ETCカードの年会費が無料のおすすめ法人カードと導入時にチェックしたいポイントまとめ

ETCカード 差込中

「社用車で遠くに行く機会が多い」「車を使ったビジネスを行っている」などの場合、法人代表者の方は高速道路や有料道路の通行料金がお得になるETCカードの導入を考えるのではないでしょうか。

そして、導入するのであれば、できればコストをかけずに無料で保有できたら良いと思っている方も多いかもしれません。

この記事では、最初にETCカードを無料で持つために得ておきたい知識をまとめています。導入するには法人カード所定の審査を通過しなくてはならないことをはじめ、年会費以外に発生するお金にカード選びのためのポイントも解説していきましょう。そして、最後に年会費無料でETCカードの発行が可能な法人カードをご紹介します。

最後まで目を通すことで、ETCカードを無料で発行する際にどんなことが重要になるのかを理解できて、自社に最適な法人カードの申し込みがスムーズになります。 ぜひ、無料でETCカードを発行したい方は参考にしてください。

ETCカードには年会費無料と有料がある

車内から外へ微笑む女性

ETCカードを持つにあたり、発行するカード会社によって年会費の有無が異なります。 無料としているところもあれば1枚あたり500円にしている場合もあり、あらかじめチェックしてから選ぶ必要があるでしょう。

また、ETCカードの年会費無料といっても、法人カードを持っていれば無料になるのと条件付きで無料になるのは意味合いが異なります。

こちらでは同じ無料でも「完全無料」と「実質無料」の違いを解説する他、ETCカードの年会費以外に発生するお金についてまとめてみました。

完全無料と実質無料の違い

ETCカードの年会費には、保有にあたっての維持費がまったくかからない完全無料と一定の条件クリアが必要な実質無料があります。

たとえば「JCB法人カード」の場合、公式ホームページには「年会費無料」「ETCスルーカードN年会費は、カード発行会社が負担します。」と書かれています。この場合、年会費は完全無料となり支払いは発生しません。途中でカード会社の規約に変更でもないかぎり、ずっと無料で持てると解釈して良いでしょう。

一方、「三井住友ビジネスカード for Owners」などを発行する三井住友カードでは、以下のような説明が書かれています。

年会費:税抜500円+税 
初年度年会費無料2年目以降:前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば翌年度無料

要するに利用がなければ年会費は発生するけれど、1年に1回でもETCカードを使って通行料金を支払えば年会費はかからないということです。この状態が実質年会費無料になります。

ETCカードは利用する予定があるから発行するのが一般的です。そのため、発行したからには年会費を支払わずに維持できる方が多いでしょう。

利用予定がない場合も、初年度無料期間内に解約してしまえば翌年度に請求がくることはありません。

ETCカードの年会費以外に発生するお金

ETCカードそのものの年会費が完全無料、もしくは実質無料となる場合でも、その他に発生するお金があります。

もしも法人カードを新規入会からはじめるのであれば、年会費などのお金についても計算しておく必要があるでしょう。

なお、主に必要経費となるのが以下の3点です。

  • 法人カードの年会費
  • 法人カードの追加カードの年会費(必要枚数に応じた)
  • ETCカードの発行手数料

ETCカードの年会費だけでなく、上記の費用も必ずチェックするようにしてください。

次にETCカードを無料で発行するための選択肢をはじめ、ETCカードの発行方法の種類について解説していきましょう。

無料で持てるETCカードは法人カードに紐づけられたもののみ

車に乗り込む前コーヒーを持つビジネスマン

ETCカードを無料で発行するために必要なのが、法人カード所定の審査に通過することです。

このETCカードを法人カードに紐づけて決済を行う方法が一般的ですが、審査に落ちてしまった場合は他の年会費などの費用が発生する方法を選ぶしかありません。

こちらでは法人カード付帯のETCカードを持つための流れをはじめ、その他の選択肢として検討できる「ETCコーポレートカード」「ETCパーソナルカード」についてまとめています。

法人カード付帯のETCカードは発行審査通過が絶対条件

ETCカードは法人カードの付帯カードとして発行するのがスムーズですが、そのために必要なのが各カード会社で行う入会審査に通過することです。

法人カードを利用した場合、先カード会社は契約者に代わって決済金額を加盟店に立て替え、後で指定の銀行口座から引き落とします。しかし、未払いがあって回収できない状態になったらカード会社は貸し倒れになってしまいます。

それらのことを避けるために、審査を通して契約者の支払い能力や信用度を判断。問題なく支払ってもらえるとされれば、カード発行となるわけです。

なお、ETCカードの年会費が無料となるのは先にも解説したとおり、法人カード付帯のETCカードのみです。その他にクレジット機能なしでETCカードの発行は可能ですが、年会費が発生するのはもちろん、発行手数料に保証金まで必要となってきます。

