アメックス・ビジネスの追加カードは発行すべき!注意点と審査の流れ

パソコンの上にクレジットカードとスマートフォンが乗っている

アメックス・ビジネスをお持ちの方の中には、追加カードを発行して、社員の方もカードを使えるようにしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

追加カードは、本会員が所持する法人カードの分身のようなものです。追加カードを発行することで、これまでに得られなかった特典や付帯サービスを利用することができます。

名義人は社員の方になりますが、支払いは本会員分に合算され、指定した法人口座からの引き落としとなります。

アメックス・ビジネスでの追加カード発行には、年会費が必要です。年会費はスタンダードタイプのカードで6,000円(税別)と安くはありませんが、経理業務の効率化や付帯サービスの利用など、さまざまなメリットが得られます。

この記事では、アメックス・ビジネスでの追加カード発行にともなうメリットや注意点、審査の流れなどについて、詳しくご紹介します。

まずはチェック!アメックス・ビジネスの追加カードを発行するメリット4つ

https://pixta.jp/photo/37883067

アメックス・ビジネスで追加カードを発行する際は、以下のような4つのメリットがあります。

  • 経理業務の効率化につながる
  • 金銭トラブルを回避できる
  • マイルやポイントを貯められる
  • 付帯サービスを複数人で使える

これらのメリットについて、詳しく見てみましょう。

経理業務の効率化につながる

アメックス・ビジネスの追加カードがあれば、経理業務の効率化を行うことができます。現状、旅費交通費や交際接待費などの支払いは、社員がそれぞれ現金で行うという会社も多いのではないでしょうか。

社員が現金で支払いをする場合、事前に経理担当者が仮払いをするか、社員が支払いを立て替えて、レシートや領収書を保管しておかなければなりません。また、清算の際は経理担当者によるチェックや、経費精算処理などが必要となります。

支払いに追加カードを利用すれば、経理業務にかかる手間や時間を減らし、毎月の利用分を1つの明細書にまとめることができます。

いつ、誰が、何に利用したのか簡単にチェックでき、経営面においても効率化を行うことができるでしょう。

金銭トラブルを回避できる

経理担当者と社員との間で起こりがちな金銭トラブルを回避できるのも、アメックス・ビジネスの追加カード発行のメリットです。

新幹線のチケットや飲食代などを社員の方が現金で行うと、「領収書を紛失してしまった」「清算するのを忘れていた」など、経理担当者と社員との間でトラブルが起こる可能性があります。

社員の間での揉めごとは、社内の調和を乱すことにもつながりかねません。不要な金銭トラブルを未然に防ぐためにも、追加カードを利用して、キャッシュレス決済を行うことをおすすめします。

マイルやポイントを貯められる

追加カードを導入すると、より多くのマイルやポイントを貯めることができます。社員の追加カードで獲得したマイルやポイントは、すべて合算され本会員である経営者のアカウントへ付与されます。

経営者の方が一人でアメックス・ビジネスを使うよりも、効率的にポイントを貯めることができるでしょう。

付帯サービスを複数人で使える

アメックス・ビジネスに付帯するビジネスサービスは、本会員である経営者だけでなく、追加カードを持つ社員の方も利用することができます。

ただし、旅行保険やショッピング保険などについては、本会員と追加カード会員とで異なる補償内容になる場合がありますので、注意しましょう。

追加カードを社員に持たせることで、日々の業務をよりスムーズに行うことが可能となりますが、追加カードを作るときには注意したいポイントがあります。

続いて、アメックス・ビジネスで追加カードを作るときの注意点についてチェックしてみましょう。

おさえておきたい!アメックス・ビジネスの追加カードを作るときの注意点2点

https://pixta.jp/photo/24307124

アメックス・ビジネスの追加カードを作る際は、下記の2点に注意してください。

  • 年会費は1枚ごとに必要
  • カードやポイントの無断利用に注意!

以下で、詳しく見てみましょう。

年会費は1枚ごとに必要

アメックス・ビジネスの追加カードには、1枚ごとに年会費がかかります。たとえばアメックス・ビジネス・ゴールドの場合、1枚ごとに12,000円(税別)が必要です。

アメックス・ビジネス・ゴールドでは、本会員の年会費に31,000円(税別)がかかります。追加カードを発行すると、法人カードにかかるコストとして最低でも合計43,000円(税別)が発生しますので、注意が必要です。

カードやポイントの無断利用に注意!

