる手間や時間を削減できれば、結果的にコストカットにつながります。また、後ほど述べるように、年会費を経費として計上できますので、十分にもとは取れるでしょう。

年会費を第一に考えるのではなく、ステータス性に注目してカードを選ぶことも大切です。

次に、法人カードを選ぶ際のポイントを解説していきます。

法人カードを上手に選ぶための3つのポイント

ネット決済している男女4名

法人カードへの入会を決意したものの、カード選びの段階でその多さに戸惑い、困っているという方も多いのではないでしょうか。ここでは、カードを選ぶ際のポイントを3つ挙げます。

ご自分の状況に即したものを選ぶためにも、これらのポイントに注目してください。

  • 追加発行できるのか、枚数に限度はあるのか
  • 利用限度額が想定する利用額より上か
  • どういったシーンで利用するのか

追加発行できるのか、枚数に限度はあるのか

まず注目すべきは、カードの追加発行が可能なのか、追加枚数に限度があるのかということです。

個人事業主や法人の代表者だけがカードを利用するなら問題はありませんが、社員にカードを持たせる予定があるなら、カードを選ぶ際の大きなポイントになります。

カードごとに追加発行の条件が異なりますし、複数発行した場合の年会費などにも差が

カードを何枚使用するかを事前に検討し、その条件に合うカードを選ぶようにしましょう。

利用限度額が想定する利用額より上か

法人カードを選ぶ際、利用限度額にも注目しなければなりません。自社が経費としてカード払いするのはどれぐらいの額なのかを検証し、利用限度額がその想定額より高く設定されている法人カードを選ぶことが大切です。

せっかくビジネス上の勝機があり、投資すべきタイミングなのにもかかわらず、カードの利用限度額に阻まれてしまうといったことがないようにしましょう。

また、カードによっては事前に入金したり承認を受けることで、限度額を超過して利用できるものもあります。こういったカードを選ぶのもひとつの手です。

どういったシーンで利用するのか

どういったシーンでカードを利用しようとしているのかによって、カードを選ぶ基準も異なってきます。

国内外への出張が多い場合は、国内外の旅行傷害保険が自動付帯になっているカードや空港ラウンジの利用サービスが充実しているカードがおすすめです。

取引先を接待する機会が多い場合は、無料コンシェルジュサービスが付帯しているカードや高級レストランの優待サービスがついているカードが便利でしょう。できるだけ経費を削減したいという場合は、ポイントが貯まるカードを選ぶのがおすすめ。

自分がどういったシーンでカードを利用したいのか、事前にイメージしておくことも大切です。

しかし、これぞというカードを見つけたと思ったのに、想定していたよりも年会費が高くて入会を決めかねているという方がおられるかもしれません。

次の項目では、法人カードを選ぶ際に年会費の額を気にしなくてもよい理由をお伝えします。

法人カードを選ぶ際に年会費の額を気にしなくていい理由

領収書

個人事業主や中小企業の経営者が法人カードへの入会を検討するとき、まず目がいくのは、年会費の額ではないでしょうか。できるだけコストを抑えたいと考えるとき、決まって出ていく額が少なければ少ないほどよいと考えるのは、決して間違いではありません。

しかし実は、法人カードの年会費の額はさほど気しなくても大丈夫。ここでは、その理由を説明していきましょう。

法人カードの年会費は経費に計上できる

法人カードの年会費は、個人カードとは異なり、経費として計上することができます。

ビジネス専用のカードである法人カードは、仕事上必要な経費を支払うためのもの。新幹線や飛行機などの交通費、備品代、取引先との飲み会なども、経費です。その前提があるため、年会費も「仕事上必要なもの」とみなされるのです。

プライベートでも法人カードを使う個人事業主の場合はここに注意

個人カードの年会費はもちろん経費に計上できませんが、中には、法人カードをプライベートな支出でも利用しているという個人事業主がおられるでしょう。この場合は公私の区別がついていない状態で、法人カードとはいえ一律で経費扱いにはできません。

1枚の法人カードをプライベートとビジネスで使っているという場合は、カードを利用する際の割合を確認してください。一般的には、仕事用の支出が5割を超えていれば、経費として計上しても問題ないようです。

しかし、なかなか判断に迷うことでもありますので、できれば顧問税理士からのアドバイスをもらうようにしてください。

年会費は「諸会費」もしくは「支払い手数料」で経費計上

法人カードの年会費を経費に計上する場合、勘定科目は、「諸会費」または「支払手数料」になります。

「諸会費」という科目は、会社の業務関連の団体に支払う年会費や組合費を管理するためのもの。法人カードの場合も会員になるために必要な会費と考えて、「諸会費」が適当だと考えるのです。

また、「支払手数料」という科目は手数料や報酬の支払いなどを管理するためのもの。経費を支払うために利用する法人カードを管理するための費用が、「支払手数料」になると考えられるので、こちらの勘定項目でも大丈夫です。

「諸会費」と「支払手数料」のどちらを使っても間違いではりません。ただし、一度どちらかの科目を使った場合は、次期以降も同じ科目を選ぶように気をつけてください。

パソコンをしながらクレジットカードを持つ男性

2019.04.04

法人カードの年会費を経費で落とすなら勘定科目はこれで決まり!

