法人カードの審査難易度を知らなければまさかの審査落ちも!難易度の低いおすすめカード5選!

PC見ながら審査の難易度を悩む女性

事業主なら「法人カードを作りたいけれど審査に落ちるかもしれない」と不安を感じることがありますよね。「法人カードを申し込んだけれど審査に落ちてしまった」という方もいるのではないでしょうか。

法人カードの審査難易度をしっかりと理解しないうちに申し込みをすると、予想外の審査落ちとなる可能性があります。

今回の記事では、審査の難易度が低い法人カードの選び方や、事業実績がなくても作りやすいおすすめの法人カードなどを紹介していきます。

法人カードの審査には難易度がある

審査に悩む管理職の女性

法人カードは企業や個人事業主を対象に審査をするので、事業の実態や経営状況などの判断は、クレジットカード会社によって大きく異なります。この違いがそのまま「難易度」に繋がるのです。

なかには、申し込み時に最低でも三期分の損益計算書などを必要とする法人カードもあるため、開業間もない事業主は申し込みさえできないこともあります。その一方で、決算書や登記簿謄本の提出を不要とする難易度の低い法人カードも少なくありません。

審査で落ちてしまっても諦めずに、さまざまな法人カードの難易度を比較検討検討していきましょう。

次の項目では、審査の難易度に影響を与える事項について解説します。

法人カードの審査難易度に影響を与えるもの5つ

スマホにカード情報を照会するビジネスマンの手

法人カードの審査基準や傾向を知っておけば、事前の対策も可能です。ここでは、審査難易度に影響を与える5つの項目を紹介します。

  • 代表者個人の信用情報
  • 設立年数
  • 事業実績
  • 固定電話回線の有無
  • カードランク

それぞれ詳しく見ていきましょう。 

その1:代表者個人の信用情報

法人カードの審査では企業の情報だけではなく、代表者の個人的な信用履歴も審査の対象に。なお、代表者個人の信用審査では、主に下記の項目がチェックされます。

  • 過去の信用履歴
  • 現在のクレジットカード保有枚数
  • 他社からの借り入れ状況

事業の実績を問わず、個人的なクレジットカードの発行が厳しい属性の事業主は、法人カードの作成ができません。また、遅延や滞納履歴がなくても、他社での借り入れやリボ払い残高が多ければ審査で不利になる可能性があります。

個人的な信用履歴に傷がある事業主は、まず自分の履歴をクリアにしてから申し込みましょう。

その2:設立年数

法人カードの審査では、会社の設立年数も重視されます。設立後3年以上が審査通過の一般的な目安です。

ただし、設立年数を問わない法人カードも珍しくはありません。設立年数で悩んでいる事業主は、本人確認書類のみで申し込める法人カードを狙ってみてください。

その3:事業実績

事業実績を重視する法人カードは、決算書や登記簿謄本などの提出が必須です。長期間の安定経営が証明できなければカードの発行は叶いません。

しかし、事業実績を重視する法人カードのランクが高いとは限らないのです。決算書を必要とする一般法人カードもあれば、本人確認書類のみで申し込める法人ゴールドカードもあります。

ゴールドだからと敬遠せず、各法人カードが重視しているポイントをしっかりとチェックしましょう。  

その4:固定電話回線の有無

法人カードの申し込みでは電話番号を入力しますが、ここに携帯番号を記入すると審査に通過できなくなる可能性が高まります。

客側の立場で企業に問い合わせをするときに、企業の代表番号が携帯番号だったら「怪しい企業ではないか?」と疑うはずです。法人カードの審査でも同様で、携帯電話の番号が代表番号になっている事業主の評価は下げられます。