効率的に経費処理が行えるなど便利な追加カードですが、社員による無断利用には注意が必要です。たとえば「自家用車にガソリンを給油されてしまった」など、カードを無断で個人利用される可能性もないとは言い切れません。

このような事態を防ぐためにも、追加カードの無断利用に対しては厳しい罰則を設けるなど、事前に対策を講じておくことが大切です。たとえば、就業時間以外は持ち出すことができないなど、利用時間に制限を設けるのも良いでしょう。

また、ポイントやマイルの無断利用についても、同様に対策をしておくことが重要です。

会社が渡した法人カードを無断で利用された場合、状況によっては横領罪に問うことも可能です。

しかし、ポイントやマイルについては明確なルールがないため、法で裁くことができない可能性があります。

ポイントやマイルの不正利用への対策としてはカードの無断利用同様、事前に社内ルールを設けておくことが大切です。

法律として罪に問うことができなかったとしても、社内ルールに違反したとなれば、会社として処罰を下すことが可能なためです。

法人カードに関わるトラブルを避けるためにも、カードやポイントの利用状況はしっかりと把握し、社員の方による無断利用には対策を講じておくようにしましょう。

追加カードは、本カードと同時に発行することも、後から発行を申し込むことも可能です。ただ、追加カードに対しては改めて審査が行われるのですが、その場合、審査の対象は誰になるのか疑問に思ったことはありませんか?

続いては追加カードの審査について、カード発行の流れと合わせてご紹介します。

審査対象は誰になる?アメックス・ビジネスの追加カード発行の流れ

https://pixta.jp/photo/25123652

追加カードは本カードと同じランクのものが発行され、カードの名義人は社員の方本人となります。カード裏面の署名欄には、社員の方の個人名をサインする必要があります。

また、店頭などでカードを利用する際も、会社名ではなく個人名でのサインが必要です。

追加カードでも審査対象は法人代表者

法人カードを発行する際は、たとえ追加カードであっても、審査対象は法人代表者(または個人事業主)になることがほとんどです。

カードによっては事業実績が加わることもありますが、社員の方本人については、基本的には審査の対象とはなりません。

審査基準については、どのカード会社も公表していませんが、すでに本カードの審査を通過しているのであれば、追加カードの発行は難しくないでしょう。

それでは、仮に社員の方がブラックリストに載っていた場合、追加カードの発行は可能なのでしょうか。

法人カードを申し込む際は、支払い口座として法人口座(個人事業主の場合は個人口座)を指定しますが、本カードでも追加カードでも支払いは指定した法人口座を利用します。

従業員名義の追加カードで社員の方がいろいろな買い物をしたとしても、支払いをするのは会社(または個人事業主)ということです。

事業用の口座であれば、社員の方の信用情報に関係なく、引き落としは可能とみなされます。仮に追加カードの名義になる社員の方がブラックリストに載っていたとしても、審査への影響はないとみて良いでしょう。

カードの申し込み条件と流れ

アメックス・ビジネスの追加カードの申し込み条件は、「会社の役員または従業員であること(法人の場合)」と決められています。

追加カードの申し込みは、本会員のカードを新規発行する際にまとめて行うことができます。また、本会員の入会後に、あらためて追加カードのみを発行することも可能です。

本会員のカードと同時に追加カードを発行する場合

本会員のカードと同時に追加カードを作る場合は、本カードの申し込みフォームに、追加カードの希望枚数を記入します。

その後、カード会社から本会員用と追加会員用の申込書が郵送されますので、記入して返送しましょう。書類がカード会社に到着すると、審査が行われ、カード発行という流れになります。

本会員の入会後に追加カードを発行する場合<

本会員の入会後に改めて追加カードのみを発行したい場合は、まず公式サイトなどから対応窓口へ連絡しましょう。

その後、追加会員用の申込書が郵送されますので、記入して返送します。カード会社による審査が改めて行われ、通過すればカード発行という流れになります。

なお、発行までにはおよそ2~3週間の日数がかかります。

追加カードの利用限度額について

法人カードでも個人向けのクレジットカードと同様に、ショッピング利用に対する限度額が定められています

利用限度額は、審査の際にカード会社によって個別に設定され、ほとんどの場合、カードの郵送時に「ショッピング利用枠:○万円」と会員に通知されます。

この利用枠は、本カードだけのものではありません。追加カードがある場合は、本カードとすべての追加カードを合わせた上での利用枠となります。

追加カードを作った場合、その分利用枠が増えるわけではありませんので、注意しましょう。たとえば、利用枠が300万円で追加カードが3枚ある場合、本カードと合わせた4枚のカードで300万円まで利用できるという計算になります。