仕事でクレジットカードを使っていても、簿記の知識は必要ありません。会計は会計の専門家に任せればよいと考えることもできます。しかし、カードの年会費を経費で落とそうと考えるなら、勘定科目のことくらいは知っておきたいものです。ただ、カードの年会費は経費になるのかと問われれば、その答えはイエスでもありノーでもあります。なぜ答えがわかれるのか、そもそも経費とはなんなのでしょうか。また、「法人カードを持ちたいけれど、個人カードとどう違うのか」そんな声も聞こえてきます。そこで、こちらではクレジットカードの年会費を経費で落とすことと勘定科目の決め方に注目しながら、法人カードがおすすめの理由を解説します。

消費税も含めた額で経費計上可能

法人カードの年会費を経費にする場合は、消費税も含めた額で計上するようにしましょう。

この際、「諸経費」の勘定科目を使う場合は注意が必要です。実は、「諸経費」においては非課税のものを扱うことが多く、会計ソフトの中には、初期設定で「諸経費」を非課税設定にしているものもあるのです。

ここに気づかず、法人カードの年会費を「諸経費」扱いにしていると、節税効果を十分に得られない可能性もあります。

「諸経費」の勘定科目を選択したときは、消費税分をしっかり計上できているかを確認することが大切です。

利益が出ていれば年会費は節税効果に

では、年会費が節税効果になるというのはどういうことでしょうか。ビジネスで利益が出た際は、法人税や所得税といった税金を支払わねばなりません。この利益から差し引けるのが、経費。

つまり、利益から仕事上必要だった手出し分を差し引いた額に税金がかかるのです。そこで、年会費を経費として計上して課税の対象となる所得を減らすことで、節税効果が生まれるわけです。 ある程度利益が出ているのであれば、年会費の額をさほど気にせずカードを選ぶことができます。

そこでおすすめしたいのが、ステータス感のある法人カード。次の項目では、ステータス感がある法人カードを選ぶメリットを解説します。

ステータス感があり使い勝手のよい法人カードを選ぶメリット

ステータス感のあるカードアップ

ある程度の利益があり、法人カードの入会を検討されている個人事業主や会社経営者の方におすすめしたいのは、ステータスカードと呼ばれる上位カードです。

ステータスカードを所持していれば、取引先からの信用が高まる可能性があります。もちろん、こうしたステータスカードの年会費は比較的高く設定されていることが多いのですが、経費として計上すれば節税効果があり、さほど大きな負担にはなりません。

また、国内外旅行傷害保険が自動付帯したり保障額が高額になったりと、出張の際の安心を得ることができます。これは、ステータスカードならではのメリット。他にも空港ラウンジを無料で利用できるので、疲れた身体を休めることもできます。

さらに、利用限度額が高いのもステータスカードの特徴。年会費がそれなりに高額な法人カードの場合、利用限度額が500万円以上になるのは珍しくありません。

それでは、ステータスカードとしてどのような法人カードを選べばよいのでしょうか。次の項目で、おすすめのステータスカードをご紹介します。

ステータス感で他を圧倒!アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメックスカードでバーでの接待

個人事業主や会社経営者の方にいちばんにおすすめしたいステータスカードは、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードです。

年会費は31,000円(税抜)と少々高め。個人でこれだけの額を負担するには思い切りもいりますが、法人カードなら経費に計上できるので、さほど大きな負担にはなりません。

ここでは、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードをおすすめする理由を以下の3つのポイントにしぼってご説明します。

  • 手にすることで高い満足感が得られる
  • 起業1年目からでも審査に通りやすい
  • ビジネスシーンで活躍する付帯サービスが豊富

手にすることで高い満足感が得られる

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードをおすすめするいちばんの理由は、何といってもそのステータス感にあります。持つだけで高い満足感が得られるだけでなく、取引先からの見る目も変わる――それだけのステータス感があるのが、このアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードなのです。

起業1年目からでも審査に通りやすい

それだけのステータス感がありながら、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、審査に通りやすいカードとしても有名。たとえ起業1年未満でも審査に通過する可能性が高いです。

アメックスの個人カードは審査が厳しめなのですが、法人カードの場合は審査がゆるく、さまざまな法人カードの中でもトップクラスに審査に通りやすい傾向にあります。

個人事業主や会社経営者なら誰でも申請可能ですし、ビジネス実績が全くない場合でも大丈夫です。

ビジネスシーンで活躍する付帯サービスが豊富

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、そのサービス内容も非常に充実しています。海外旅行傷害保険は自動付帯になっており、家族に同様に補償対象になる「家族特約」つき。家族旅行をする際も家族全員が自動付帯になるため、旅行保険に入りなおす必要がありません。

