Apple Pay対応の法人カードはこんなにおトク!Apple Payのメリットも解説します

クレジットカード スマホ

スムーズな決済を実現するApple Pay。iPhoneを持っているなら、ぜひ活用したいサービスです。

Apple Payに対応しているクレジットカードも増えてきましたが、対応可能な法人カードはまだまだ少ないというのが現状です。そもそも、法人カードでApple Payが使えることを知らなかったという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、法人カードでApple Payを利用する方法や、トラブル発生時の解消方法、さらに、Apple Payに対応しているおすすめの法人カードの紹介などをしていきます。

法人カードでApple Payを使いたいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

Apple Payを法人カードで利用する3つのメリット

法人カードでApple Payを使うメリットには、どのようなものがるのでしょうか。具体的には以下の3ポイントがあげられます。

  • 安全性が高い
  • 支払時間の短縮
  • 経費の管理も楽に

以下で詳しく見ていきましょう。

メリット1:安全性が高い

法人カードの場合、クレジットカードを盗まれたり、落として悪用されたりすれば、会社の口座にあるお金を盗まれたのも同じです。電子マネーは気軽に使えるので、被害金額が大きくなる可能性も否定できません。

しかし、ApplePayを起動させるためには指紋認証の必要があるため、登録されている指紋以外でボタンに触れても、一切の決済ができません。

また、iPhoneには「iPhoneを探す」という機能があるので、GPSを使って、iPhoneがどこにあるのかを特定することができます。また、「カードを盗まれたと思い、慌ててカードの利用を止めたら実はポケットに入っていた」というような事態も、「iPhoneを探す」の活用で防げます。

このように、iPhoneのセキュリティーの高さが、そのままApple Payの安全性の高さに繋がっているので、安心して利用することができます。

メリット2:支払時間の短縮

店舗でクレジットカード使って買い物すると、決済後に暗証番号かサインが必要になりますが、この手間をなくしたいと思っている方も多いと思います。タクシーでクレジットカードを使う場合は特に、降車時の手間は省きたいものです。このようなときにApple Payを使えば、指紋認証だけで決済ができるため、所要時間が数秒で済んでしまいます。

なお、実際の店舗で買い物をするときだけではなく、ネット上でのショッピングでも時間の短縮が可能です。初めてネットで買い物する場合には、住所や氏名、カード番号といった複数の情報を入力する必要がありますが、Apple Payでは、これらの情報がすでに登録されているため、指紋認証だけでスピーディーな利用を実現します。

メリット3:経費の管理も楽に

ちょっとした買い物で法人カード使おうとしたらカードが使えなかったり、小額で領収証を貰うのが面倒なので経費扱いにしなかったりというケースも少なくありません。

Apple Payに法人カード登録しておけば、小額の買い物や交通費なども、iPhoneをかざして使うだけで法人口座から支払われます。この方法は、支払いが簡単になるだけではなく、経費の管理も容易になるというメリットもあります。     

実際の支払方法

会計時に、「Apple Payでお願いします」と言っても相手には伝わりません。Apple Payはあくまでも決済の手段として使うので、実際には「iD」「Suica」「QUICPAY」のいずれかで決済の処理が行われます。したがって、会計をするときには「Suicaでお願いします」のように、決済処理に利用する電子マネーの名称を伝えましょう。

メインカードで決済する場合

Touch IDに指を乗せてから、iPhone本体の先端をリーダーにかざすと、Walletが自動で起動します。あとは、認証と決済がほとんど同時に行われて終了です。

メインカード以外で決済する場合

Walletを立ち上げてから、支払いに使用するカードをタップして選択します。次に、Touch IDに指を乗せて認証を開始。「リーダーにかざして支払う」と表示されれば認証は済んでいるのでTouch IDから指を離しましょう。その後は、iPhoneをリーダーにかざして決済完了です。

次の章では、デメリットについても触れていきます。

Apple Payを法人カードで利用する3つのデメリット

Apple Payには、「iPhoneを使って決済する」という特徴が仇になってしまうデメリットも存在します。具体的には以下の3ポイントがあげられます。

  • iPhoneのバッテリーが切れたら使えない
  • 還元率が下がるケースも
  • Apple Payの利用場所が限られる

以下で詳しく見ていきましょう。

デメリット1:iPhoneのバッテリーが切れたら使えない

Apple Payは、登録している端末の電源が入ってなければ利用できません。iPhoneにApple Pay対応の法人カードを登録しても、肝心のiPhoneが充電切れになってしまえば、すべての決済ができなってしまいます。Apple Payに支払いの全てを依存している場合には、iPhoneが使えなくなった瞬間に全決済が不可能となります。