それでは最後に、アメックス・ビジネスをまだお持ちでない方に、アメックス・ビジネスの基本情報をご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

アメックス・ビジネスの基本情報

https://pixta.jp/photo/55225083

アメックスはVISAやMastercardと同様に、有名な国際ブランドカードとして長く認知されており、世界中で利用することができます。信用度が高く、ステータス性の高さも魅力的なカードといえるでしょう。

年会費が高いため、審査に通りにくいイメージがありますが、設立して間もない会社やフリーランスでも発行でき、審査に通りやすいという特徴があります。

アメックスには、主に以下のビジネスカードがあります。

  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(グリーン)
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

これらのカードについて、基本情報を比較してみましょう。

アメックス・ビジネス・グリーン アメックス・ビジネス・ゴールド
年会費 12,000円(税別) 31,000円(税別)
ETCカード 500円(税別) 500円(税別)
追加カード 6,000円(税別) 12,000円(税別)
申込資格 20歳以上の法人または個人事業主 25歳以上の法人または個人事業主
海外旅行保険 利用付帯 自動付帯
死亡・後遺障害(海外) 最高5,000万円 最高1億円
ショッピング保険 年間500万円まで 年間500万円まで

アメックス・ビジネス・グリーンはスタンダードタイプの法人カードで、ビジネス初心者の方におすすめの1枚です。

ビジネスサポートやエアポートサービスなど、アメックス・ビジネス・ゴールドと共通のサービスも多いため、コストパフォーマンスに優れているといえるでしょう。

より充実したサービスをお求めの方は、アメックス・ビジネス・ゴールドがおすすめです。

アメックス・ビジネス・グリーンとは年会費に倍以上の差がありますが、アメックス・ビジネス・ゴールドならではの特典も多数あり、旅行保険の補償内容も大きく異なります。

東京駅からの手荷物の無料宅配サービスや、コンシェルジュによるダイニング予約サービスなど、他社の法人向けゴールドカードにはない特典も魅力といえるでしょう。

また、アメックスにはビジネス・ゴールドの上位カードである、アメックス・ビジネス・プラチナ・カードもあります。プラチナカードの年会費は130,000円(税別)で、発行には公式サイトや紹介プログラムをはじめインビテーションがなくても申込可能です。

大変高額なカードですが、プラチナ会員になるとクルーザーのチャーターや高級ホテルの無料宿泊などのサービスを受けられますので、興味のある方はゴールドカードからスタートして良好なクレヒスを積み上げていくか、クレヒスに自信のある人は直接サイトから申し込みましょう。

まとめ

アメックス・ビジネスで追加カードを発行することで、経理業務の効率化や、不要な金銭トラブルの回避を行うことができます。

アメックス・ビジネスでの追加カードの発行には、グリーンカードで6,000円(税別)、ゴールドカードで12,000円(税別)の年会費がかかりますので注意しましょう。

追加カードの名義人は社員の方本人となりますが、審査対象は法人代表者となり、支払いは本カードとまとめて指定の法人口座からの引き落としとなります。

社員の方も法人カードを使えるようにして、ビジネスをより効率化させたいとお考えの方は、アメックス・ビジネスでの追加カード発行を検討してみてはいかがでしょうか。

【特徴ごとに徹底比較】利用スタイル別におすすめの法人カードまとめ!

2019.08.01

【特徴ごとに徹底比較】利用スタイル別におすすめの法人カードまとめ!

各カード会社からさまざまな法人カードが発行されていますが、それぞれに異なる強みがあるので、どれを選べばよいのか頭を悩ませている経営者や個人事業主も多いのではないでしょうか。カード会社の商品紹介を見比べても「このカードはこの要素に秀でている」という情報はなかなか気が付かないものです。この記事では主な特徴別におすすめのカードを紹介していきます。ステータスの高いカードを持ちたい、限度額が多いほうがいい、年会費のコストを削減したいなど、それぞれの経営者によって重視する部分は異なると思います。この記事では特徴別におすすめをご紹介するので、きっとあなたの目的に合ったカードが見つかるはずです。ぜひお役立てください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

法人カードランキング

スポンサーリンク

目的別

掲載法人カード

人気の記事

新着記事