カード会社に好印象を与えるためには、下記のような方法が有効です。

  • 固定電話回線を引く
  • バーチャルオフィスは避ける

事業の実態に疑念を抱かれないようにするためにも、企業の情報はできる限り明確にしておきましょう。

その5:カードランク

カードランクが上がれば利用限度額も大きくなるため、与信審査が厳しくなります。

プラチナカードやブラックカードなどの、ランクが高い法人カードを狙っている事業主は、作りやすい一般法人カードや法人ゴールドカードを作成してから、コツコツと信用実績を積積み上げていきましょう。 次の項目では、審査の難易度が低い法人カードの選び方を解説していきます。

審査難易度が低い法人カードの選び方4つ

比較検討する社員の手

充実した付帯特典は法人カードの大きな魅力ですが、特典だけに注目していては、審査をパスできません。審査の難易度という視点で法人カードを選ぶ場合には、選び方のポイントを変える必要があります。

ここでは、審査難易度が低い法人カード選びのポイントを4つ紹介します。

  • 登記簿謄本の提出が不要
  • 付帯特典が少ない
  • 外資系の法人カード
  • 年会費が安い

それぞれ見ていきましょう。

ポイント1:登記簿謄本の提出が不要

登記簿謄本には設立年数や資本金が記載されています。登記簿謄本の提出を必要としていない法人カードは、これらの情報を審査の対象にしていないのです。

事実上、代表者個人の信用だけで法人カードの作成ができるため、設立したばかりの法人や個人事業主は、必要書類に登記簿謄本が含まれているかどうかを必ずチェックしましょう。 

ポイント2:付帯特典が少ない

「とにかく法人カードが欲しい!」という方は、付帯特典の少なさで絞ってみるのもひとつの方法です。

ステータス性もなく活用の幅は限定されますが、法人カードの審査にどうしても通らないという事業主は、付帯特典が少ない法人カードの作成を検討してみてください。決済用として割り切るなら過不足はないはずです。

ポイント3:外資系の法人カード

外資系の法人カードは、国内の法人カードとは異なる独自の審査基準を持っています。たとえば、アメックスのビジネスゴールドカードは、設立間もない法人や個人事業主でも申し込みが可能です。

なお、外資系の法人カードは利用限度額の上限が設定されていないケースが多いため、利用実績によっては限度額1,000万円も夢ではありません。名実ともに活用できる法人カードを作りたい方にはおすすめです。

ポイント4:年会費が安い

設立間もない企業や個人事業主を対象としている法人カードは、年会費を低く抑えている傾向があります。会社の実績や年数に不安がある事業者にとっては、狙い目になるでしょう。

また、年会費の安いカードは、決算書や登記簿謄本の提出を不要としているケースがほとんどです。個人の信用履歴に問題がなければ、かなりの高確率で法人カードの作成が実現します。

次の項目では、審査の難易度が低く作りやすい、おすすめの法人カードを紹介していきます。

審査難易度が低く作りやすいおすすめの法人カード5選

ノートPCで入力する女性

ここでは、審査難易度が低い、おすすめの法人カードをご紹介します。法人カードの審査で落ちてしまった事業者も、ここで紹介する法人カードを選べば、審査に通過する可能性が高くなるはずです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

高いステータスを誇りながら、設立間もない法人や個人事業主でも作成できる法人カードです。外資系法人カードならではの独自の審査基準を設けているため、国内の法人カードで審査に落ちた事業主でも作成を検討する価値は十分にあります。

法人の必要書類は「登記事項証明書」か「商業登記簿謄本」のどちらかひとつ、個人事業主は「運転免許証」などの身分を証明する書類がひとつあれば問題ありません。

なお、申し込み書類には売上高や当期利益を記入する欄もありますが、「0円」でもOKです。

充実の特典とポイントプログラム

年会費は31,000円(税抜)とやや高めですが、最高1億円の海外旅行傷害保険や、ビジネスの不安を解消してくれる数々の「プロテクション・サービス」など、充実した付帯特典はアメックスの大きな魅力です。

また、1.0%の還元率で貯まるポイントは、ANAマイルやTポイントなどに移行することができます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

Thumbnail sbs%20gold

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 31,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 審査基準による 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
新規入会後にカード利用で30,000ptプレゼント!