高額な保証金・年会費が必要!ETCコーポレートカード

審査なしで発行できる他、ETC割引率も高い「ETCコーポレートカード」ですが、発行手数料・年会費が必要です。

また、高速道路を使う機会が多いことで大きな割引を受けられるため、利用金額が少ない場合は作る価値はないとされています。

その他にも支払い保証として以下のうちのいずれかの対応が必要です。

  • 金融機関が発行した保証書
  • 保証金の預託

金融機関発行の保証書とは銀行や信用金庫などの金融機関をはじめ、農業協同組合が発行する書類です。要するに連帯保証人になってもらうことになるため、ハードルは高いでしょう。

保証金の預託とは、デポジットとして現金を預けることになります。

後納料金の支払見込月額4倍以上に相当する金額(1万円未満の端数は切り上げ)となり、10万円を下回る場合の保証額は10万円です。

保証金なので解約時に返金はあるものの、かなり大きな負担ですし、年会費も1枚あたり617円発生します。

発行手数料・年会費に加えて保証金も必要!法人ETCカード

審査なしに導入できる「法人ETCカード」ですが、発行手数料に年会費、その他にも保証金が発生します。

現在、ETC協同組合や高速情報協同組合で法人ETCカードを発行できますが、発生する費用は以下のとおりです。

  • ETC協同組合
    出資金(脱退時返金):10,000円/1社
    カード発行手数料:800円(税抜)/1枚
    年間手数料:800円(税抜)/1枚(年1回)
  • 高速情報協同組合
    出資金(脱退時返金):10,000円/1社
    カード発行手数料:500円(税抜)/1枚
    取扱手数料:500円(税抜)/1枚(年1回)

その他にも最高4枚までしかカード発行ができなかったり、申し込み時に登記簿謄本やETCセットアップ証明書などの書類提出も必要になったりします。

次の章ではETCカードの年会費が無料の点だけでなく、発行可能枚数や法人カード年会費などのチェックしておきたいポイントを見ていきましょう。

ETCカードの年会費無料以外に発行可能枚数と法人カード年会費もチェック

窓を開けた車内でハンドルを持つビジネスマン

ETCカードの年会費無料のみを重視するのではなく、その他にも考えなくてはならないポイントがあります。

  • 発行手数料がかかることでコストが高くなった
  • ETCカードの発行可能枚数と必要枚数が合わない
  • 法人カードそのものの年会費が高額だった

上記について詳しく解説していきます。

発行枚数によってはコストが高くなる場合も

ETCカードの年会費が無料だったとしても、発行手数料が有料の場合はその分だけコストがかかります。

たとえば、三菱UFJニコスの「MUFGカード ビジネス」の場合、ETCカードの年会費そのものは無料です。しかし、新規発行手数料として1,000円(税別)を支払わなくてはなりません。

毎月発生する費用ではありませんが、新規発行手数料は1枚あたりにかかります。そのため、枚数が多ければ多いほど初期の経費負担が増えてコスト高になるでしょう。

法人カードの年会費やETCカードの年会費をチェックすることも大切ですが、合わせて発行手数料の有無も確認するようにしてください。意外と説明欄に小さく書かれている場合も多いので、見落としてしまう場合があります。

複数枚のETCカード発行に対応する法人カードもある

ETCカードは発行枚数に上限を設定していたり、制限なく複数枚のカードを発行していたりします。

まず、「JCB法人カード」は年会費無料で複数枚可能なため、社用車の台数を気にすることなく発行できるでしょう。これに対して、アメリカン・エキスプレス社が発行するステータスが高い法人カード「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」では、基本カード会員は1人5枚まで、追加カード会員は1人1枚までの設定です。

もしもETCカードの年会費が無料だったとしても、自社で必要とする枚数が法人カード設定の上限で足りるかどうかはわかりません。事前に何枚のETCカードが必要なのかを把握したうえで、法人カードの申し込みをするようにしてください。

法人カードの年会費とのバランスを考慮する

ETCカードの年会費が無料で発行できても、法人カードの年会費が高額な場合はそれだけ経費負担が大きくなります。

法人カードに付帯するサービスや特典を活用するのでしたら、特に問題はないのかもしれません。しかし、単にETCカードの利用が目当ての場合、支払う年会費に対して受けられる恩恵が少なくなってしまいます。

法人カードを検討する段階で、年会費に対する利用価値があるのかということを考慮したうえで選ぶようにしてください。

ETCカードを無料で導入するにあたり、あらかじめチェックしておきたいポイントを記事内で解説してきました。これらのことを把握することで、法人カード選びもスムーズになるはずです。