また、自宅から空港(空港から自宅)までスーツケースを無料で配送してくれるサービスや、空港ラウンジの無料サービスがあり、快適な状態で旅行できるのもおすすめのポイント。

会食や接待でレストランを利用する際は、無料コンシェルジュサービスで有名店を予約でき、割引サービスも受けることができます。

年会費以上に充実した付帯サービスがアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの1つの魅力といってよいでしょう。

とはいっても、こうしたハイスペックな法人カードにはまだ手が出ないとお考えの方もおられるでしょう。そんな方に向けて次の項目で、年会費が比較的安い法人カードをいくつかご紹介しています。ぜひ、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードと比較検討してみてください。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

Thumbnail sbs%20gold

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 31,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 審査基準による 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
新規入会後にカード利用で30,000ptプレゼント!

年会費が安くてコストパフォーマンスもよい法人カード3選

窓側でカード問い合わせする女性

起業して間もない、市況が悪いといった理由で利益がさほど出ていない場合、年会費が安い法人カードはとても魅力的に映ります。

ここでは、年会費が安くてコストパフォーマンスのよい法人クレジットカードを3つご紹介します。ステータス性ではゴールドカードに劣るものの、満足度の高いカードばかりです。

リーズナブルな年会費と必要十分なスペックが魅力!オリコ EX Gold for Biz

オリコ EX Gold for Bizは、年会費が2,000円(税抜)とリーズナブルながら、必要十分なスペックがあるとして人気の法人カードです。

追加カードは3枚まで発行でき、年会費は必要ありません。ETCカードはカード1枚につき、1枚発行可能です。

限度額は最高で300万円とさほど高くありませんし、海外旅行傷害保険(自動付帯)の補償額は少ないのですが、空港ラウンジを利用できたり、年間200万円以上の利用で還元率が1.1%に上がるなど、満足度の高いサービスを提供しています。

コストパフォーマンスの面では非常に優れた法人カードといってよいでしょう。

オリコ EX Gold for Biz

Thumbnail ex gold for biz master

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税抜) 0.6%~1.2% 暮らスマイル
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照 10万円~300万円 無料

初めて持つ法人カードとしておすすめ!三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

起業したてのビジネス初心者におすすめの法人カードが、三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)です。

年会費は1,250円(税抜)と安く、登記簿謄本や決算書を提出する必要がないため、起業直後であっても審査に通過する法人カードとして知られています。

ただし、利用限度額は最大で150万円。さらに、ポイント還元率も0.5%で、一般的なものです。海外旅行傷害保険も利用付帯で、空港ラウンジも使えませんが、年会費の点で魅力的な法人カードのひとつです。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

Thumbnail smcc forowner v c rgb 180510

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜1,250円+税 0.3%~0.5% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
10万円~150万円 税別500円+税

低コストでブランドの安定感もあり!JCB法人カード

JCBブランドの安心感を得られる法人カードとして人気なのが、JCB法人カードです。一般カードの場合、年会費は1,250円(税抜)で、初年度の年会費は無料です。キャッシュバック型とポイント還元型から選択でき、ETCカードを年会費無料で複数枚発行できますが、追加カードには基本カードと同様の年会費がかかります。

年会費を抑えつつ、カード利用でポイントを得たい、キャッシュバックしてもらいたいという方におすすめの法人カードです。

JCB法人カード 一般

Thumbnail jcb corporate

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税抜) 0.5%~1.0% Oki Dokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
通常2~3週間 公式サイト参照 無料

まとめ

ここでは、法人カードで得られるメリットや法人カードを選ぶ際のポイントを説明しつつ、ステータスカードを持つメリットなどについても言及してきました。

法人カードの年会費は経費として計上できるため、年会費の額を気にする必要はさほどありません。ある程度利益が出ていれば、節税効果もあるため、ステータスカードを持つことをおすすめします。

また、ステータスカードと年会費の安い法人カードをあわせてご紹介していますので、自社にぴったりの1枚をお選びください。

【特徴ごとに徹底比較】利用スタイル別におすすめの法人カードまとめ!

2019.08.01

【特徴ごとに徹底比較】利用スタイル別におすすめの法人カードまとめ!

各カード会社からさまざまな法人カードが発行されていますが、それぞれに異なる強みがあるので、どれを選べばよいのか頭を悩ませている経営者や個人事業主も多いのではないでしょうか。カード会社の商品紹介を見比べても「このカードはこの要素に秀でている」という情報はなかなか気が付かないものです。この記事では主な特徴別におすすめのカードを紹介していきます。ステータスの高いカードを持ちたい、限度額が多いほうがいい、年会費のコストを削減したいなど、それぞれの経営者によって重視する部分は異なると思います。この記事では特徴別におすすめをご紹介するので、きっとあなたの目的に合ったカードが見つかるはずです。ぜひお役立てください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

法人カードランキング

目的別

掲載法人カード

人気の記事

新着記事