オリコ EX Gold for Biz

法人用の「M」と個人事業主用の「S」があります。どちらも本人確認資料以外に必要な書類はありません。なお、個人事業主用に限りキャッシング機能を付けることができますが、この場合は所得証明書が必要になります。

年会費は初年度無料、翌年以降も2,000円(税抜)とリーズナブルでありながら、最高ポイント還元率1.1%を実現。貯めたポイントはAmazonギフト券への交換や、Tポイントなどの他社ポイントに移行することができます。

空港ラウンジの無料利用や最大限度額300万円など、ビジネスにフル活用できるゴールドカードならではの高いスペックも魅力です。

オリコ EX Gold for Biz

Thumbnail ex gold for biz master

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税抜) 0.6%~1.2% 暮らスマイル
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照 10万円~300万円 無料

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

設立して間もない法人や個人事業主をターゲットにしている法人カードです。年会費は初年度無料、2年目以降は1,250円(税抜)と大変リーズナブル。登記簿謄本や決算書の提出は不要です

ポイント還元率は0.5%、利用限度額は最大150万円と基本スペックは普通ですが、カードを使って海外で購入した商品の破損や盗難を年間最大100万円まで補償してくれる「ショッピング補償」や、契約施設が割引料金で使える「福利厚生代行サービス」など、付帯特典は充実しています。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

Thumbnail smcc forowner v c rgb 180510

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜1,250円+税 0.3%~0.5% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
10万円~150万円 税別500円+税

ライフカードビジネスライト

追加カードも含めたすべてのカードが永年年会費無料の法人カードです。事業実績ゼロでも問題なく申し込める審査難易度の低さでありながら、最大利用限度額200万円を実現しています。

法人カードのなかでも群を抜いて作りやすい法人カードですが、付帯特典や保険、ポイント制度は一切ありません。設立間もない小規模法人や個人事業主向けの1枚といえるでしょう。

ライフカード「ビジネスライト」

Thumbnail cd biz master a

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短4営業日発行 10~200万円 無料

ビジネクスト・法人クレジットカード

公式ページに「赤字でもお気軽にご相談ください」と堂々と記載されている法人カードです。希望限度額を100万円以下にすれば財務関係の書類は提出不要。個人事業主なら本人確認書類のみ、法人は加えて履歴事項全部証明書があれば申し込むことができます。

年会費無料でありながら、最大300万円の限度額が設定されているのも嬉しいところです。ただし、ポイント還元率0.25%と低く、付帯特典も少ないというデメリットがあります。審査難易度の低さと少ない特典を天秤にかけながら、申し込みを検討してみてください。

まとめ

今回の記事では、法人カードの難易度や難易度の低い法人カードの見分け方について解説しました。

確実に法人カードを作りたいなら、作りたい法人カードに申し込むのではなく、難易度の低い法人カードへの申し込みが最適解です。

ステータス性の高さや限度額、年会費など、さまざまな条件をチェックしながら、審査難易度の低い法人カードを選んでみてください。

【初めての方へ!】法人カードの審査に必要な書類や審査のポイントを徹底解説!

2019.07.11

【初めての方へ!】法人カードの審査に必要な書類や審査のポイントを徹底解説!

クレジットカードに「法人カード」があることは知っているけれど、どのようなものなのか知らないという人も多いのではないでしょうか?法人カードは企業や法人に対して発行されるクレジットカードです。役員や社員などにもそれぞれ1枚ずつ配布することが可能。経費の口座を一本化できるので現金でのやり取りが減り、ミスや複雑な経費処理を削減できるところがメリット。会社としての、作業効率をアップさせてくれます。今回は、そんな法人カードを発行するときの審査基準や審査に必要な書類、そして作成できる法人カードの種類や法人カードを利用するメリットをまとめてご紹介します。法人カードの導入を検討している場合や法人カードを利用することでメリットが得られそうな場合には、ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

法人カードランキング

目的別

掲載法人カード

人気の記事

新着記事