最後に年会費無料でETCカードを発行できるおすすめ法人カード3選で紹介するので、ぜひチェックしておきましょう。

年会費無料でETCカードを発行できるおすすめ法人カード3選

おすすめのETCカード

年会費無料でETCカードを発行できる法人カードはいくつもありますが、こちらではその中でもおすすめのカードを3選でご紹介します。

ETCカードの年会費が無料なのはもちろん、その他にも魅力のある法人カードを集めています。

ライフカード「ビジネスライト」

ライフカード「ビジネスライト」ではETCカードの年会費だけでなく、法人カードそのものの年会費が無料です。とにかくお金をかけずに法人カードやETCカードを保有したい場合におすすめの1枚でしょう。

ただし、弁護士無料サービスや海外アシスタントサービスなどの付帯はあるものの、法人カードでは一般的な旅行傷害保険、空港ラウンジなどのサービスはありません。

サービス内容の充実度を高めたい場合は、「ライフカードゴールドビジネス」を選ぶのがおすすめです。2,000円(税別)の年会費がかかりますが発行初年度は無料になっています。

ライフカード「ビジネスライト」

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短4営業日発行 10~200万円 無料

JCB法人カード(一般カード)

本カードの発行枚数に関係なくETCカードの発行が可能なのが「JCB法人カード」です。

一般カードの年会費は1,250円(税別)となり、オンライン入会で初年度年会費が無料旅行傷害保険が国内外ともに最高3,000万円が補償されたり、ショッピング保険は海外で最高100万円が補償されたりします。

その他にも弥生会計オンライン(セルフプラン or ベーシックプラン)を初年度無料で提供されるなどの特典もあります。

ただし、利用限度額が10~100万円となり、個人カードと大差のない枠です。気になる場合、年会費は10,000円(税別)となりますがゴールドカードにすることで50~250万円となります。

JCB法人カード 一般

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別) 0.5%~1.0% Oki Dokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
通常2~3週間 公式サイト参照 無料

三井住友ビジネスカード for Owners

こちらで紹介している法人カードの中で唯一ETCカードの年会費が500円(税別)発生するのが「三井住友ビジネスカード for Owners」です。

しかし、初年度年会費無料、以降は前年度に1回でもETCカードの利用があることで無料になります。実質無料となるため、他の年会費完全無料のETCカードとほぼ同じと考えて良いでしょう。

法人代表者、個人事業主の方を対象にした法人カードで、クラシック(一般)、ゴールドのランクから選ぶのが一般的です。年会費はクラシックで1,250円(税別)、ゴールドで10,000円(税別)となっています。

国内大手銀行系列の法人カードなのでステータスも高いですし、法人カードにしては珍しく分割払いにリボ払い、キャッシング機能(海外のみ)が付帯するほどです。使い勝手の良さはもちろん、旅行傷害保険やショッピング保険の付帯もあるなど、もしものときの対応もそろっています。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別) 0.3%~0.5% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
10万円~150万円 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
オンライン限定!最大10,000円のVJAギフトカードプレゼント!

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜10,000円+税 0.3%~0.5% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
50万~300万円 税別500円+税
今がチャンス!お得な入会特典
オンライン限定!最大12,000円のVJAギフトカードプレゼント!

まとめ

個人事業主や法人が年会費無料もしくは実質無料ETCカードを導入したい場合、法人カードを発行するのが第一歩です。

それでは、最後に今回の記事で重要となるポイントを振り返っていきます。

  • 法人がETCカードを無料で導入したい場合、法人カードの審査通過が絶対条件
  • 審査落ちした場合はクレジット機能なしのETCカードはあるが年会費などのお金がかかる
  • ETCカードの年会費だけでなく発行手数料もチェック
  • 法人カードの年会費の金額が自社の利用価値に合っているかを考える

とにかく法人カードの審査に通過することが重要となりますが、その際に法人代表者の個人信用情報を参考にして発行を決めるカード会社も多いです。これまでにクレジットカードやローンなどでトラブルを起こした経験がなければ審査基準に達している可能性は十分にあるでしょう。

そして、ETCカードを導入したら通行料金の割引をたくさん受けるなどして、経費削減につなげていってください。

法人用ETCカードの2つの種類とは?最低限押さえたい基礎知識と4つのメリットについて

2020.08.28

法人用ETCカードの2つの種類とは?最低限押さえたい基礎知識と4つのメリットについて

法人用ETCカードに興味はあっても、「実際にどんなカードなのか何も知らない」「会社にとって本当に必要なのか判断がつかない」という方は案外多いのではないでしょうか。この記事では、自分や社員用に初めて法人用ETCカードを作ろうと考えている経営者の方のために、保有するメリットやカードの種類などの基礎知識を解説します。最低限知っておきたい基本情報ばかりなので、法人用ETCカードの必要性や自社に合うカードの種類について検討しやすくなるはずです。最後までひと通りチェックして、法人用ETCカードの基本的な特徴を把握しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

法人カードランキング

目的別

掲載法人カード

人気の記事

新着記事