予備のバッテリーを携帯するというのもひとつの手ですが、それではApple Payのメリット「手軽さ」が薄れてしまうため、クレジットカードを携帯する方が合理的です。いずれにしても、カードは常に携帯しなければいけないでしょう。

デメリット2:還元率が下がるケースも

Apple Payを利用する店舗によっては、還元率が低くなるケースもあります。たとえば、Apple Payを使ってiDやQUICPAYで決済をした場合、法人カードによる決済ではなく、「電子マネーでの決済」になるため、保有している法人カードの特典が使えません。

還元率を下げないためにも、店舗の決済手段はしっかりと確認しておきましょう。

デメリット3:Apple Payの利用場所が限られる

Apple Payは事実上、IDやQUICPAYなどによる電子マネー決済になります。VISAやMasterなどのカードブランドが使える店舗に比べれば、電子マネーが使える店舗は限られます。

Apple Payは手軽に使えるため「決済の補助」として使うなら特に不都合はありませんが、決済のメイン手段とするのは厳しいかもしれません。

法人カードでApple Payが使える場所

下記の3つに対応している店舗で、Apple Payの利用が可能です。

  • Suica
  • iD
  • QUICPay

利用できる場所が限られているとはいえ、Apple Pay使える場所は増えてきています。ローソンなどのコンビニや、ユニクロ、すき家、マツモトキヨシ、ENEOSなど、日常的に使う場所での利用も可能です。

次の章では、Apple Payが使えなくなった場合の対処方法を紹介します。

法人カードでApple Payが使えなくなった場合

支払い時にiPhoneを端末にかざしても、うまく支払いができないというトラブルが起こることがあります。エラーの原因はさまざまですが、基本的には、下記の3つに分けることができます。

  • クレジットカードの問題
  • Apple payの問題
  • iPhone端末の問題

それぞれの対処方法をみていきましょう。

対処法1:クレジットカードを確認する

「登録されている法人カードの有効期限が切れている」というようなケースは、珍しくありません。法人カードの更新期限に気づかず、古い情報がそのままになっていれば、Apple payが使えなくなってしまいます。早急に、新しいカード情報を登録してください。

また、「何らかの理由でカードの情報が紐付けられていない」という事例もありますが、この場合、カード情報の再登録で利用できることがあります。

対処法2:アプリをチェックする

Apple pay自体が何らかの問題を抱えている場合も、決済ができなくなります。この場合は少し面倒ですが、アプリ自体をアップデートしてみることをおすすめします。

具体的には、登録されているカードの情報を削除し、再度登録し直すというものです。それでもApple payのエラーが発生する場合は、iPhone本体の問題を疑ったほうがいいでしょう。

対処法3:端末の問題

法人カードやApple payに問題がない場合は、iPhoneに問題がある可能性があります。

iPhoneは複雑な端末なので、エラーの原因もさまざまです。ここでは、直ぐに解決できる、初歩的なエラーの原因をみてみましょう。

iPhoneがネットに接続されていない

いつの間にか不安定なWi-Fi接続になっていたり、機内モードになってしまっていたりといったケースです。接続状況や設定を確認したうえで再設定をすれば、問題なく利用できるようになります。

一時的なバグでエラー

「iPhoneでアプリを利用していたら、うまく作動しなくなった」という経験がある方も多いのではないでしょうか。

Apple payもアプリなので、同じようなケースが発生する可能性もあります。このような場合には、「アプリの再起動」または「iPhone自体を再起動する」ことで、問題が解消することがあります。

対処法4:問題が解決しないときは専門店へ

エラーに気が付くのは支払いのときが多いので、その場は法人カードか現金で会計を済ませて、専門店に修理を依頼しましょう。

例えばアップルストアやビッグカメラ、カメラのキタムラは、ほとんどの店舗でApple payの使用が可能かどうかの確認をしてくれます。エラーの原因がわからない場合は、近くの各店舗でチェックしてもらいましょう。

次の章では、Apple payに対応した法人カードの申し込み方法を解説します。

Apple Pay対応の法人カード申し込み方法

Apple Pay対応の法人カードも申し込みは通常の法人カードと同様です。したがって、法人カードでApple Payを使いたい場合には、カードを作る前に、その法人カードがApple Payに対応しているのかどうかを確認する必要があります。

登録に必要な物

 法人カードの申し込みでは、一般のクレジットカードとは違い、法人の確認書類として、以下のいずれかが必要になります。

  • 現在事項全部証明書
  • 履歴事項全部証明書
  • 登記簿謄本

なお、代表者の確認書類は運転免許証やパスポートのコピーで問題ありません。このほかに、引き落としのための「口座振替依頼書」が必要になります。

次の章では、利便性と機能性を兼ね備えた、おすすめのApple pay対応法人カードを5枚紹介します。

Apple Pay対応のおすすめ法人カード5選

ここからは、Apple Payに対応している、おすすめの法人カードを紹介します。どの法人カードもApple Payに対応しているというだけではなく、それぞれに魅力的な特徴があります。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメックスのプロパーカード。法人代表者、個人事業主のどちらでも申し込みが可能です。年会費は無料ながら、アメックス特有のステータス性を持ち合わせています。

アメックスはQUICPay 決済によるApple Payに対応しているため、ステータス性と利便性の両立を叶えてくれるカードといえるでしょう。ポイントプログラムや補償サービスも充実しています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

Thumbnail sbs%20green

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 12,000円(税別) 1.0% メンバーシップ・リワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約3週間程 審査基準による 500円(税別)

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

クレディセゾンがアメックスと提携して発行しているカードです。年会費は20,000円と高額ですが、プラチナカードの中では入手しやすく、インビテーション不要というメリットがあります。Apple Payを利用した電子マネーはQUICPayに対応。

手軽な決済を実現しています。なお、年間200万円以上の利用で、翌年の年会費が10,000円になるため、スペックやステータスを考慮すれば、大変おトクなカードといえるでしょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

Thumbnail saisonamex business1

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
20,000円(税別) 20,000円(税別) 0.50% 永久不滅ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 100万円~1,000万円 1.125% 無料

オリコ EX Gold for Biz

法人用と個人事業用があるカードです。法人用は「for Biz M」、個人事業用は「for Biz S」となります。

IDとQUICPayに対応していましたが、2018年10月からは使えなくなり、新たに「Visa Touch 」と「Mastercardコンタクトレス」が利用できるようになりました。

なお、for Bizの本体からはIDとQUICPayが使えなくなりましたが、オリコカードをApple Payに登録すれば、QUICPayの利用が可能です。年会費初年度無料、翌年度以降も2,000円という手頃感も魅力。ポイント還元率も0.6%~1.1%という高さになっています。

オリコ EX Gold for Biz

Thumbnail ex gold for biz master

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

-
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税抜) 0.6%~1.2% 暮らスマイル
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照 10万円~300万円 無料

三井住友ビジネスカード for Owners

三井住友カードのプロパーカードです。中小企業の代表者と個人事業主の申し込みに対応しています。電子マネーはiDが割り振られているので、iDの加盟店で手軽にApple Payを利用することができます。

初年度年会費が無料、翌年からでも1,250円というリーズナブルな設定でありながら、ショッピング保険や海外旅行障害保険といった付帯サービスが充実しています。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

Thumbnail smcc forowner v c rgb 180510

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜1,250円+税 0.3%~0.5% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
10万円~80万円 税別500円+税

楽天ビジネスカード

楽天プレミアムカードに追加して発行するカードです。楽天ビジネスカードだけの発行はできないので、楽天ビジネスカードは必ず楽天プレミアムカードと合わせて所有することになります。

還元率1%という高い還元率で、楽天スーパーポイントを貯められるのが大きなメリットです。また、「プライオリティーパス」で、海外空港のラウンジサービスを受けられるサービスも魅力です。

楽天プレミアムカード

Thumbnail %e3%83%97%e3%83%ac(master) edy

国際ブランド

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 1%~15% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 300万円 無料

まとめ

Apple Pay対応の法人カードは、決済がスムーズになるというだけではなく、経費の削減や業務の改善にもつながる法人カードならではの実用性も兼ね備えています。ビジネスシーンでも違和感なく利用できる、ステータス性の高さも特徴といえるでしょう。

通常の法人カードでは満足できないという方や、法人カードでApple Payを活用したいという方は、この機会に申し込みをして、ストレスフリーな決済と手の間掛からない経費管理を実現してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

人気の記事

新着記事